’22~’23 スキー・スノーボード

2023年5月 2日 (火)

栗駒山 (宮城県栗原市)

4月28日、冬季通行止めが解除されイワカガミ平まで通行可になったため、早速栗駒山に行ってきました。今回はオマケということで、トレッキング&スノーボードです。この日は、ほぼ快晴で風もほとんどなく汗ばむくらいの陽気。約2年ぶりだったボードを背負ってのハイクアップは、けっこう体に負担がかかり厳しいものでした。しかし、山頂からの至福のスノーボードランを思い浮かべると、俄然元気が出てきて厳しさが楽しさに変わって行きました。 疲労度マックス状態でしたが、最高のトレッキング&スノーボードができました。大満足です。帰りは、ハイルザーム栗駒の温泉に入って疲れを癒して遅いランチをいただいてきました。
  
イワカガミ平駐車場 (9:10発) →中央コースを進む→栗駒山山頂 (11:20着)  山頂 (11:50発) →新湯沢の手前までスノーボードで滑走→中央コースまで登り返してイワカガミ平の駐車場へ (13:10着)

Img_38697

中央コース中間付近から月山 (1,980メートル) を望む

新湯沢コースの雪原を登る予定でしたが、雪が非常に少なく、ブッシュだらけになっていたので登ることは不可能でした。

Img_38717

山頂が見えてきた。見ての通り、まだ4月下旬だというのに雪が非常に少ない状態でした。

Img_38897

中央コースをしばらく登って行くと、山頂へと続く広大な雪原が現れます。

Img_38837

一歩、一歩 ゆっくり確実に登ります。 人生は、重荷を負いて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。(笑)

Img_38907

山頂直下にて  後方の山は焼石岳 (1,548メートル) 

なぜか、一緒に登ることになった石巻市から来たという話好きのおじさん。一方的に話しかけられて、一人でしゃべっていて、いつの間にか一緒に登っていましたね。(笑)

Img_38877

山頂直下の急斜面   山頂は、もうすぐだ!

ここを一気に下まで滑る。至福の時は、もうすぐだ!

Img_38957

栗駒山山頂にて

もうしんどいハイクアップは終了。あとは至福のランが待っているだけ。水をたっぷり飲んで、おにぎりを食べ 缶コーヒーを飲んで 休み至福の滑走に備える。今回は、スノーボーダーがわたくし1人、スキーヤーが2人、一般登山者10数人という感じでした。

Img_38967

滑走終了地点から栗駒山山頂を望む

山頂からここまで一気に滑ってきました! 山頂直下から南東斜面にドロップ。落とし過ぎないように、トラバース気味に滑って広大な斜面にでる。登山者の足跡でデコボコになった斜面を避けて、柔かいザラメ状態の斜面をロングターンでゆっくりと爽快に滑る。いやー最高。正に至福の時でした。大満足です。本来なら山頂からイワカガミ平の駐車場までは、スノーボードで滑って行くことができるのですが、今シーズンは雪が極端に少なかったので不可能でした。 まあ、しょうがないですね。

Img_39007

山頂でコンビニおにぎりを食べたのですが、猛烈に腹が減ってきたので温泉に入ったあとにレストランで、ざるそばとミニ天丼のセット (1,100円) をいただいてきました。そばの量に驚きましたね。仙台だったら間違いなく「大盛り」でした!(笑)

|

2023年4月27日 (木)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市)

先週の土曜日に夏油高原スキー場に行ってきました。なんと、今シーズンは、明日の日曜日でクローズとのこと。滑っている人は多かったのですが、終焉ムードが色濃く漂い寂しいかぎりでした。(涙) この日は、寒気が入り込んだため強風でハイシーズン並みの寒さ。滑ることができるコースは一本のみ。雪質はザラメ状でまずまずでしたがコース状態は最悪でした。しかし、何とかシーズンラストのスノーボードランを堪能することができました。良かったです。 夏油高原スキー場は、「雪の王国夏油」 と言われるように他の追随を許さない圧倒的な積雪を誇り、余裕でゴールデンウイークまで滑ることができます。しかし、今年はご覧の通りでした。地球温暖の影響でしょうか? 全くやれやれです。
春スキー・スノーボードのシニア5時間券 (3,800円) を購入して、9時30分過ぎから14時頃まで滑ってきました。

