ライブ・イベント

2024年2月19日 (月)

「 ゴールデンカムイ展 」 ( 仙台市宮城野区 )

先日、仙台駅東口のTFUギャラリーミニモリで開催している 「ゴールデンカムイ展」 を観てきました。  『ゴールデンカムイ』 は、週間ヤングジャンプに連載され、全31巻の累計発行部数が2700万部の大ヒットを記録した漫画。  「不死身の杉元」 の異名を持つ元軍人とアイヌの少女アシリパたちが繰り広げる金塊の争奪戦を軸に、アクション、アドベンチャー、歴史、狩猟グルメ、ギャグなど様々な要素が絡み合う物語です。

 「 ゴールデンカムイ展」 では、120点以上のイラストのほか、作者の野田サトルさんが集めたアイヌの狩猟用具や民具、大日本帝国陸軍で使用された銃などの実物資料が展示されいる。物語を追体験できるので、ファンにとっては最高の企画展。 見応え十分です。

Img_65487

入口にて 

一昨年の東京を皮切りに京都~福岡~札幌~函館~仙台と続き、最後は新潟で終了のようです。

Img_65497

第1ゾーン  金塊争奪戦の始まり

このゾーンは、平日にもかかわらず混雑していました。やっぱり、ヒグマの影響でしょう!(笑)

Img_65517

アシリパが倒したヒグマの剥製

2メートル以上はあるでしょう。デカい。ツキノワグマの倍以上。間地かで見ると恐怖を感じます。

Img_65507

アイヌの少女 アシリパの武器 (狩猟用具)

左がカリンパウンク (桜の皮を巻いた弓) 、右上がメノコマキリ (女用シースナイフ) 、右下がタシロ (山刀) 、中でも超弾性の弓は強力で、即効性の猛毒トリカブトの矢でヒグマも倒します。さらに、アシリパは、 グレイシャルコート、ニューワールド・アームレト、タイツ、グレイシャルブーツなどを装備しているとのこと。凄いですね。マタギをも凌ぐ完璧なハンターです。

Img_65647

第3ゾーン  命を繋ぐものたち

ここでは、作品に登場したアイヌの歴史的背景や文化を紹介。

Img_65617

「のっぺら坊」 ことアシリパの父 ウイルク愛用のマキリ (男用シースナイフ)

ちなみに、ウイルクは、樺太アイヌの母とポーランド人の父の間に生まれたハーフ。そして、ウイルクと北海道アイヌの母の間に誕生したのがアシリパです。

Img_65597

有古力松一等卒 (イポプテ) が使用する大型のマキリ (男用シースナイフ)

Img_e65677

なんと、チタタプもありました!

Img_65687

第4ゾーン  それぞれの役目

網走決戦、樺太ゲリラ戦、札幌大激戦という三つの重要な戦いを時系列に紹介・解説しています。

Img_65867

不死身の杉元愛用の三十年式歩兵銃

銃の先端には、刃渡り40センチの銃剣が装着できます。 他にも、土方歳三の愛刀、レプリカの和泉守兼定 (いずみのかみかねさだ) やウィンチェスター銃、鯉登 (こいと) 少尉のサーベル、鶴見中尉の軍服などなど、ファン必見の品が多数展示してあります。

Img_65607

大日本帝国陸軍第七師団のスナイパー尾形百之助が使用する「三八式歩兵銃」

最大射程距離 2400メートル。尾形は、 「条件さえ整えば2000メートル離れた敵を狙撃できる!」 と豪語していた。

|

2023年9月12日 (火)

仙台 定禅寺ストリート ジャズ・フェスティバル 2023

9月9日  10日 の土日に、4年ぶりに制限なく開催された 「定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル 2023」 に行ってきました。天候にも恵まれて、まるで真夏のような陽気。どの会場にも大勢の観客が訪れていて大混雑状態。目いっぱい音楽のシャワーを浴びながら楽しんできました。大満足です。

今回は、なんと23のステージでの開催となりました。各ステージには、多くの観客が集まり多彩な音楽に、手拍子と歓声 が響き渡っていました。 8月の「七夕祭り」、12月の「仙台 光のページェント」とともに、9月の 「定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」は、仙台を代表するイベントになりましたね。嬉しい限りです。

