青森の山

2014年8月27日 (水)

八甲田山 (青森県青森市)

青森方面は、晴れとの予報。それじゃー、ということで、ふらっと八甲田山に行ってきました。(笑) 同じ東北ですが、青森県は、仙台から行くには かなり遠いです。仙台からですと、関東方面へ行く方が近いですね。    仙台の自宅を深夜の3:30分に出発。ひたすら東北自動車道を北上し、青森県の黒石I・Cで降り、登山口の酸ヶ湯温泉に着いたのが7:45分頃でした。   酸ヶ湯温泉(8:00発)→地獄湯ノ沢→仙人岱→八甲田大岳山頂(10:00着)→大岳ヒュッテ→上毛無岱・下毛無岱→酸ヶ湯温泉(12:40着) と周回してきました。約4時間40分のトレッキングでした。(休憩む)  
Img_3014地獄湯ノ沢。沢の音とともに硫黄の臭いが強くなってきます。昔は、この辺り一帯で硫黄の採掘が行われていたそうです。    沢を渡り、ゴロゴロした岩の岩稜地帯を登りつめると、アオモリトドマツに囲まれた仙人岱湿原にでます。 
Img_3020仙人岱湿原にある八甲田清水。湿原の中央には、真夏でも涸れることのない清水が、コンコンと湧き出していました。 ここでタップリと水を補給しました。登山道に水場があると、随時水を補給でき、軽量化がはかれますので助かります。
Img_3023八甲田大岳山頂直下にある鏡沼。 爆裂火口に水がたまったもので、モリアオガエルやクロサンショウウオが生息しているそうです。 山頂はもうすぐだ!--------------------------------------------------------------------
Img_3029八甲田山大岳(1585メートル)山頂。 ディープなガスがかかっていて、風が強くて、おまけに寒くて、散々でした。眺望も全くダメで、 やれやれです。(涙)-----------------------------------
Img_3051毛無岱と呼ばれる上下二段の高層湿原・草原。後方の山は、田茂萢岳(たもやちだけ、1324メートル) 、左の方には八甲田ロープウェイの山頂駅が見えます。 この辺りは、晴れていて、涼しくて、気持ち良かったです。気分爽快でした。
強い日差しに夏を感じ、見上げる空に秋を感じる湿原歩きでした。湿原は、早くも秋の彩り。秋に向かい始めた湿原を歩いていると、すがずかしい気分になりました。
Img_3063上毛無岱から下毛無岱を俯瞰する。 尾瀬に匹敵するような上下二段の大湿原、ここには多くの池塘が点在し、高山植物の宝庫になっています。---------------------------------------------------------------------
Img_3075下毛無岱から岩木山を望む。山頂は雲に覆われていますね。 夕暮れ時の湿原から眺める岩木山方面に沈んでいく夕日は、本当に素晴らしく、絶景だそうです。いつか、ぜひ見てみたいですね。-------------------------------
Img_3082酸ヶ湯温泉を俯瞰する。  ぐるっと回って、酸ヶ湯温泉に戻ってきました。まあ、三分の一は晴れていましたから、良しとしましょう!(笑)    酸ヶ湯温泉に入ろうかなーと思いましたが、ここには以前、泊まったこともあるので止めにして、黒石温泉郷の落合温泉に入って汗を流してきました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

白神山地~十二湖、日本キャニオン (青森県深浦町)

下山後、時間があったので白神山地の観光スポットでもある十二湖、日本キャ二オンを散策してきました。 帰りには、秋田側にある「八森いさりび温泉 ハタハタ館」により、スッキリ、サッパリしてきました。(笑)  まあ、ほんとうは、一泊でもして日本海に沈む夕日を眺めながら入りたかったのですが。。。。(笑)  

Cimg0820十二湖にある青池。 白神山地 西麓の広いブナの原生林の中には、大小30以上の湖沼が点在する。これらを総称して十二湖と呼んでいる。中でも一番人気なのがこの「青池」である。コバルトブルーと言うよりは透明な「群青色」という感じです。水の中に青インクを流したようでした。いやー、見るほどに神秘的で、不思議な池です。なんで、火山地帯でもなんでもないのに、こんな色になるのだろう?不思議です。色の謎は未だに解明されていないとか。。。。やれやれ。(笑)

