趣味・思いつくままに・・・

2019年11月21日 (木)

東北歴史博物館 「蝦夷展」 (宮城県多賀城市)

先週、特別展 「蝦夷ー古代エミシと律令国家ー」 を観てきました。これは、東北歴史博物館開館オープン20周年と、宮城県多賀城跡調査研究所設立50周年を記念する特別企画展です。見た感じかなり力が入った企画展でした。いや~見たごたえがありました。素晴らしいです!

Img_56927

パンフレットより

『1,300年ほど昔,古代東北の地には律令国家の支配に属さない「蝦夷(エミシ)」と呼ばれた人々が暮らしていました。律令国家の歴史書には,蝦夷は反乱を繰り返し,天皇を中心とする強大な律令国家が彼らを征討する様子が書かれています。しかし,発掘調査の結果,律令国家との活発な交流の様子もわかりました。さらに最近の研究によって,律令国家の人々とは大きく変わらない生活を営んでいた一方で,墓の様相では律令国家と一線を画するなど,蝦夷の多様な生活と文化がわかってきました。   蝦夷とは何か。最新の考古学の発掘調査成果と古代史学の研究を集大成し,律令国家の形成・発展・衰退のなかで蝦夷と律令国家との軋轢(あつれき)と交流の実像に迫ります。1,300年の時を経て,古代東北の地に生きた「蝦夷」が,今ここによみがえります。』

Img_56167

東北歴史博物館 蝦夷展 入口付近

古代東北の蝦夷 (エミシ) は、北海道のアイヌとは異なり、古代東北地方で暮らしていた人々です。彼ら蝦夷 (エミシ) の真の姿と生活様式、さらに律令国家 (大和朝廷) との関係を明らかにするのが、今回の特別展のメインテーマです。

蝦夷 (エミシ) は、単なる狩猟・採集民族ではなく、米を作り作物栽培も行い、「蝦夷の刀」として有名な「蕨手刀 (わらびてとう) 」を造り出す高度な製鉄技術も持っていました。さらに、騎馬民族としての側面を持つ蝦夷 (エミシ) は、多くの馬産地を抱えており、海路を通じての交易も盛んだったのです。ただ律令国家 (大和朝廷) の手が届かない東北に住んでいたからこそ、蝦夷(エミシ)独自の体制を維持できたのでした。 中央集権化が進んだ大和朝廷 (律令国家) は、自らの支配を拡大すべく次第に東北へと進出するのも当然の帰結でした。激しい抵抗もあったようですが、東北は次第に大和朝廷 (律令国家) に同化され組み込まれて行くのです。

最近の発掘・研究により、蝦夷 (エミシ) の高度な文明が次第に明らかになってきたようです。

96325gtda

館内は撮影禁止だったため画像を拝借。

これが蝦夷 (エミシ) の刀 「蕨手刀(わらびてとう)」 です。 復元したのも展示されていましたが、素晴らしい刀でした。日本刀のルーツとも言われていますね。柄頭 (つかがしら) 手で持つ部分の先が蕨の若芽ににているところから 「蕨手刀」 とよばれました。騎馬戦が得意だった蝦夷 (エミシ) 独特の刀だったとのこと。

Img_56187

東北歴史博物館、史跡「多賀城」の隣にあります。

多賀城は、福岡県の太宰府とともに「遠の朝廷 (とおのみかど) として政治・軍事の拠点として栄えました。常時一万人が暮らす北の都でした。ミニ平城京と言ってもいいでしょう。平城京と同じ政務や儀式、蝦夷 (エミシ) の朝貢も行われていました。

東北歴史博物館はこちらをどうぞ。

|

2019年11月11日 (月)

映画 「ジョーカー」Ⅱ

映画史に残るであろう、階段でのダンスシーンに使われている曲は、なんと、極悪人・狂人のグラムロッカー、ゲイリー・グリッターの「ロックン & ロール PART 2」でした。いやー、これには心底驚かされました。 でも、よく考えると狂人と化したジョーカーには、ぴったりフィットした曲です。(笑)  ちなみに、ゲイリー・グリッターは、児童売春、児童への性的虐待で繰り返し逮捕されている狂人です。やれやれ(笑)

この階段でのダンスシーンは、いつまでも心に残ります。忘れがたいです。

ゲイリー・グリッター 「ロックン & ロール  PART 2」 皆さんも見てください。

ゲイリー・グリッター 「ロックン & ロール  PART 1・PART 2」 

1970年代、極悪人のゲイリー・グリッターでしたが、そこそこ人気はありました。もちろん、デビットボウイやTレックスのマーク・ボランほどではなかったですが・・・・(笑)

|

2019年11月 9日 (土)

映画 「ジョーカー」

先週見てきました。バットマンの宿敵である悪役ジョーカーの誕生を独自の解釈で描いた映画です。世界中で大ヒットしているそうですが、大いに理解できます。今年度を代表する一本になる映画でしょう。控えめに言っても傑作です。(笑) 絶対おすすめ!皆さん是非見てください!