本日の累計滑走距離は、第一ゴンドラで行く全長1,800メートルのA1コース を4本で 7,200メートルでした。少しセーブしたので足腰のダメージも少なく、痛みも思ったほどありませんでした。良かったです。

Img_38377

ベースにて 

ご覧の通りの惨状です。 本来なら4月上旬でとっくにクローズなのでしようが、スタッフの方々の努力でなんとか1コースのみトップからベースまで滑るできました。

Img_38487

ベース付近にて

ご覧の通りの長い人口の雪道が作られていました。これで何とかラインがつながっている状態。

Img_38447

A1コース中間付近

コース中間から下にかけては、ほとんど雪が消えた状態でした。

前回はスキーヤーでしので、今回はスノーボーダー。

Img_38517

ゴンドラから撮影

例年通りですと雪にすっぽりと覆われているのですが、今回は完全な「沢」になっていました。やれやれ。

Img_38557

A1コース上部付近

この辺りは、まだ豊富に雪はありました。

Img_38397

A1コース 滑り出し付近にて

Img_38497

本日のランチは、冷やしざる中華の大盛り (1,100円) をいただいてきました。寒かったのですがメニューを見ていたら、なぜか冷たいものが食べたくなってこれにしました。美味かったのですが、さすがに食べた後は体が冷えてきたので、熱々のホットコーヒーもいただきました。(笑)

|

2023年4月14日 (金)

月山スキー場 (山形県西川町)

4月11日 、オープン初日の月山スキー場に行ってきました。当初のオープン日は10日だったのですが、9日に大雪が降ったため 11日に延期されていました。スタッフの皆さんは除雪作業で大変だったそうです。 この日は、ほぼ快晴でしたが風が強くてハイシーズン並みの寒さ。ゲレンデは、降り積もった新雪を圧雪した最高のグルーミングバーン。カービングターンやりたい放題でハイシーズン並みの滑りができました。大自然のままの雪山の景観も堪能できて大満足の一日でした。 ただ、駐車場代金が 500円から1000円に値上がりしていたのにはがっかり。でもまあ、「月山環境整備保全費や安全対策費、受入対策費などが高騰したため」 とのことなのでしょうがないですね。

初滑り特別1日券 (3,500円) を購入して、8:45~12:30分頃まで滑ってきました。帰りは、いつものように 「道の駅にしかわ」 の温泉 (水沢温泉) で汗を流そうと思い 寄ったら、なんと改装工事のため休業中でした。これにはがっかりしましたね。

本日は、全長1,300メートルの沢コースを4本と全長500メートル~600メートルのオープンゲレンデ大斜面を4本 で、累計滑走距離は8,500メートルでした。腰がかなり痛いです。やれやれ (笑)

Img_37177

月山リフト下駅 (スキー場) はもうすぐだ!!

駐車場からスキー場までは、スキーを担いでハイクしなければなりません。滑る前からけっこう疲れます。(笑) 

前回はスノーボーダーでしたので今回はスキーヤー!

Img_37277

月山リフト乗り場付近

凄い雪です。数日前まで月山リストは雪の下でした。

Img_37327

月山リフト降り口付近 正面は姥ケ岳 (1600メートル) 

定番の写真です。姥ケ岳にハイクアップするスキーヤー、スノーボーダーが多かった。

Img_37457

沢コース 滑り出し付近にて

圧倒的な積雪量。圧倒的な雪の大斜面。優に7メートル~8メートルの雪が積もっているでしょう。

Img_37367

月山リフト降り口付近 後方は朝日連峰

オープン初日ということもあり、親子のスノーボーダーがテレビの取材クルーにインタビューを受けていました。

Img_37357

沢コース滑り出し付近から、朝日連峰を望む。

Img_37397

広大なオープンゲレンデの急斜面をショートターンで一気に滑る。疲れて息が上がり、終盤、身体を投げ出して休憩。歳ですね。かなり腰が痛いです。(笑)