Img_50317

勾当台公園市民広場にて

ご覧の通り、会場はどこも大混雑状態でした。2日間の人出は、なんと、55万人。東北だけでなく、全国から観客が押し寄せたそうです。驚きました。嬉しい限りです。

今回は、全国から416バンド、2960人が結集。ジャズやロック、ポップス、ソウル、ブルース、フォーク、カントリーなどなど多彩な音楽を奏でました。

Img_e50447

 Eagles (イーグルス) のカバーバンド「BEAGLES/ビーグルス」

秋田県秋田市で活動しているバンドです。バンド紹介の時、「日本のウエストコート、秋田市からやって来たイーグルスのカバーハンドのビークルスです!」と言っていました。なるほど、「日本海側は日本のウエストコートかー!」と思いました。

わたくしの大好きなバンドのひとつである「イーグルス」のカバーバンドということで、今回の一番のお目当てでした。いやー、「イーグルス」の名曲をライブで聴くことができて本当に良かったです。

Img_50377

生ビールとステーキ弁当 (1800円)

昼食は、生ビール2杯とステーキ弁当をいただいてきました。多くの皆さんが、生ビール片手に演奏を観ていました。これぞジャズフェスの醍醐味です! (笑)

昼頃になると、出店やキッチンカーの前は長蛇の列。椅子とテーブルは、あちこちに用意されていましたが、全く足りない状態。時間をずらして、やっと14時頃に昼食にありつけました。やれやれです。

Img_50667 

定禅寺ストリートにて

ケアキ並木の定禅寺ストリートが、この日だけステージに変わります。

9日 (日) は、定禅寺ストリートをブラっとしなが、ジャズコンボやフュージョン系のステージを観ていました。

Img_e50717

「せんだいメディアテーク」 のステージにて

定禅寺ストリートにある「せんだいメディアテーク」 では、唯一の屋内ステージが開設。ここは、涼しくて最高でした。1時間くらい滞在してしまいましたね。

 

撮影した動画を観てください。

BEAGLES (ビーグルス)  『ホテルカリフォルニア』

 

BEAGLES (ビーグルス)  『呪われた夜』

 

BEAGLES (ビーグルス)   『テイク・イット・イージー』

|

2023年5月13日 (土)

仙台ラーメンフェスタ 2023 (仙台市太白区)

先週、ゴールデンウイーク期間中に開催されていた 「仙台ラーメンフェスタ 2023」 に行ってきました。  北海道から東北、関東、東京、愛知、大阪、福岡の人気ラーメン店が結集。全国の人気ラーメン店というとで、どれも美味しそうに見えてかなり迷いました。散々迷った末に、 「愛知の伊勢海老ぱいたんらぁめん」 と群馬の 「鯛潮そば」 をいただいてきました。

全店共通のチケット制でラーメン一杯950円。トッピングする場合は、料金を現金で支払います。

Img_39547

入口にて    場所は、あすと長町杜の広場公園。

今回は、かみさんが所用で出かけたので わたくし一人です。

Img_39557

11時過ぎは こんな状況でしたが、12時頃になると大混雑状態。

Img_39567 

一番人気は、思った通り 「愛知  伊勢海老の鶏ぱいたんらぁめん」

ディズニーランドなみの長蛇の列になっていました。

Img_e39577

「愛知 伊勢海老の鶏ぱいたんらぁめん」 (950円)

提供された瞬間から濃厚な伊勢海老スープの香りに包まれる幸福感。美味かったです。

Img_39597

「群馬 黄金真鯛だし汁の極上潮そば」

こちらも11時過ぎは、こんな感じでしたが、昼過ぎになると長蛇の列になっていました。

Img_e39607

「群馬 黄金真鯛だし汁の極上潮そば」 (950円) 

四国の海で水揚げされた真鯛100%のスープだそうです。あっさりした独特の旨味がクセになりそうな一杯でした。美味かったです。

|

2023年4月22日 (土)

エリック・クラプトン ライブ アット 武道館 2023

『今年デビュー60周年を迎えるギター・レジェンド、エリック・クラプトン (78) が、東京・日本武道館で4年ぶり23度目となる来日公演を4月15日(土)からスタートした。』     新聞記事より

4月18日、一泊で東京の武道館で開催されたたエリック・クラプトンのライブに行ってきました。3月で78歳になったというクラプトン。彼の全く衰えを感じさせない円熟したライブパフォーマンスは、衝撃的で感動的。ただただ圧倒されっぱなしでした。本当にマジで素晴らしかったです。 クラプトンは、「ずいぶん長い期間、日本で定期的にライブをしてきた。たくさんの友人もでき、日本は第二の故郷のように感じている。80歳になってもここでライブをしたい!」 と言っているそうなので、大いに期待しましょう。80歳を過ぎたクラプトンのライブも是非観てみたいです。

