朝日連峰の山

2017年7月26日 (水)

朝日連峰 大朝日岳 (山形県大江町)

山形県大江町の古寺鉱泉登山口から大朝日岳 (1870メートル) をピストンしてきました。 晴れてはいましたが、思ったほど暑くはなく、涼しいくらいで快適・快調なトレッキングができました。 
登山口の駐車場に着くと、すでに10数台の車が停まっていて、5時前から登っている人も多くいました。
下山後、帰りには、大井沢温泉「湯ったり館」で汗を流し、ビール好きのかみさんに月山ビールを買って帰って来ました。
仙台の自宅を深夜の2時20分頃出発し、5時から登りはじめました。 古寺鉱泉登山口 (5:00発) →古寺山 (7:40着) →小朝日岳巻き道→銀玉水→大朝日岳山頂 (10:25着)   大朝日岳山頂(11:10発)→銀玉水→小朝日岳巻き道→古寺山→古寺鉱泉登山口 (15:50着) 約10時間50分のトレッキングでした。 (休憩含む)   久々に10時間を超えるトレッキングで、足腰がパンパン、筋肉痛・膝痛です。やれやれ。でも、まあ、心地良い痛みですね。(笑)

Img_15277古寺山 (1500メートル) 山頂。  5~6人の登山者が休んでいました。座る場所もありません。休む間もなく出発です。(笑)  目指す山頂は、まだ遠い・・・・・・!
大朝日岳山頂からの展望はイマイチでしたが、古寺山からは、大朝日岳~寒河江山~以東岳まで続く朝日連峰の大パノラマが楽しめした。

Img_15337古寺山を下った当りから望む、中央の月山と左側の鳥海山。
月山と鳥海山の展望は、大朝日岳山頂からよりも、この辺りから小朝日岳からにかけての方がいいです。-------------------------------------------------------------------

Img_16297銀玉水手前付近から望む大朝日岳。 大朝日小屋が小さく見えます。
こここからですと、V字雪渓に見えます。(笑)------------------------------------------------------

Img_16337同じく銀玉水手前付近から大朝日岳山頂を望む。 
Y字雪渓が美しい・・・・山頂までもうひと踏ん張りだ!

登っている時と下山時に若いトレイルランニングの方とすれ違いました。山を登っていたというか、山を疾風のように走っていました。(笑) 悪いとは思いましたが、思わず呼び止めて話を聞きました。 そのトレランの方が言うには、古寺鉱泉登山口から大朝日岳の山頂まで、往復4時間20分~30分だそうです。登りが2時間30分くらいで、下りが2時間弱くらいとのこと。  「今日はどうですか?」 と聞いたら 腕時計をちらっと見ながら 「今日のペースだと4時間30分くらいですかねー。」 とのことでした。 いやー、本当に驚きました。人間じゃないです。ほとんどサイボーグです。(笑)

Img_16397大朝日岳の肩にある「大朝日小屋」を望む。
山頂までもう直ぐだ!-------------------------------------------------------------------

Img_16577大朝日岳山頂にて。
朝方は晴れていましたが、山頂に着いた頃には、曇が出てきてガスがかかかってきました。そのため山頂からの展望はイマイチでした。
山頂は、心地良い涼しい風が吹いていて 赤とんぼの大群が飛んでいて、まるで秋を思わせる雰囲気でした。

Img_16607大朝日岳山頂にて。 自撮りです。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_13317登山口にある 「古寺鉱泉 朝陽館」
昔ながらの湯治場的雰囲気があふれていますが、一泊二食付きで宿泊できるようです。泊まったことはないですが、当然「ランプ」の宿なんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

小朝日岳~鳥原山 (山形県大江町)