Img_37487

特製中華そば+半ライス+温泉卵 (1,200円)

月山下駅の食堂は、オープン初日で混雑状態。そのため、早々に切り上げて「道の駅にしかわ」 のレストランで遅いランチを頂いてきました。特製中華そばは、美味かったです。山形のラーメンには、なぜか必ず漬物が付きますね! (笑)

|

2023年4月 8日 (土)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

4月4日 、天元台高原スキー場に行ってきました。この日は、朝のから暖かく、米沢市の最高気温も17度くらいになるとの予報。なんと5月上旬の陽気。滑っていると汗が噴き出してきました。春スノーボードというよりも初夏スノーボードという感覚。でもまあ、年寄にとって暖かく雪が柔らかいのは何よりです。最高の春スノーボードができました。気分爽快。大満足です。

暖かくなって雪が緩んでバーンが荒れた状態でも、ロッカータイプのスノーボードですと快適に滑ることができます。荒れてもこもこ、でこぼこ状態のバーンでも少ない力でボードをコントロールすることができるからです。

この日は平日でたが春休みということもあり、家族連れのスキーヤーや高齢者のスキーヤーが多く来ていました。スノーボーダーは、完全に少数派でした。スキーヤー 8に対して、スノーボーダー 2という感じでした。天元台高原は、スキーヤーに人気のスキー場です。 シニア5時間券 (3,800円) を購入して、9時30分過ぎから14時00分頃までスノーボードで滑ってきました。汗びっしょりになったので、近くの日帰り温泉 「白布温泉 森の館」 寄って汗を流してきました。

本日は、全長1,500メートルのつがもりゲレンデを4本、全長800メートルのしゃくなげゲレンデを5本、全長600メートルのしらかばゲレンデを5本で 累計滑走距離が13キロメートルでした。太腿痛とひざ痛が少しあります。やれやれ (笑)

Img_36367

しらかばロマンリフトにて

前回がスキーヤーでしたので、本日はスノーボーダー。 去年からスキーとスノーボードの二刀流を続けていますが、スキーは腰がけっこう痛くなり、スノーボードは太腿と膝が痛くなります。使う筋肉が違うのでしょうね。不思議です!(笑)

Img_36337

しらかばロマンリフトにて

ペアリフト三本を乗り継いで、標高1820メートルのトップへと向かう。

Img_36467

中間のしゃくなげゲレンデにある無料休憩所のホワイト

Img_36457

同じく中間のしゃくなげゲレンデにて

最高の春スノーボード日和でした。

Img_36497

最後のつがもりロマンリフトにて

トップはもうすぐだ!

Img_36427

標高1820メートルのつがもりゲレンデトップにて

正面右側が蔵王連峰。雪が極端に少ないのがよく分ります。

Img_36549

標高1820メートル、つがもりゲレンデ東側の滑り出し付近

いきなり30度の急斜面が展開する。この辺りは、柔らかい雪が豊富にあるので急斜面でも思う存分滑ることができます。

Img_36597

同じく標高1820メートルのつがもりゲレンデトップにて

正面が飯豊連峰。ご覧の通り雪がかなり少ないです。例年ですと、山全体が白一色で真っ白状態なのですが・・・なんか寂しいですね。

Img_36547

本日のランチは、味噌ラーメンとミニカレーのセット (1300円) をいただいてきました。なんと、このボリュームでミニカレーとのこと。驚きました。普段だったら絶対に食べられない量です。

|

2023年3月23日 (木)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市)

