« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

2024年5月13日 (月)

吉野ケ里歴史公園 (佐賀県吉野ケ里町)

九州旅行4日目、最終日は、一泊した諫早市のホテルルートイン諫早インターを8時過ぎにに出発し、最後の目的地 佐賀県吉野ケ里町の 「吉野ケ里歴史公園」 に向かう。 諫早インターから長崎自動車道を通り、ホテルからのんびり走って約1時間40分くらいの距離。

吉野ケ里遺跡は、日本最大級の弥生時代の遺跡・集落で国の特別史跡に指定。弥生時代の環濠集落遺跡を公園として整備し、一般公開しています。物見やぐらや巨大な祭殿、竪穴式住居など、発掘調査後に復元された建物が見学できます。 古代の生活にふれてみよう!(笑)

吉野ケ里歴史公園を見学後、福岡に戻りレンタカーを返却。その後、送迎バスで福岡空港に行き お土産を購入。16時30分発 仙台空港行のアイベックス017便に搭乗し九州に別れを告げた。

Img_71147

北内郭 (きたないかく)

周囲を環濠と城柵で厳重に囲まれた支配者たちの居住区。敷地内への侵入者を監視するために建てられた物見やぐらが立っていた。争い事や戦争が絶えなかったのでしょう。物々しい雰囲気が漂っていて、当時の緊張感が伝わってくる。実際に物見やぐらに上ってみると、すこぶる見晴らしがいいので驚いてしまいました。

Img_71187

物見やぐらからの眺望

この場所で、暇そうにしていた おばあちゃんボランティアの説明・解説をじっくりと聞くことができました。 その説明によると、 「吉野ケ里歴史公園は、東京ディズニーランドと同じくらいの広さである。この場合は、王族などの支配者たちの住まいがあったところで、立派な縦穴式住居が多く発掘された。環壕の内部だけで約1,200人、吉野ヶ里を中心とするクニ全体で約6000人くらいの人が暮らしていた。現在は約20キロの距離だが、当時、有明海までは 2~3キロの距離だったので、豊富な海産物がもたらされた。」 とのこと。 なるほど、稲作だけでなく有明海でとれる豊富な海産物が吉野ケ里の人々の生活を支えた訳ですね。納得しました。 

説明が終わった後に、「どちらからいらっしゃったのですか?」 と聞かれたので 「仙台です。宮城県の仙台。」と答えたら、きょとんとした顔をして 「??」 だったので、 「あっ、東北です。東北の宮城県です。」 と言ったら、やっと分ってくれました。九州の人にとって 「仙台とか宮城県」 と言っても分からない人の方が多いですよね?(笑)

Img_71297

北内郭の巨大な祭殿

ここは、吉野ケ里遺跡の中で最も重要な場所。まつり事や祭祀が行われていた神聖な場所でもあります。巨大な祭殿をはじめ、9棟の重要な建物が復元されいた。

Img_71337

祭殿内にて

祭殿の内部では、司祭者・巫女が先祖の霊に伺いをたてる様子を再現。まるで卑弥呼のようでした。

Img_71407

復元・保存された北墳丘墓

吉野ケ里環濠集落の歴代の王が埋葬されていた特別の墓。出土した甕棺 (かめかん) の中からは、国宝級の有柄銅剣やガラス製の菅玉などが発見されています。

Img_71427

吉野ケ里史跡公園の最も北にある甕棺墓列 (かめかんぼれつ) 

発掘されたままの姿で復元・展示されていました。約500メートルに渡って広がる、約400基の甕棺は圧巻。その規模の大きさに圧倒されました。

Img_71247

広大な吉野ケ里史跡公園の案内板

東京ディズニーランドと同じ広さの史跡公園を、3時間くらいかけて歩きまわったのでけっこう疲れました。

Img_71167

史跡公園にある「吉野ケ里遺跡展示室」

吉野ケ里遺跡で出土した、土器や甕棺、銅剣、勾玉、管玉などが展示されています。遺跡を巡る前に、ここを見学した方がよかったかな?と思いました。展示室は、修学旅行の中学生で混雑状態。やれやれ。

Img_71497

昼食は、「古代貝汁御膳+コーヒー」 (1700円)

吉野ケ里の弥生人が食べていた食事をイメージした限定メニュー。 吉野ケ里歴史公園のレストランでいただいてきました。有明海産のアサリ汁、ムツゴロウの素揚げ、古代米・赤米のおにぎりなど、美味かったです。ムツゴロウは、初めて食べましたが、ハゼより遥かに美味でしたね。

|

2024年5月11日 (土)

グラバー園 ・旧グラバー邸 (長崎県長崎市)

大浦天主堂を見学後、徒歩でとなりにあるグラバー園に向かう。  

グラバー園では、長崎港を見下ろす高台に、世界遺産に登録された旧グラバー邸や居留地時代の面影が残る旧リンガー邸、旧オルト邸、旧三菱パドックハウスなど、復元・移築によって保存された洋風建築9棟を公開。テーマパークのような感覚で巡ることができます。

Img_70747

グラバー園入口

坂の街長崎のさらに高台にあるため、歩くのは大変ですが、所々に動く歩道というかエスカレーターが設置してあるので助かります。

Img_70857

重要文化財で世界遺産の旧グラバー邸

トーマス・グラバーが1863年に建てた、現存する日本最古の木造洋風住宅。屋根は伝統的な日本瓦で漆喰塗りの壁。アーチ型のベランダなど和洋折衷の造りが印象的で素晴らしい。 ここで、グラバーと息子の倉場冨三郎の二代が暮らしました。