ライブ前半は、「エレキパート」 5曲でスタート。中盤が 「アコースティックパート」 で5曲、後半が 「エレキパート」 で5曲、アンコール1曲という構成。全16曲で1時間45分のライブでした。

Img_37857

開場して間もない武道館

中高年世代をメインに多くの人が集まっていました。 今回は、武道館だけでの公演だったためか 関西方面からも多くの観客が来ていたようです。関西弁があちらこちらから聞こえてきましたね。

Img_37837_20230421133401

武道館前のグッツ売り場

ご覧の通り大混雑状態でした。

Img_37937

開演前の様子。非常にシンプルなステージでした。

アリーナの2階席前列 中央付近というまずまずの席を確保できて良かったです。

9658mnyd

ネットより拝借

初日のクラプトンはこんな感じだったようです。

Img_37887

武道館内のポスター

 

印象的だった曲は、前半のエレキパートの曲 『アイ・ショット・ザ・シェリフ』。 皆さんよくご存じのボブ・マーリーのカバー曲で、全米ナンバーワンを記録した名曲です。今回のライブでは、この動画とほとんど同じように演奏していました。感動しました。

エリック・クラプトン 『アイ・ショット・ザ・シェリフ』

 

次は、『ティアーズ・イン・ヘヴン』。 中盤のアコースティックパートの曲です。いやー、心にしみる名曲です。切ないですね。涙がでました。

エリック・クラプトン 『ティアーズ・イン・ヘヴン』

 

次は、後半のエレキパートの曲 『バッジ』。 クリーム時代の曲で、親友だったビートルズのジョージ・ハリスンと共作した曲として有名です。まさかこの曲を聴くことができるなんて思ってもいなかったので最高でした。大満足です。ビートルズ風な曲でいいですね!(笑)

クリーム (エリック・クラプトン) 『バッジ』

 

同じく後半のエレキパートの曲 『クロスロード』。 80年以上前の曲で古典的ブルースの定番曲です。クリーム時代にクラプトンがロックバージョンにアレンジ。その後ヒットしクラプトンは一躍有名になりました。今回のライブでは、少しスローにして演奏していました。衰えをしらないクラプトンのギターソロは素晴らしかったです。

クリーム (エリック・クラプトン) 『クロスロード』

 

ライブ最後の曲は 『いとしのレイラ』 でした。やっぱりこの曲は外せないです。1万人の観客が総立ちになり、手拍子足拍子で 「レイラー!」 の掛け声とともに右手を突き上げるお決まりのポーズで大いに盛り上がりました。良かったです。大満足でした。

エリック・クラプトン 『いとしのレイラ』

|

2023年2月20日 (月)

山下達郎 PERFORMANCE 2022 (岩手県盛岡市)

先週、盛岡市で開催された山下達郎さんのライブに行ってきました。去年の7月に達郎さんがコロナに感染してしまい延期されていた振替公演です。なぜ仙台ではなく盛岡なのか??というと、仙台公演も山形公演も全部抽選で外れてしまい、 「チケットをご用意する事ができませんでした。」 の連続でした。唯一当選したのが盛岡公演だったのです。しかも、なんと幸運なことに席は、前から3列目というの絶好のポジションでした。

印象的だった曲は 大滝さんのカバーで 『君は天然色』。 この時は凄かった。イントロが始まったとたんに 「おおー!」 と歓声が上がり拍手の嵐。演奏が終わってからも拍手が鳴り止まない状態。これには、達郎さんも驚いた様子で、「さすが、大滝さんの地元岩手!凄い! わたくしの母は仙台の出身ですが、母の曽祖父先祖は大滝さんと同じ奥州市に住んでいたことが最近分かりまして、そのためか、昔から顔も声も大滝さんと似ているとよく言われておりました!(笑)」 と話していました。これには観客一同大爆笑!