古寺鉱泉登山口から小朝日岳~鳥原山経由で周回してきました。最高の秋晴れとなり、気分爽快、ストレス全部解消のトレッキングができました。(笑)    古手寺鉱泉の駐車場は、平日にもかかわらずほぼ満車状態でした。5~6人のグループの登山者も多かったです。登山者があまりにも多かったので、少し憂鬱になりました。(笑) いろいろ話を聞いてみますと、ほとんどの登山者は、小朝日岳までのピストンでした。紅葉終盤の朝日連峰の大パノラマを見に行くのでしょう。 帰りには、いつも寄る、登山者で混むであろう大沢温泉の 「湯ったり館」は避けて、道の駅にしかわの「水沢温泉館」に寄って汗を流してきました。ついでに、かみさんへのお土産に「月山ビール」を買ってきました。    古寺鉱泉登山口(7:00発)→古寺山→小朝日岳(10:15着)→鳥原山→畑場峰分岐→古寺鉱泉登山口(14:15着) 休憩含む。約7時間15分のトレッキングでした。 
Img_3524小朝日岳(1647メートル)山頂直下から望む大朝日岳(1870メートル)。 大朝日岳が圧倒的な威容で迫ってきます。 なんと、ガンガラ沢には、まだ雪が残っていました。西朝日岳の沢にも多くの雪が残っていましたね。万年雪にはならないとは思いますが驚きです。
Img_3531_2小朝日岳山頂。  登山者で混雑していました。この後も 10数人くらいの登山者が登ってきて、ますます混んできました。 休む場所がなくなってきたので、大朝日岳方面に少し下ったところのピークで休んでいました。やれやれです。(笑)
Img_3550小朝日岳から下った付近から望む月山(1984メートル)。 紅葉もそろそろ終盤にさしかかってきました。谷を渡ってくる風も爽やかで気持ち良かったです。
-------------------------------
Img_3571鳥原山(1430メートル)山頂直下から望む。圧倒的存在感の大朝日岳(左側)と今登ってきたばかりの精悍な小朝日岳(右側)の素晴らしい景観でした。まるでツインタワーですね。(笑)--------------------------
Img_3575鳥原山(1430メートル)山頂から望む、大小の朝日岳。 鳥原山は、最高の展望台になっています。-----------------------------------------
Img_3579鳥原山の湿原。   秋色に染まる樹林帯と池塘、黄金色の草モミジ・・・・静かだ。静寂に包まれている。登山者で混雑していた小朝日岳とは、まるで別世界でした。本来山が持つ静けさが守られている下山路でした。 小朝日岳からの下山時は、誰とも出会いませんでした。大自然の中にポツンと一人、秋色のブナ林と、風と、鳥の鳴き声・・・・大自然の中に同化したような感じでしたね。このコースは、土日でも静かなトレッキングができるのではないでしょうか。
Img_3591登山口にある古寺鉱泉の朝陽旅館。 ぐるっと回って、やっと戻ってきました。
いやー、長い下山路でした。(笑)  後半のブナの原生林の中を通るロングトレイルは良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

ヒメサユリ (大朝日岳)

絶滅危惧種のヒメサユリ 。野生種は、東北南部の山岳地帯でしか見ることができない貴重な花であります。こちらは、大朝日岳の銀玉水(ぎんぎょくすい)手前付近で撮影しました。
「日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳、朝日連峰、周辺にしか群生していない貴重な植物。野生種は環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)、及び国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」ではEndangered (EN)に指定されている絶滅危惧種でもある。」 ウィキペディアより
Img_2668ヒメサユリ。 艶やかであり、自己主張も強いながら、清楚さ、可憐さも合わせて持っていますね。 東北を代表する、素晴らしい花です。-------------------------------------
Img_2671雪解けとともに開花していく、ヒメサユリ、ヒナウスユキソウを初めとする多くの高山植物。 大朝日岳の短い夏を満喫していました。
ヒメサユリの花に鼻を近づけて香りを嗅ぐのが、毎年のお楽しみになっています。(笑) アカシアの花よりも、甘くて濃厚な香りがします。このヒメサユリの花の香りを嗅ぐと、大朝日岳に来たんだー!と実感しますね。(笑) みなさんも、ヒメサユリの花の香りを嗅いでみて下さい。感動しますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

大朝日岳 (山形県大江町)