3月20日 、ネクスコ東日本のドラ割りウィンターパスを利用して、夏油高原スキー場に行ってきました。この日は、朝の最低気温はプラス6度と高く、日中の最高気温も18度くらいまでなるとの予報。滑っていると汗ばむくらいの陽気で最高の春スキーができました。暖かくなって雪が緩んでバーンが荒れてくるとスキーヤーにとっては、厄介になってきます。スキーは、接地面が少なく板が2本なので、バランスが取りにくく、コントロールが難しくなってきます。でもこの日は、柔らかく快適なバーン長く保たれたため爽快な春スキーができました。大満足です。

平日でしたが、若いスノーボーダーやスキーヤー、子供さんなどでけっこう混んでいました。ゴンドラ乗り場には列ができ、常に4人乗り状態。シーズン券を持った地元のスキーヤーやスノーボーダーが多かったです。シニア5時間券 (3,800円) を購入して、9時30分過ぎから14時30分頃までスキーで滑ってきました。天候は、曇りベースで時々晴れ微風。昼頃になると汗ばむくらいの陽気になってきました。まるでゴールデンウイーク頃に滑っている感じです。汗びっしょりになったので、スキー場内にある夏油高原温泉 「兎森の湯」 に入って汗を流してきました。スキー場内に温泉があるなんて最高です。素晴らしい! 

本日は、第一ゴンドラで行く全長1,800メートルのA1コース を3本、全長1,400メートルのB1コースを3本、全長1,200のA1コースを2本で、累計滑走距離が12キロメートルでした。太腿、腰がパンパンです。非常に疲れました。(笑)

Img_35717

A1コーストップにて

前回はスノーボーダーでしたので本日はスキーヤー。 去年からスキーとスノーボードの二刀流を続けていますが、滑るたびに新鮮な感覚があり楽しいですね。二刀流をやって良かったと思いました。

Img_35617

A1コース上部付近

少し晴れてきました。素晴らしい眺めです。

Img_35797

同じくA1コース上部付近

午前中は、ザラメ状の雪質でストレスなく快適に滑ることができました。カービングもやりたい放題!(笑)

Img_3590

A1コース下部付近

ベースのスキーセンターを望む

Img_35757

3本くらい滑ったら暑くなって、疲れてきたのでカフェでしばし休憩。火照った身体には、アイスコーヒーがよく似合う!

Img_35887

A-1コースから尾根伝いにB-1コースへと向かう

ご覧の通り、今年は雪が非常に少ないようです。スタッフの人に聞いたら、今年は去年より1メートルくらい少ない とのこと。当然、ゴールデンウイークまではとても持たないそうです。このままだと、4月の上旬にはクローズになるかもですね。やれやれ。

Img_35737

B-1コース滑り出し付近

このコースは、30度の急斜面が2ヶ所あるので滑っている人は極端に少ない感じでした。急斜面は、スノーボードよりもスキーの方がビビることなくスムーズに滑り降りることができます。

Img_35857

本日のランチは、グリルチキン&骨付きソーセージカレー (1,280円) をいただいてきました。体を動かすと空腹感が増すので、このボリュームは嬉しかったです。

|

2023年3月14日 (火)

黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングル (山形県東根市)

3月10日 、仙台からも近い黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャングルに行ってきました。山形でも朝の最低気温はプラス4度で、日中は気温は19度くらいまで上昇。暑いくらいの陽気で最高の春スノーボードができました。暖かくなって雪も緩んできて、年寄には最高の春スキー・スノーボードシーズンになってきました。しかし、花粉症のわたくしにとっては、厄介な季節でもあります。(笑)

平日でしたが、若いスノーボーダーやスキーヤー、雪上訓練の自衛隊員など多くの人が訪れていました。ここは、スノーボーダーに人気のスキー場なので、自衛隊員の方を除くとスノーボーダー7、スキーヤー3 という割合でした。 シニア5時間券 (3,800円) を購入して、9時30分過ぎから14時30分頃までスノーボードで滑ってきました。天候は、快晴で微風。昼頃になると汗ばむくらいの陽気になってきました。まるでゴールデンウイーク頃に滑っている感じです。汗びっしょりになりながらも爽快なスノーボードができました。良かったです。大量の汗をかいたので、帰りは 地元のさくらんぼ東根温泉にある「こまつの湯」 に寄って汗を流してきました。 

全長1,800メートルのE2コース を5本、全長500メートルの中央コース を4本で、本日の累計滑走距離は 11キロメートルでした。

Img_35167

ベースのジャングルプラザ

Img_35107

E2コース中間付近にて 黒伏山の景観が素晴らしい!   