Cimg0817十二湖近くにある日本キャニオン。 地震による、崩落、地すべりによってできたという。U字谷の大絶壁が展開する。自然の営みが生んだ見事な造形美ですね。見ごたえがありました。散策コースにも組み込まれていて、遊歩道も整備されていました。 

Cimg0824青森、秋田の県境付近から、青森方面を望む。大間越の美しい海岸線が展開がする。遠方に不老不死温泉のある黄金崎が見える。 日本海は、波も穏やかでいいですね。このあたりは磯遊びのできる海水浴場や釣り場も多く、国道に沿って貸し別荘が点在している。 今年は、津波によって太平洋側では、海水浴も釣りも全くできませんから、日本海側は大いに賑わうでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月11日 (月)

白神岳 (青森県深浦町)

秋田や能代、青森西部の気温は、軒並み34~35度!すごい気温と湿気でした。まるで熱帯雨林のジャングルにいるような感じ。 登る前からものすごい暑さ。歩いてもいないのに、汗がしたたり落ちてきます。私にとっては、ほとんど登山をするような環境ではありませんでしたね。 「なんで梅雨も明けていないのに、こんなに暑いんだ!」とぶつぶつ言いながら登り始めました。(爆)  なんか、 いやな予感がしましたね。 大量の汗をかきながら、あえぎながら、約2時間30分登ったところで、異変が起きました。 顔から血の気が引くような感じがして、目の前が真っ白になり、ふらふらして、思わずうずくまってしまいました。まったく動くことができませんでした。水分を大量に補給して、エネルギー補給のゼリーをすすって、しばらく休んでいました。20分くらい休んでいたらなんとか回復してきました。当然、ここで引き返してきました。マテ山の少し先あたりでしたね。  東北の南部北部とも梅雨明けしたと、下山後知りました。やれやれです。 家に帰ってから、ネットで調べてみたら、今回の症状は、「熱失神」というそうですね。(直射日光下の野外や高温多湿の環境などで、長時間活動していた場合に、末梢血管の拡張によって血圧が急激に下がり、めまいを起こしたり失神したりします)  失神したらヤバかったですね。(笑)  #白神山地(十二湖、日本キャニオン)に続く。。。。。

Cimg0808_2ブナの原生林が素晴らしい。 ブナに覆われた日陰の登山道でも、蒸し風呂のような暑さでした。 暑さには、とことん弱いですねー(笑)   世界遺産 白神山地は、核心地域と緩衝地域に分かれている。登山の対象となるのは、緩衝地帯の山である。核心地域は、一切人の手は加えられないし、勝手に入山することも厳禁である。 白神岳の東側方面には広大な核心地帯が広がっている。ここを見られなかったのが残念でした。涼しくなってからのお楽しみということで。。。。(笑)

Cimg0809_2手付かずの広大なブナの原生林が広がる白神山地。世界遺産に登録後、世界中から多くの観光客がブナの林を見るためにやって来る。でも、まあ、ここに存在するのは、手付かずの自然のみである。荘厳な神社仏閣や驚異の古代遺跡もない。少しも派手さは感じられない。「なんだ、これが世界遺産なのか?」、「なぜ、これが世界遺産なんだ?」と感じる人も多いと聞く。。。。だからこそ、いいのである。ただブナの原生林の中を歩くだけで癒されるのである。そんな贅沢な体験が味わえるのは他にない。

Cimg0801_2白神岳登山口。  仙台の自宅を3時50分に出発。東北自動車道、秋田自動車道をひたすら北上。能代南インターで高速道を降り、国道101号線をさらに北上し白神岳登山口へ。登山口に着いたのが8時15分頃でした。当然、往復の高速料金13100円は無料でした。嬉しい限りです。(笑)

Cimg0814_2登山口にあった記帳所。  一応、住所、氏名、下山時間などを書いてきました。 日曜日には、かなりの登山者が登っていましたね。関東、関西方面の人がほとんどで、地元の人はまったくいませんでした。さすが世界遺産ですね。(笑)  