山形県大江町の古寺鉱泉登山口から、ピストンしてきました。 天候にも恵まれ (かなり暑くなりバテバテでしたが) 最高のトレッキングができました。  平日にもかかわらず多くの人が登っていました。朝の登山口駐車場は、5~6台の車が停まっているだけでしたが、下山して駐車場に戻ると、ほぼ満車状態でした。見た感じ、65歳前後の人が多かったようです。夫婦で登っている方もいました。羨ましいてすね。(笑) いわゆる団塊の世代の人たちです。 定年退職して、ゆとりがあるのでしょう。平日でも自由に山に行くことができますね。 
仙台の自宅を深夜の3時過ぎに出発し、5時30分から登りはじめました。 古寺鉱泉登山口(5:30発)→古寺山→(小朝日岳の巻き道を行く)→銀玉水→大朝日岳山頂(11:10着) 大朝日岳山頂(11:40発)→銀玉水→小朝岳巻き道→古寺山→古寺鉱泉登山口(16:15着) 10時間45分のロングトレッキングでした。 (休憩含む) 久々に10時間を超えるトレッキングで、足腰がパンパン、筋肉痛・膝痛です。やれやれ。(笑)  
古寺山からの下りあたりから、膝(特に右膝)が痛みだしてきました。終盤は、黒田官兵衛状態でヨタヨタとびっこを引きながら下りてきました。(笑) 帰りには、大沢温泉 ゆったり館で温泉に入り、膝をマッサージしてケアをしてから帰ってきました。筋肉痛、膝痛には温泉が一番です。 ついでに、かみさんへのお土産に「月山ビール」を買ってきました。 
Img_2681_2熊越を過ぎて稜線に出たあたりから撮影。今年は雪が多いですね。Y字雪渓もしっかりYになっていません。(笑) 右側には、銀玉水の大雪渓が見えます。 山頂が近づいてきました。もう一頑張りです。稜線に出で、タフな登りからも解放されて、がぜん元気が出できました。(笑)
Img_2756銀玉水手前付近から望む。 大朝日岳(1870メートル)とヒメサユリ。--------------------------------------------------------------------
Img_2755同じく 銀玉水手前付近。 ヒメサユリは満開でした。 今の時期ですと、稜線を渡る風も心地良く、爽快なお花見登山が楽しめます。花好きな方はたまらないでしょうね。 銀玉水の雪渓を超えてから山頂にかけては、お花畑広がり、まさにカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)という感じです。
Img_2695銀玉水の雪渓は、ほとんど縮小していませんでした。堂々たる雪渓でした。 アイゼンを持って行って良かったです。 アイゼンがなくても十分登ることはできますが、最初の急斜面の登りなど、アイゼンを着けて登ったほうがストレスなく楽に登ることができます。
Img_2745銀玉水 大雪渓の登り。大朝日岳が圧倒的存在感で迫ってきます。    この辺りまで登ってくると「虫」は少なくなりますが、朝日連峰は「虫」が多いですね。立ち止まったりすると、すぐにまとわりついてきます。この「虫」対策として、養蜂家が使用しているような防虫ネットをかぶって登っている人が数人いました。これは、すごい!使えるな!と思いましたね。(笑)
Img_2720大朝日岳(1870メートル)山頂。山頂からの360度の大パノラマは圧巻です。この日は、あいにく雲がかかっていましたが、祝瓶山など近隣の山々の眺望は、充分堪能できました。---------------------------------------------
Img_2722大朝日岳山頂から南側を望む。 足元から祝瓶山まで延々と登山道が続いています。朝日連峰は南北60キロメートルにも及ぶそうです。まさにロングトレイル!---------------------------------------------------------
Img_2737山頂から望む。 後方は相模山です。ヒナウスユキソウの群落が見事でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

お花見 (朝日連峰 大朝日岳)