本日は、スノーボード。気温が上がり春特有の重い腐れ雪状態になってくると、ロッカータイプのスノーボード (ロッカーボード) がピッタリフィットします。

Img_35137

とにかく暑かったので、アイスコーヒーを注文してジャングル・カフェでしばし休憩!

Img_35047

中央コース滑り出し付近

本日は、冬季限定訓練 (スキー訓練) のため多くの自衛隊員の方が来ていました。女性隊員が、10キロくらいありそうなザックを背負いスキーで滑っていたのには驚きました。いやー、素晴らしいです。

Img_35077

E2コーストップ、滑り出し付近にて

全長1,800メートルのロングコースなので、雪質の変化が激しく滑るのに苦労しました。上部がハードバーン、中間部が柔らかめの快適バーン、下部が春特有の重い腐れ雪という感じでした。

Img_35237

ベースにあった 「かまくら」 

季節外れの陽気のせいで融けだし かなり縮小していました。

Img_e35197

本日のランチは、山形県発祥の辛子味噌ラーメン (1,000円) とのり巻き (500円) をいただいてきました。食べてるうちにとんでもなく暑くなってきて汗びっしょり状態。やれやれ (笑)

|

2023年3月 1日 (水)

赤倉温泉スキー場 (山形県最上町)

2月26日 、仙台からも簡単にアクセスでき宮城県境にも近い赤倉温泉スキー場に行ってきました。朝方は氷点下の寒さでしたが、日中は気温も上がり気分爽快にスキーができました。だんだん暖かくなり年寄には最高の春スキー・スノーボードシーズンになってきました。(笑) 日曜日ということもあり、家族連れのスキーヤー、スノーボーダーが多く訪れていました。

赤倉温泉スキー場は、国体コースもありスキーヤーにフィットしたスキー場なので スキーヤー7、スノーボーダー3という感じでした。シニア4時間券 (2,500円) を購入して、9時30分過ぎから13時30分頃までスキーで滑ってきました。天候は、曇りベースで微風。昼頃になると晴れてきて暖かくなり、爽快なスキーができました。良かったです。帰りは、宮城県 鳴子温泉郷の一つ中山平温泉の 「しんとろの湯」 に寄って疲れを癒してきました。 「しんとろの湯」 は、日曜日ということで大混雑状態。なんか、疲れを癒すどころか、さらに疲れた感じがしました。やれやれ。(笑)

本日は、全長1,200メートルの国体コース を3本、全長900メートルの中央ゲレンデコース を5本で 累計滑走距離は 8,100メートルでした。

Img_34587

ベースにて

ここには、食堂やレストハウス、レンタルショップ、チケット売場などが並んでいます。

Img_34617

中央ゲレンデトップにて

朝方は、バリバリ、ガリガリのグルーミングバーンでした。足腰に負担がかかりちょっと滑っただけで、息が上がってしまいました。年齢的なものもあるのでしょう!(笑)

Img_34467

2~3本滑った後、第二ペアリフトに乗って国体コーストップに向かう。

Img_34647

標高約800メートルの国体コーストップにて

素晴らしい大パノラマ。月山や栗駒山も綺麗に見えました。

Img_34557

同じく国体コーストップにて

いきなり33度の急斜面がお出迎え。バリバリの硬いバーンなのでビビッてしまいます。急斜面と緩斜面が交互に出現し、斜面変化が激しいので一気に滑るには、かなり厄介でした。

Img_34697

国体コースの急斜面にて  右上に小さくスキーヤーが見えます。

慎重に滑っていたのですが、ターンするときエッジを引っかけて転倒してしまいました。やれやれ(笑)