1960年~1970年代にかけて盛んに作られた反体制的で暴力的な映画、いわゆる 「アメリカン・ニューシネマ」 の香りがプンプンする作品です。その 「アメリカン・ニューシネマ」 の傑作 「タクシー・ドライバー」 で主人公を演じたロバート・デ・ニーロが重要な役柄で出演しているのはご愛敬でしょうか?(笑)

9863mnbf

舞台は、バットマンでおなじみのゴッサムシティ。そこで社会問題となっている格差・貧富の差は、現代のわれわれの世の中を反映しているかのようだ・・・・映画は、大道芸人のアーサー (ジョーカー) の虚無でつらくい日々を積み重ねていく・・・・・

極度に緊張すると笑いが止まらなくなる精神障害を持っているアーサー、その泣きながら笑っているような病的な表情に心が痛む!  

衝動的な殺人事件を起こし心の中に秘めた何かがはじけ、日常のすべてから解放された後の階段でのダンスシーンは、映画史に残る名シーンでしょう!いつまでも心に残ります。 なんでもロケに使われたこの階段には、ファンが押しかけて写真や動画を撮りまくっているそうです。やれやれ聖地になっていますね。(笑)

予告編です。

なんと、アーサー (ジョーカー) と少年時代のバットマン (ブルース) が出会うシーンもあります。なんか、ほのぼのとしましたね。(笑)

ラスト近く、燃えるゴッサムシティ、ジョーカーがパトカーで連行されるシーンに流れるのは、クリームの名曲「ホワイト・ルーム」でした。いゃー、これには驚きました。まさに、ジョーカーの心情をあらわしているかのような歌詞です。さすがだと思いました。素晴らしいです。

駅の近くの白い部屋
黒いカーテンがかかってる
黒い屋根の街並みの
うらぶれた田舎町
そこにいるムクドリも
本当に疲れ切ってる
お前の黒い瞳の中の
輝いてる月の光を
銀色の馬が駆けてった
出て行くお前のその上に
夜明けの光が差している
本当にいい眺めだよ
日の光の入ってこない
この場所で待ってるよ
影さえも消えて見えなくなるような
そんな場所で待ち続けるよ

クリームは、エリック・クラプトン(G.Vo)、ジャク・ブルース(Bs.Vo)、ジンジャー・ベイカー(Ds) のスリーピースバンドで、結成は1966年。 活動期間は わずか3年でしたが、ロック史に残るスーパーバンドです。

|

2019年9月 5日 (木)

国宝 縄文の女神 (山形県舟形町)

先月、鳥海山に登った帰りに山形県舟形町の西ノ前遺跡によってきました。ここは、縄文時代中期の遺跡で国宝に指定された土偶が発掘された遺跡として有名です。

Img_48437

国宝「縄文の女神」 高さ45センチ、国内最大の土偶である。

平成24年に国宝に指定されました。『文化審議会では「縄文時代の土偶造形のひとつの到達点を示す優品として代表的な資料であり、学術的価値が極めて高い」と高く評されました。』とのことです。  「縄文の女神」は、フランス、中国、ドイツ、イギリスの縄文展にも出品され  「大胆にデフォルメされたデザインが素晴らしい」 「現代彫刻を思わせる斬新さがある」 「まさにシュールなモダンアートだ!」 等々多くの称賛が寄せられたそうです。 まあ、このことがあって国宝に指定されたのでしょう。 本当に洗練された美しさがあります。5,000年前に造られたなんてとても思えないです。後ろ姿も素晴らしいですよ!(笑)

Img_48427

山形中央道沿いにある「西ノ前遺跡」  今は遺跡公園として整備されている。

Img_48417

舟形町の美肌湯「舟形若あゆ温泉」に展示されていた「縄文の女神」
「縄文の女神」の本物は、山形県立博物館に展示されています。

山形県立博物館はこちらをどうぞ。

http://www.yamagata-museum.jp/archives/jomon_no_megami/

|

2019年5月13日 (月)

ザ・ローリング・ストーンズ展 Ⅱ

「2016年4月、ロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ナッシュビル、シドニーなど世界各地で大旋風をまきおこしている「ザ・ローリング・ストーンズ展」がアジアで唯一、東京での開催が決定!! ザ・ローリング・ストーンズが自らプロデュースするこの企画展は・・・・・」 パンフレットより

Img_43467

「ザ・ローリング・ストーンズ展」のパンフレット

Img_42897_1

伝説的なギターの貴重なコレクション

#ザ・ローリング・ストーンズ 『シーズ・ア・レインボー』

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

ザ・ローリング・ストーンズ展

東京2日目は、ロック・ポップスには興味のないかみさんとは別行動になり、わたくしは五反田のTOC五反田で開催されている「ザ・ローリング・ストーンズ展」 に行ってきました。世界の主要都市巡り、アジアでは唯一ここ東京のみの開催です。入場料3,500円と展覧会にしては、高かったのですが、その値段に見合う満足感がありました。会場のいたるところでストーンズのヒット曲が流れていて気分を盛り上げてくれます。まさに「サティスファクション」大満足でした。(笑) 