Img_0759絶滅危惧種のヒメサユリ (オトメユリ)。 野生種は、東北南部の山岳地帯でしか見ることができない貴重な花であります。 こちらは、銀玉水(ぎんぎょくすい)手前付近で撮影しました。------------------
Img_0671_2同じく ヒメサユリです。 古寺山付近で撮影しました。こちらは、花の色が、桜みたいに淡いピンク色をしてますね。---------------------------------------------
Img_0739ヒナウスユキソウ。 昔、早池峰山で何回か見たハヤチネウスユキソウは、大きくて立派でしたね。 学生時代、北海道を放浪したときに滞在した礼文島で見たレブンウスユキソウは、小さい花でしたが、今でも印象深く、鮮明に記憶に残っています。
Img_0717大朝日岳山頂付近のヒナウスユキソウの大群落。 朝日連峰 寒江山の群落ほどではないですが、素晴らしかったです。-----------------------------------------------
Img_0760ハクサンチドリ。 登山家でもあり、植物に関しても豊富な知識を持っていた賢治は、高山植物にもかなり興味を持っていました。  『後者は しらねあふひ、ちごゆり、はくさんちどり等殆んど岩手山三合目の植物にして、実に之等二地が花巻と比較して年平均四度位低温なること及植物の垂直水平両分布を説明するものなり。』 宮沢賢治「修学旅行復命書」より 
Img_0728コイワカガミ。 岩場に生えることと、丸い葉を鏡に見立てたことが、名前の由来だそうですね。大朝日岳山頂付近の岩場に、ヒナウスユキソウと一緒にたくさん咲いていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

大朝日岳Ⅱ(山形県大江町)

#古寺山への登りの大きな雪渓は、すっかり無くなっていて、登山道も現れていました。20日前に登った時とは、状況が一変していましたね。驚きました。いゃー、すごいものです(笑)

曇りで、ガスが山域全体を覆い、何も見えない状況での下山でした。途中、雨もポツリ、ポツリと降ってきました。登山口に着いたころは、疲労と筋肉痛でぐったりでしたね。やれやれです。(笑) 前回と同じように、大井沢の「湯ったり館」で温泉に入り、汗と疲労を流してきました。ついでに、ビール好きのかみさんのために、オリジナルラベルの「大井沢ビール」(中身は月山地ビール)を買い、途中 寒河江パーキングで佐藤錦(サクランボ)を買って帰ってきました。
Img_0722_3大朝日岳山頂を望む。大朝日小屋が見えますね。  山頂はもうすぐだ! 久しぶりに5時間を超える登りでした。長かったなー!(笑) -----------------------------------------
Img_0726大朝日岳の肩にある大朝日小屋。 早くも、真っ黒というか赤銅色に日焼けした管理人さんがいましたね。この山小屋は、山形県大江町で管理しいてるようです。------------------------------
Img_0732_2山頂への最後の登り。北側を振り返り見る。中岳、西朝日岳が見渡せます。幾くすじもの谷の雪渓と山肌のコントラストが美しい。-------------------------------------------
Img_0748大朝日岳(1870メートル)山頂にて。 山頂には誰もいませんでした。ちょっと寂しかったのですが、 涼しくて気分爽快でしたので、1時間近くのんびりしてきました。(笑) 下山するころになると、若い方(山ボーイ)が二人、空荷で登ってきました。ザックは、大朝日小屋に預けてきたとか。。。。。
Img_0719ヒナウスユキソウ。 大朝日小屋から山頂にかけけての斜面はヒナウスユキソウの大群落に覆われいました。いゃー、素晴らしい景観でした。--------------------------------------
Img_0751大朝日岳山頂から南側を望む。 足元から祝瓶山まで延々と登山道が続いています。 祝瓶山は、綺麗なピラミッド型の山ですが、ここから見ると、ピラミッド型ではなく、よく言えばマッターホルンに似ていますかね?(笑)------
Img_0746大朝日岳山頂から北東方面を望む。 ガスが立ち込めてきましたが、稜線沿いに、今登って来た登山道が見えます。こうやって見ると、長くて遠い道のりですねー。。。。感慨ひとしおです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

大朝日岳Ⅰ (山形県大江町)