Cimg080340分ほど登ったところにある二股の分岐。  左に進むと、沢の渡渉などもある「二股コース」、右に進むと「マテ山コース」である。 今回は「マテ山コース」を選択。 白神岳登山口発(8:30)→二の又の分岐→マテ山の先あたりまで(11:00)。 山頂までは、約1時間30分の距離でした。 白神岳は、標高1232メートルとかなり標高の低い山です。しかし、あなどってはいけません。登山口のある辺りの標高が150メートルくらいで、標高差1000メートル以上を登ることになるし、山頂までの距離も長いです。「白神岳をなめんなよ!」ということですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月29日 (土)

岩木山登山Ⅲ

けっこう狭い岩木山山頂は、巨大な岩が重なり合っていて、岩木山神社奥宮と避難小屋?が建っています。山頂からの展望は、八甲田大岳同様360度の大パノラマで、日本海、津軽半島から北海道、八甲田連峰、白神山地等が見渡せます。。。。ため息が出ますよ。(笑) 山頂には1時間位滞在し、八合目駐車場に下りてきたのが、16:00過ぎでした。ちなみに、仙台の自宅に着いたのが、夜の9:30分でしたね。もうヘトヘトでした!(爆)

Cimg01951岩木山山頂。。。風もなく、暖かく、のんびりとくつろいできました。(笑)

Cimg0191緩やかな弧を描いて伸びる津軽半島の七里長浜。日本海に突き出た権現崎もかすかに見えます。

Cimg0198日本海と千畳敷海岸の大戸潮崎。

Cimg01892弘前市方面を望む。。。。箱庭のようにみえますね!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

岩木山登山Ⅱ

酸ヶ湯温泉(12:00発)→黒石市→弘前市→津軽岩木スカイライン八合目(14:00着)  弘前市内を通過するのに、かなりの時間を費やしてしまいました。(汗) 登山コースは、津軽岩木スカイライン八合目(登山リフトを利用、14:00発)→リフト終点鳥海山分枝点(14:10着)→岩木山山頂(14:40着) 登山リフト(往復800円)を利用しての約40分のスピード登山でした。しかし、正味30分間の登山とはいえ、岩場、ガレ場の連続する急斜面ですので、二汗くらいたっぷりとかかされましたね!(笑)  #Ⅲへと続く。。。。。。。

Cimg0178登山リフト降り口付近から望む岩木山山頂。

Cimg0183岩場、ガレ場の急斜面が続きます。。。。。。

Cimg0185山頂下部から鳳鳴のヒュッテ(避難小屋)を望む。

Cimg0205山頂下部から見た、登山リフト降り口と鳥海山火口湖。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

岩木山登山Ⅰ

岩木山(1625メートル)津軽富士とも呼ばれ、典型的なコニーデ型の秀峰です。津軽平野のどこからでも眺められ、津軽地方・津軽人のシンボルとなっている山ですね。 宮沢賢治、石川啄木にとっての岩手山!と同じように津軽人太宰治にとって忘れ難いふるさとの山だったようです。朝な夕なに岩木山を見て育ち、旧制弘前高校時代は、よく弘前城に行き岩木山を眺めていたとか。。。。。。ということで、太宰の小説のなかでもけっこう好きな小説からの引用です。(笑)
 『「や! 富士。いいなあ。」と私は叫んだ。富士ではなかつた。津軽富士と呼ばれてゐる一千六百二十五メートルの岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふはりと浮んでゐる。実際、軽く浮んでゐる感じなのである。したたるほど真蒼で、富士山よりもつと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏(いてふ)の葉をさかさに立てたやうにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮んでゐる。決して高い山ではないが、けれども、なかなか、透きとほるくらゐに嬋娟(せんけん)たる美女ではある。        中略        私はこの旅行で、さまざまの方面からこの津軽富士を眺めたが、弘前から見るといかにも重くどつしりして、岩木山はやはり弘前のものかも知れないと思ふ一方、また津軽平野の金木、五所川原、木造あたりから眺めた岩木山の端正で華奢(きゃしゃ)な姿も忘れられなかつた。西海岸から見た山容は、まるで駄目である。崩れてしまつて、もはや美人の面影は無い。岩木山の美しく見える土地には、米もよくみのり、美人も多いといふ伝説もあるさうだが、米のはうはともかく、この北津軽地方は、こんなにお山が綺麗に見えながら、美人のはうは、どうも、心細いやうに、私には見受けられたが、これは或いは私の観察の浅薄なせゐかも知れない。』 太宰治の小説「津軽」より  いささか引用が長くなりました。(爆)   #Ⅱ、Ⅲへと続く・・・・・・・・・

Cimg0173
弘前市から津軽岩木スカイラインに向かう途中(弘前寄り)の鯵ヶ沢街道から見た岩木山。

Cimg0172同じく鯵ヶ沢街道から見た岩木山、アップで!(笑)

Cimg0211津軽岩木スカイライン入り口付近から見た岩木山、ちょっと富士山っぽいか?