館内は、全展示物、写真、動画も撮影OKでよかったです。

Img_42777

オープン前に行ったのですが、すでに多くの人が並んでいました。

Img_42827

入ってすぐの展示。マルチビジョンスクリーンにストーンズの関連の映像が彼らのヒット曲とともにランダムに流されています。もう最初からワクワク、ドキドキの連続でした。

 

Img_42847_1

貴重な楽器のコレクション。 

ヴィンテージギターのコレクション、実際に使用した楽器、作詞ノート、ツアーやバックステージにまつわる品々、アルバム・アート、ステージ・デザイン、メンバーの日記や手紙などプライベート・アーカイヴなど500点を超えるストーンズ・アイテムが展示されています。圧巻でした。

Img_42877_1 

再現されたスタジオで。 これは彼らの初期のスタジオでロンドンにあるオリンピック・サウンド・スタジオを再現したもの。

Img_42937_1

アレキサンダー・マックイーン、プラダ、ディオール、グッチなど、1960年代から現在まで、超一流デザイナーが手掛けたステージ衣装が70点ほど展示されていました。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

よろしく 令和、ありがとう 平成

何の迷いもなく 令和もよい時代であることを祈ろう! 誰もが幸せであるように

令和の時代も沢山いいことが あるように いつも いつも

  Img_42417

先週、かみさんと東京国立博物館で開催されていた特別展「両陛下と文化交流ー日本の美を伝えるー」を観てきました。雨にもかかわらず大勢の人が訪れていました。外国の方もかなり多かったです。見ごたえがありましたよ!(笑)

Img_43267

「日本の美を伝える、皇室ゆかりの優品を一堂に。」

「両陛下がお伝えになった日本文化を通して、海外の様々な人々が、わが国への理解と交流を深めてきました。御即位30年という記念すべき年に、両陛下が担われた文化交流についてご紹介します。」 パンフレットより

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

会津 馬刺し

先月、アルツ磐梯に行った帰りに、磐梯町の肉屋さんによって、会津名物の馬刺しを買ってきました。ちょっと高かったですが、買ってきて大正解でした。美味かったです。

Img_41337

馬刺しです。 

クジラの刺身はたまに食べますが、クジラの刺身よりは遥かに美味いです。しかも、栄養価も高くてヘルシーだそうです。かみさんのお土産に買ってきた猪苗代ビールとよく合います。

Img_4129

磐梯町の肉屋さん。 「馬刺し」ののぼりが風になびいていました。

Img_41327

福島 会津馬刺し、会津地方では普通に食べられているようです。いいな~~!(笑)

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

キーンさん死去

キーンさんは、東北に深く関わりのある人でした。

「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」 (松尾芭蕉 「おくのほそ道」より)

「Such stillness-The cries of the cicadsa Sink into the rocks. 」 (ドナルド・キーン訳)

「おくのほそ道」、芭蕉を敬愛しているキーンさんによれば、この 「閑かさや。。。」の名句は、禅の思想の影響のもとに作られていて、東洋神秘主義の結晶的傑作だとのこと。ちなみに、芭蕉は、江戸深川に住んでいた頃、臨斎の禅僧仏項和尚に師事し禅の思想を学んでいたそうです。
山寺(宝珠山立石寺)

昭和59年7月、山形県山形市で開催された 「おくのほそ道シンポジウム」 に出席したキーンさんは、この 「閑かさや・・・」 の句について 「これは全く不思議な句です。閑かさやを表現するのに蝉の声、しかも岩にしみ入るほどの強さの蝉の声は実に魅力的だ。芭蕉の句の持つ東洋的な神秘世界が、欧米の人たちを引き付けている。」 と話しています。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、
日々旅にして旅を栖(すみか)とす。
古人も多く旅に死せるあり。
予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、
漂泊の思ひやまず、・・・・・・・・・
-------------------------------------------------------------------------
さて、バンドの「キーン」は、YMOの以心電信 (Ishin Denshin)をカバーしています。
そういえば、YMOもギターレスのバンドでした。。 みんなも聴いて下さい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

キーンさん死去

故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

啄木についても書いたので、ぜひ宮澤賢治についても書いてほしかったです。
少し残念!(涙)

さて、同じ 「キーン」 と言うことで追悼の意を込めて「サイレンスド・バイ・ザ・ナイト」、「エブリバディーズ・チェインジング」を聴いて下さい。(涙)
英国の異色ロックバンド 「キーン」 は、キーボード、ベース、ドラムスのみ、ギターレスのバンドで、メロディーラインがマジで素晴らしく、心に沁みる佳曲が多いです。 
わたくしは、昔から好きだったのだのですが、日本ではあまり人気がないので残念でなりません。

みなさんもぜひ聴いてください。

「サイレンスド・バイ・ザ・ナイト」

「エブリバディーズ・チェインジング」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