それから オープニングの 『SPARKLE (スパークル) 』 。 イントロを聴いた瞬間に、ブラックホールのように瞬時にしてでライブ空間に引き寄せられてテンションマックス状態。やっと達郎さんのライブに戻ってきたんだと思い嬉しくなりました。

次に、ラスト40分くらいに開催されるノリノリのディスコタイム、ダンスタイムの一曲目  『BOMBER  (ボンバー) 』 。 一流ミュージシャンを揃えたバンドメンバーのソロパートがふんだんに盛り込まれ、それぞれが競うように次第に演奏が激しくなって行く。最高にかっこよかったです。

最後に 『さよなら夏の日』。 夏の夕暮れを思わせるステージをバックに、ギターを置いてマイクを手に持ちステージを歩きながら歌う姿は珍しいと思いました。達郎さんの優しく澄んだ声が響いて心地よかったです。

おまけとして、なんと岩手県限定の曲として、大滝さんの 『ブルー・ヴァレンタイン・デイ』 をキーボードの弾き語りで演奏しました。いやー、これには驚きました。盛岡公演で良かったと思いました。達郎さんは、 「大滝さんの曲のなかでは、昔からけっこう好きな曲で、今週がバレンタインデーだがらこの曲にした。」 と話していました。しみじみと聴き入りましたね。

シティポップが世界的に注目される中、多数の若い人も来ていました。もちろん圧倒的に多いのは50代~60代の方ですが。MCで達郎さんが 「初めて参加した人は?手を上げて!」 と問うと意外なほど多くの人が手を上げました。これにはビックリ。70歳になってもなお若いファンを増やしながら精力的にライブを続けていることは、マジにすごいことだと思いました。達郎さんは、「コロナに感染した後は、大好きだった酒を止めた。75歳~76歳くらいまではライブを続けたい。」と話していました。体調管理を万全にして無理のない範囲で、今後もライブ活動やアルバム制作を続けてほしいと思いました。

Img_33897

会場となった岩手県民会館大ホールにて

既にグッツ売り場は長蛇の列

Img_33947

会場にて

今回のツアーでは、追加公演を含めてなんと48本のライブを行ったそうです。

Img_e33967

パンフレットより

達郎さん、かっこいいです。とても70歳には見えません!(笑)

 

山下達郎 カバー 『君は天然色  (大滝詠一) 』

 

山下達郎  『SPARKLE (スパークル) 』 

 

山下達郎 『BOMBER (ボンバー) 』

 

山下達郎 『さよなら夏の日』

 

大滝詠一  『ブルー・ヴァレンタイン・デイ』

|

2022年9月16日 (金)

「仙台定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」 (仙台市青葉区)

9月10日 (日) に、三年ぶりに開催された 「仙台定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」 に行ってきました。天候にも恵まれて暑いくらいの陽気。どの会場にも大勢の観客が訪れていて大混雑状態。思わず体がスウィングしたくなるようなホットでジャジーな音楽を楽しんできました。良かったです。

今回は、規模が大幅に縮小されて、7ステージのみの開催となりました。しかも、出演者は、98バンドに絞り宮城県在住者に限定したとのこと。 いつもですと、18ステージで270以上のバンドが出演し、ケヤキ並木の定禅寺ストリートには、いたるところにステージが並び、熱気に満ち溢れ、様々な音楽が響きわたっていました。買い物をしている人たちも、ふらっと立ち寄って音楽に聴き入っていました。こんな街角で音楽を奏でることがプレーヤーにとって最高の喜びとなっていたのでしょう。でも、まあ、今回はしょうがないですね。

Img_22707

パンフレットより  

「仙台定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」 は、今年の開催で第31回を数えます。

杜の都仙台が再び音楽で包まれる! 「仙台定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」 が10日、11日、3年ぶりに帰ってくる!  いやー、本当に長かったです。

1991年の街角で誕生した「仙台定禅寺ストリート ジャズ フェスティバル」  残念なことに、コロナの影響で2年続けて中止になってしましました。2011年3月に起きた東日本大震災の年でさえ、全国各地からの支援を受けて開催することがてきたのです。ジャズフェス実行委員会の方々は、さぞかし無念だったろうと思います。今年は、何とか開催できて本当に良かったと思いました。

Img_22457

勾当台公園野外音楽堂ステージにて

結成20年、仙台ではけっこう有名なロックバンド 「ペイジ」   いやー、10数年ぶりにライブを観ました。バンドのメンバーは、けっこういい年になってると思いますが元気ですね!! 勾当台公園野外音楽堂のステージでは、ロックやアコースティック系のバンドが演奏していました。

ライブ動画をどうぞ!

 

Img_22347

仙台を中心に活動するインディーズ ガレージロックバンド 「workhaholic syndrome」

多数を占める団塊の世代のおじいちゃん、おばあちゃんたちも元気にリズムをとって観てました。いやー、驚きましたね。

ライブ動画をどうぞ!