Img_34637

本日のランチは、赤倉温泉スキー場で一番人気の 「ホットスノーラーメン大盛」 (900円) をいただいてきました。豚骨スープとバターは、本当によく合います。体が温まりました。 山形県なので? なんと、漬物が付いてきます。(笑)

|

2023年2月14日 (火)

星野リゾート アルツ磐梯スキー場 (福島県磐梯町)

2月9日 、1泊で星野リゾート アルツ磐梯スキー場に行ってきました。寒波の底は脱していたようでしたが、強風で気温マイナス8度と極寒の寒さ。対策としてヒートテックの肌着と厚いインナーを着込み、ホッカイロを2枚背中に貼りました。これが大正解。リストに乗っていても暖かくて快適でした。 スノーボーダーの聖地と言われるアルツ磐梯には、平日にもかかわらず多くのスノーボーダーが訪れていました。スノーボーダー7、スキーヤー3という感じです。シニア1日券 (4,700円) を購入して、10時過ぎから15時過ぎまでスノーボードで滑ってきました。 天候は、ご覧の通り。視界はまずまずでしたが終日曇りで時折吹雪く状態。磐梯山も何も見えませんでした。しかし、雪質は最高なのでストレスなく最高のスノーボードランができました。

本日の滑走は、アルツエクスプレスで行く1番人気のズナイ1・2コース (全長2,400メートル) を4本、ホワイトバレーペアリフトで行くホワイトバレーコース (全長800メートル) を2本。累計滑走距離は 11,2キロメートルでした。

Img_33537

奥のホワイトバレートップ付近にて  今日は、約1ヶ月ぶりのスノーボーダー。

ここからは、急斜面が展開するので滑っているスノーボーダー、スキーヤーは少ないようでした。

Img_33517

同じくホワイトバレーのトップにて   

風が強く酷寒の地と化していた。

Img_33407 

アルツエクスプレス降り口付近にて

磐梯山も猪苗代湖の眺望もダメ状態。モノクロームの世界が展開していた。

Img_33468

ズナイ1・2コース上部付近

前方左側に猪苗代湖が見えるはずなんですが、ご覧の通りでした。

Img_33378

ズナイ1・2コーストップ付近にて

親子のスノーボーダー。子供さんは、まだスノーボードができないらしく お父さんが抱っこして滑っていました。ちょっと怖い感じがして、冷や冷やしながら見ていましたね。

Img_33427

ベースにて

一番人気のアルツエクスプレス クワットリフトは、平日にもかかわらずけっこう並んでいました。

Img_33317

ベースにて

この日は、スキースクールが開催されていて、地元会津若松市から多くの生徒さんが来ていました。

Img_e33497

本日のランチは、「醤油ラーメンとミニ高菜明太子丼のセット」 (1,350円) をいただいてきました。寒いときの熱々ラーメンは最高ですね!

|

2023年2月 1日 (水)

みやぎ蔵王えぼしリゾート (宮城県蔵王町)

1月27日 、全面滑走可能になったみやぎ蔵王えぼしリゾート に行ってきました。寒波の底は脱していましたが、気温マイナス7度と寒く滑っていても全く身体は温まりません。年寄には辛いですねー!(笑)  平日にもかかわらず多くのスキーヤー、スノーボーダーが訪れていました。スキーヤー7、スノーボーダー3という感じです。相変わらずえぼしは、スキーヤー天国。シニア5時間券 (3,500円) を購入して、9時30分過ぎから14時頃までスキーで滑ってきました。天候は、曇りベースで弱風。標高の高い石子ゲレンデは猛烈な寒さ。寒さに震えながらも爽快なスキーができました。良かったです。帰りは、いつものように遠刈田温泉の 「さんさ亭」 に寄って冷え切った身体を温め疲れを癒してきました。

本日の滑走は、雪質の良い石子ゲレンデコース  (全長500メートル) を10本、ゴンドラで行く石子ゲレンデ~ジャンボコース (全長3,000メートル) を2本。累計滑走距離は 11キロメートルでした。

Img_32297

ゴンドラを降りるとすぐ目の前に広がる石子ゲレンデ

距離は短いですが、なんと幅は100メートルもあります。

Img_32317

本日はスキーヤー。約1ヶ月ぶりのスキーです。

石子第2ペアリフトに乗っていざ出陣!