Cimg0170黒石市郊外酸ヶ湯温泉寄りから見た岩木山、まさに「十二単衣の裾をぱらりと左右に開いて浮かんでいる感じ」?か。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八甲田連峰トレッキングⅢ

八甲田とは、甲状の頂きを持つ八つの峰があることと湿原・草原に散らばる池塘が田んぼに見えることから名づけられた名称とのこと。八甲田連峰は、北と南に分かれていますが、普通八甲田といえば北八甲田連峰を指すようです。ちなみに、新田次郎の小説で有名な「雪中行軍遭難」の舞台も北八甲田連峰です。 まあ、何はともれ、八甲田連峰は、木道や階段が完璧に整備されて非常に歩きやすかったですね。(笑)

Cimg0143
八甲田大岳からの下山道、ガレ場の急斜面ですが、階段が付けられています。下の方に鏡沼が見えますね。
Cimg0146八甲田大岳山頂直下にある鏡沼、爆裂火口に水がたまったもので、モリアオガエルやクロサンショウウオが生息しているとのこと。

Cimg0153仙人岱から望む八甲田大岳

Cimg0159地獄湯ノ沢、このあたり一帯からは硫化水素ガスが噴出しているとのこと。上の方に、酸ヶ湯温泉の屋根がみえますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

八甲田連峰トレッキングⅡ

八甲田大岳(1585メートル)からの展望は、陸奥湾や下北半島、津軽半島、小川原湖、岩木山、岩手山等々、360度の大パノラマでした。今回は見えませんでしたが、北海道や太平洋等も望めるとか。。。。。。とにかく素晴しい眺めでした。(笑) #Ⅲ~岩木山トレッキングⅠ、Ⅱ、Ⅲへと続く・・・・・・・・

Cimg0129八甲田大岳山頂。晴れてはいましたが、風が強く かなり寒い状況でしたので、のんびりと山頂に留まることはできませんでした。

Cimg0142八甲田ロープウェイ山頂駅と青森市方面を望む・・・・・・その上に見えるのは津軽半島の山並み。

Cimg0136
津軽平野に浮かぶ岩木山(1625メートル)

Cimg0132
陸奥湾と下北半島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八甲田連峰トレッキングⅠ

青森遠征!!ということで、7月下旬八甲田連峰と岩木山に行ってきました。なんと仙台から日帰りで!(爆) 仙台(深夜2:30発)→黒石I・C→酸ヶ湯温泉(6:40着)。  トレッキングコースは、酸ヶ湯温泉(7:00発)→下毛無岱・上毛無岱→大岳ヒュッテ→八甲田大岳山頂(9:30着)→仙人岱→地獄湯ノ沢→酸ヶ湯温泉(11:40着)。 一周約4時間40分のトレッキングでした。早朝はガスがかかっていましたが、みるみる晴れてきて快適なトレッキングができましたね。ほとんどハイキング気分!(笑)  特に、毛無岱と呼ばれる、尾瀬に匹敵するような上下二段の大湿原・草原は感動ものでした!  #Ⅱ、Ⅲ~岩木山トレッキングⅠ、Ⅱ、Ⅲへと続く・・・・・・・・

Cimg0108
下毛無岱の大湿原、 湿原には多くの池塘があり、ミツガシワやヒツジグサ等が生えているとのこと。。。。

Cimg0110約100メートル高い上毛無岱から望む下毛無岱の大湿原、
緑の草原にキンコウカの黄色い花が咲き、アオモリトドマツやハイマツが周囲をふちどっている。 

Cimg0115キンコウカの咲き乱れる、上毛無岱の大湿原と大岳のとなりの井戸岳(1550メートル)

Cimg0127井戸岳と大岳(1585メートル)の鞍部にある大岳ヒュッテ。ここから山頂までは、ひと登りです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)