古寺鉱泉登山口から、登りは小朝日岳を迂回する巻き道を通り、下りは小朝日岳を経由してピストンしてきました。登りの時の天候は、薄曇りで時々晴れ、思ったよりも涼しくて、快調・爽快なトレッキングがきました。 下山時は、曇りでガス立ち込めてきてイマイチでしたが、登りの時だけでも、まずまずの登山日和で、非常にラッキーでした。   この日の山形の天気予報は、午前が曇り時々晴れ、午後になると曇りで雨。これは、午前中勝負だなーと思い、仙台の自宅を深夜の2時30分に出発し、5時から登りはじめました。  古寺鉱泉登山口(5:00発)→古寺山→(小朝日岳の巻き道を進む)→銀玉水(ぎんぎょくすい)→大朝日岳山頂(10:15着) 大朝日岳山頂(11:10発)→銀玉水→小朝日岳→古寺山→古寺鉱泉登山口(15:30着) (休憩含む) なんと、10時間20分のロングなトレッキングでした。(笑)  #Ⅱに続く・・・・・・・ 
Img_0667古寺山から小朝日岳を望む。雪渓がかなり縮小していました。  初めて通った小朝日岳の巻き道には、踏み跡のない急斜面の雪渓が展開していました。写真の右側に見える大きな雪渓です。見た目もそんなに急な感じではなく、雪も柔かく、踏み跡もしっかりついていると思いましたが、この考えが甘かったです。踏み跡もなく、雪も固かったのです。かなりの急斜面、滑落したら底まで落ちてしまいます。アイゼンを持ってきていなかったので、登山靴で何回も雪をキックして足場を確保しながら慎重にトラバースしました。やれやれです。(笑) かなり緊張を強いられましたね。そんなこんなで、下山時は、怖くて雪渓をトラバースする気が起きなかったので、小朝日岳を経由して下りてきました。
Img_0676_2巻き道後半から望む大朝日岳と中岳。 巻き道から見る景観は、かなり新鮮でした。------------------------------------------------------------
Img_0681_2小朝日岳南面に展開する黒倉沢の急峻な谷。雪渓が覆っていました。なんか氷河みたいですね。(笑)----------------------------------------------------
Img_0691巻き道は、熊超付近で合流している。そこから少し登ったあたりから振り返り見た小朝日岳。 南面が激しく切れ落ちている。崖みたいな小朝日岳への登山道は、左側のダケカンバの林の中に展開している。-----------
Img_0699銀玉水手前から大朝日岳を望む。右側に見えるのが銀玉水の雪渓てす。 ヒメサユリ(オトメユリ)は、ちらほら咲いていましたが、蕾が多かったですね。  銀玉水の雪渓は、かなり縮小していたので、アイゼンがなくても難なく登れます。 
Img_0704銀玉水 ちょい手前から望む大朝日岳。 Y字雪渓を抱く朝日連峰の主峰が圧倒的な存在感で迫ってきます。-------------------------------------------------
Img_0720大朝日小屋手前付近から中岳方面を望む。 朝日連峰の中には、最高の冷泉として有名な銀玉水(ぎんぎょくすい)がありますが、もう一つ、冷泉として有名な金玉水(きんぎょくすい)は、写真左側の登山道沿いにあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

小朝日岳 Ⅱ (山形県大江町)

仙台を早朝の4:00に出発。 古寺鉱泉登山口(6:30発)→古寺山→小朝日岳山頂(10:30着)  山頂(11:00発)→小朝日岳→古寺山→古寺鉱泉登山口(14:00着) (休憩含む) 約7時間30分のトレッキングでした。   出会った登山者は、わずかに4名だけでした。いずれも、30才代の若い方でした。小屋泊まりとのことでしたので、かなりの重装備でしたね。今日は、大朝日岳の小屋に泊まり、次の日、鳥原山経由で下山するとのことでした。 #両足の太ももが筋肉痛です。階段を登るのも、降りるのもしんどいです。やれやれ(笑)
Img_0598古寺山から下った付近から小朝日岳を望む。 とんでもなく雪が多いですね。雪渓が山頂直下まで続いています。-----------------------------------------------------------------
Img_0605_2小朝日岳 山頂直下の登り。 ここも急斜面の雪渓登りでした。バテバテでしたので歩幅を小さくして、ゆっくり、ゆっくり、一歩一歩登るしかないです。(笑) 今の時期、アイゼンは必携です。出会った登山者は、重装備ということもあり八本爪のアイゼンを装着して登っていましたね。
Img_0615_2小朝日岳山頂にて。 山頂には、30分弱しか居ませんでした。晴れてて気持ち良かったので、1時間くらい居て、のんびりとしたかったのですが、虫、羽虫が多数まとわりついてきたので、とっとと退散してきました。やれやれです。小さなハエのような虫でした。これには辟易しました。多過ぎです。登っているときは、別に大したことはないのですが、立ち止まったりすると、途端に、うわーっとまとわりついてきます。かなり厄介でした。今年は、異常発生したのですかね?
Img_0611小朝日岳山頂より 大朝日岳を望む。いゃ~、見ての通り雪がかなり多いです。  山頂からは、残雪を抱く朝日連峰の大パノラマが望まれす。西朝日岳、中岳は、すっぽりと雪に覆われていました。空気が乾燥しているため、遥か遠方まで見渡せます。素晴らしい景観ですね。
Cimg3056小朝日岳山頂より南西方面を望む。 朝日連峰の向こう側に残雪の飯豊連峰が見えました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