 

Img_e22327

被災地 気仙沼市から来た、ビートルズのコピーバンド 「ビートラズ」

団塊の世代の方たちが多かったので 「ビートラズ」は、大いに受けました。立って踊り始めたおじいちゃんもいましたね。やれやれです。(笑)

ライブ動画をどうぞ!

 

Img_e22577

メインの勾当台公園市民広場ステージにて

ここには、午後から行ったのですが大混雑状態でした。入口付近は長蛇の列。45分くらい待ってやっと入ることができました。やれやれ!

仙台の老舗アマチュアビックバンド 「スウィンキング・ハード・オーケストラ」 通称「SHO」  なんと、このバンドは、1991年の初開催から連続で出場しています。

熟練の演奏をどうぞ!!

 

Img_e22547

東北大学ビックバンド サークルの 「ニュー・フォレスト・ジャズ・オーケストラ」 通称  「NFJO」   大学のビックバンドコンテストで、エントリーした30バンド中、なんと5位入賞したというプロ並みのテクニックを誇るビックバンドです。特にキーボード奏者が素晴らしいとか。フレッシュな演奏をどうぞ!!

|

2021年11月 9日 (火)

風街オデッセイ2021 (東京都千代田区)

11月6日(土)~11月7日(日)と一泊で 「風街オデッセイ2021」 のコンサートを観に東京に行ってきました。最大の目的は、松本隆、細野晴臣、大滝詠一 (2013年死去) 、鈴木茂によるバンド 「はっぴいえんど」 のライブを観るためでした。

松本隆の作詞家生活50年を記念した武道館でのコンサートで 「はっぴいえんど」 が36年ぶりにステージに上がった!!

Img_99227

コンサートは、ナイアガラトライアングルVOL2の 「A面で恋をして」 (作詞 松本隆、作曲 大滝詠一) で始まった。

シンナイアガラトライアングル (鈴木茂、伊藤銀次、杉真理) では、大滝詠一のパートを鈴木茂が歌い、佐野元春のパートを伊藤銀次が歌いました。いやー、良かったです。オープニングから大感激しましたね。 ちなみに、ナイアガラトライアングルVOL1のメンバーは、山下達郎、伊藤銀次、大滝詠一、ナイアガラトライアングルVOL2のメンバーは、佐野元春、杉真理、大滝詠一です。

Img_99277

武道館内の様子。ほぼ満席状態でした。

今回のコンサート「風街オデッセイ2021」には、伊藤銀次、稲垣潤一、太田裕美、杉真理、吉田美奈子、横山剣、南佳孝、鈴木慶一などなど20組以上のミュージシャンが参加しました。

Img_99937

パンフレットより。 ラストが 「はっぴいえんど」 の復活ライブでした。

1曲目がアルバム  「風街ろまん」 から ロック色の強い名曲 「花いちもんめ」 (作詞 松本隆、作曲 鈴木茂) 、2曲目は、アルバム 「はっぴいえんど」 (通称ゆでめん)  から名曲中の名曲 「12月の雨の日」 (作詞 松本隆、作曲 大滝詠一) 、ボーカルは、今は亡き大滝詠一の代わりにサポートメンバーの鈴木慶一が担当、3曲目は、アルバム  「風街ろまん」  から情緒的で幻想的な名曲 「風をあつめて」 (作詞 松本隆、作曲 細野晴臣) でした。細野さんの朴訥なボーカルが良かったです。

大変嬉しい「はっぴいえんど」の復活でしたが、演奏は3曲のみでしたので少しもの足りなさを感じました。でも涙がでるくら感激しました。良かったです。 

Img_99917

同じくパンフレットより。

細野さんによると、今回のコンサートのために必死でドラムを練習したそうです。けっこう様になってましたね。(笑)

Img_00027

右が名盤 「風街ろまん」 (1971年) のアルバムジャケット、左が36年前  (1985年)  に再結成したときの企画アルバムジャケットです。

アルバム 「はっぴいえんど」 (通称ゆでめん)  から名曲中の名曲 「12月の雨の日」  (作詞 松本隆、作曲 大滝詠一) 

曲も詞もギターも最高です。特に松本隆の詞は、曲全体に孤独感を漂わせていて凄みがあります。とことん際立ってますね。本人曰く、この 「12月の雨の日」 が本格的な作詞のデビューだったというのですから驚きです。皆さんも聴いてください。

|