Img_32337

石子ゲレンデトップにて

幅が100メートルもあるので、縦横斜め縦横無尽に滑り尽くせます。

Img_32367

石子ゲレンデ中間付近にて

グループでスキーをする方も多く来ていました。

Img_32357

石子ゲレンデリフト乗り場付近にて

20代~30代の若いスキーヤーも多く見掛けました。若いスキーヤーもどんどん増えてほしいですね。

Img_32377

ゴンドラ内にて

全長3,000メートルのジャンボコースを2本滑りましたが、コースの半分強はバリバリ、ガリガリのハードバーンでスキーでも息が上がり、足腰が痛くなってきます。スノーボードではとても滑れないと思いました。やれやれ!

Img_e32437

本日のランチは、石子ゲレンデのレストラン 「かもしか」 で、味噌ラーメン (1,000円) と牛タンの利久で作っている 「牛タン入りカレーパン」 (500円) をいただいてきました。 牛タン入りカレーパンは、高いだけあってかなり美味かったです。もう1個食いたいなー!?と思いました。(笑)

|

2023年1月19日 (木)

安比高原スキー場 (岩手県八幡平市)

1月16日(月) 、去年に引き続きホテルに一泊して安比高原スキー場に行ってきました。 天候は、比較的暖かく無風。曇りベースで時折晴れ間がのぞく絶好のスノーボード日和。雪質は、安比特有のパウダースノーを圧雪した最高のグルーミングバーン。ザイラーコースのサイドカントリーには、無圧雪のパウダーバーンが展開していました。休憩時間を多めにとり、ロングコースのクルージングを目いっぱい堪能してきました。大満足です。シニア1日券を購入して10時30分~15時30分過ぎまでスノーボードで滑ってきました。

安比ゴンドラで行く全長3,000メートルのハヤブサコースを3本、高速クワットで行く全長1,600メートルのザイラーコースを3本で、本日の累計滑走距離は 13,8キロメートルでした。やれやれ かなり疲れましたね。(笑)

Img_31567

ベースにて

リゾート安比の象徴、「ANAクラウンプラザホテルリゾート安比高原」 (旧 ホテル安比グランド&タワー)。レモンイエローの外観が雪面に良く映えます。

Img_31707

全長2,900メートルの安比ゴンドラ乗り場付近

平日にもかかわらずかなり混雑していました。

Img_31647

安比ゴンドラに乗って標高1,305メートルの前森山山頂へ一気に登る。ワクワクしますね!(笑)

Img_31937

全長3,000メートル、安比のメインゲレンデ ハヤブサコース滑り出し付近

いきなり30度の急斜面が展開する。最初の一本は、ちょっとビビります。(笑)

Img_31827

前森山トップにて

安比高原スキー場は、こんな感じで国内最大級。なんと、総面積は280ヘクタール (東京ドーム60個分) もあり、全21コースの総延長は50キロメートルにもなるそうです。凄いですね!

Img_31617

ザイラーコース上部付近

こちらも上部は30度の急斜面が展開しますが、雪質がいいのでショートターンで爽快に滑り降りることができます。

Img_31867 

前森山 山頂付近にて

岩手山 (2,038メートル) を望む

Img_31907

同じく前森山 山頂の展望台にて

この日は、横浜市から来たという中学生のスキースクールが開催されていました。安比のホテルに連泊してのスキースクールなんて最高ですね。

Img_31727

本日のランチは、麺工房 創源の 「安比スタミナ担々麵」 (1,300円) をいただいてきました。見た目通り充分辛ったですが美味かったです。

|