小朝日岳 Ⅰ (山形県大江町)

山形県大江町の古寺鉱泉登山口からピストンしてきました。雲一つない晴天という天候にも恵まれ、爽快なトレッキングができました。 今年は、残雪がとんでもないくらい多いです。一服清水から、少し登った付近から大きな雪渓が出現し、古寺山 (1500メートル) まで続いています。おかげで気分爽快な雪渓登りができました。途中、30度くらいの急斜面の雪渓登りも二ヶ所ほどあり、かなりバテバテでしたね。(笑)  #Ⅱに続く・・・・・・
Cimg3037一服清水から少し登った付近。登山道を大きな雪渓が寸断していました。急斜面をトラバースして進みます。 滑落したら登り返しが大変ですね。(笑)------------------
Cimg3038ブナの樹林帯の雪渓登りが続きます。 登山道は雪の下。稜線まで急斜面の雪渓登りが続きます。この辺りは、多少ルートファインディングが必要ですが、ところどころに赤い目印がありますし、かすかに足跡も残っているので迷うことはないです。
Img_0580稜線への最後の登り。30度を超える急斜面です。かすかに見える赤い目印を目指して登ります。ここは、かなりキツかったです。一気に体力を消耗してしまいました。(笑) ここを登りきると、古寺山まで快適な雪渓歩きが楽しめます。
Cimg3067_2古寺山山頂直下。 今登ってきたところを振り返り見る。 後方には朝日連峰の大パノラマが展開しています。----------------------------------------- 
Img_0622古寺山山頂から望む。左が小朝日岳 (1647メートル)、右側奥が朝日連峰の主峰 大朝日岳 (1870メートル) 今年は、残雪が多いですね。小朝日岳の東斜面は、雪で覆われています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

鳥原山(朝日連峰) Ⅱ

三角点のある鳥原山山頂は、あまり展望は良くない。少し、先に行ったところにあるピークが、大朝日岳や小朝日岳を一望できる展望台になっているの・で・す・が。。。。(涙)  白滝登山口(7:45発)→山の神(8:45着)→鳥原山山頂(10:20着)    山頂(10:50発)→白滝登山口(13:00着) 約5時間15分のトレッキングでした。(休憩含む)

Cimg6179鳥原山山頂付近に広がる湿原。 秋色に染まる樹林帯と池塘、黄金色の草モミジ。。。。それにしても、静かだ。静寂に包まれている。誰一人いない。自然との一体感。同化した感じだ。透明な気分だ。聞こえるのは鳥のさえずりのみ。さすが鳥原山だ。(爆)

Cimg6152湿原から鳥原山方面を望む。 雨が落ちてきた。。。山が霞んでいる。  朝日連峰での高層湿原はかなり珍しい。 鳥原山の湿原は、規模は小さいが樹林帯と湿原が交互に現れて、登山者をあきさせない。


Cimg6191池塘越しに御影山方面を望む。山はまったく見えなかった。やれやれ。 右手の方に鳥原小屋が見える。この小屋は、朝日連峰一清潔な小屋として有名とのこと。混雑する大朝日小屋を避け、この小屋に泊まる登山者も多いとか。。。

Cimg6178山頂から小朝日岳を望む。 下山する頃、やっと少し姿を見せた。(笑) 鳥原山の展望台からの眺望は、まったくダメでした。分厚い雲が重く垂れ込め、山全体を覆い、ガスがかかり、雨が降りと、散々でしたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