Img_70887

グラバー邸のサイドには、当時としては珍しいサンルームがありました。

Img_70907

トーマス・ブレーク・グラバーの像

グラバーは、スコットランド出身のイギリス人で、21歳の時に来日してグラバー商会を設立し、造船や採炭、製茶などの貿易を通して日本の近代化に貢献。また一方で、武器商人としても暗躍し、蒸気船や軍艦、南北戦争で余った大量の武器・弾薬などを輸入して薩摩藩や長州藩に提供していました。この辺のところに坂本龍馬の 「亀山社中」 が絡んでくるのですが、ここには書きませんので興味のある方は、ネットで調べたり本でも読んでください。   薩長同盟の軍事力強化や明治維新の成功は、グラバーなしではあり得なかったと思っています。

Img_70837

グラバー園のトップにある三菱第2パドックハウス

パドックハウスの二階は展望フロアになっていて、庭園や長崎港が一望のもとに見渡せる。ちなみに、パドックハウスとは、外国船乗組員のための専用宿泊施設です。

Img_70797

パドックハウスの展望フロアから望む長崎港

正面が三菱の長崎造船所。天候にも恵まれて最高の展望が広がっていました。しばし見とれてしまう。

Img_70847

西洋料理発祥の地 「自由亭」

1863年、出島でコックとして働いていた草野文吉が、初めてここに西洋料理店・洋食専門店の 「良林亭 」 (後の自由亭)  を開店したとのこと。

Img_70917

グラバー邸あたりから望む長崎港

豪華クルーズ客船が停泊していました。右側のずっと奥の方が、先ほど行ってきた平和公園のある浦上エリアです。

|

2024年5月10日 (金)

大浦天主堂 (長崎県長崎市)

平和公園近くのカフェで遅い昼食をとった後、車で大浦天主堂やグラバー園のある南山手エリアに向かう。平和公園からからのんびり走って約20分くらいの距離。

国宝・世界遺産の大浦天主堂は、江戸時代末期の1864年に、在留外国人のために建てられた現存する日本最古の教会。江戸時代初期の1569年に、長崎で処刑された (殉教) した 「日本二十六聖人」 に捧げられた教会で、正式名称を 「日本二十六聖 殉教者聖堂」 といいます。昭和27年に国宝に指定。平成20年に 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 として世界遺産に登録。この美しい建物は、長崎のシンボルとなっています。

Img_70647 

国宝で世界遺産の教会 大浦天主堂

日本の大工が手掛けた屋根は、純和風の瓦ぶきになっているそうです。さらに正面の文字が 「天主堂」 となっていて、創建当時から隠れた日本人信者の存在を意識して、日本語で掲げられていたとのこと。

Img_70597

大浦天主堂  究極の美しさ。まさに秀麗!

ゴールデンウイーク前でしたが、修学旅行の生徒や外国人でけっこう混雑していました。

Img_70617

世界遺産 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 のプレート

「長崎県内に点在する、キリスト教禁教による宣教師不在の中の潜伏キリシタン信仰 (日本独自の宗教的伝統) 遺跡群が世界遺産としての価値がある。」 と認められそうです。

8987kjhv

大浦天主堂の内部  内部は撮影禁止でしたので こちらをどうぞ。

まさに、息を吞む美しさ。正面の 「十字架のキリスト像」 のステンドグラスや掲げられている宗教画の数々、さらに 聖母マリア像やフランシスコ・ザビエル像、最後の晩餐のレリーフなどなど、時間を忘れて見入ってしまう。本当に来て良かったと思いました。

Img_70717

キリシタン博物館になっている 「旧長崎大司教館」 (重要文化財)

Img_70707

同じく、キリシタン博物館になっている 「旧羅典 (ラテン) 紳学校」 (重要文化財)

大浦天主堂内にある、約200年以上になる日本のキリシタン史を伝える博物館。

Img_70677

キリシタン博物館にて  プティジャン神父のコーナー

二十六聖人の殉教 (処刑) の地を探しながら大浦天主堂を完成させた、フランス人のプティジャン神父。大浦天主堂の地下に眠っています。

Img_70737

同じくキリシタン博物館にて      長崎の元和の大殉教の絵 (1870年)

1622年、長崎で処刑されて55名の殉教の場面を描いたもので、元々は大浦天主堂に掲げられていたそうです。

Img_70997

教会と港を見下ろす祈念坂  

長崎港をバックに大浦天主堂の尖塔が見えます。 大浦天主堂の脇にあり長崎港が望めるエキゾチックな急勾配の坂道。明治時代にタイムスリップしたような感覚になります。下から登って行ったので、かなり疲れましたね。

Img_70977

祈りの三角ゾーン

祈念坂に沿って大浦天主堂 (キリスト教) 、大浦諏訪神社 (神道) 、大浦妙行寺 (仏教) があるため祈りの三角ゾーンと呼ばれています。

|

2024年5月 8日 (水)

長崎平和公園・原爆資料館 (長崎県長崎市)

九州旅行3日目は、一泊した柳川市のホテルルートイン柳川駅前を8時に出発し、憧れの地、長崎市に向かう。 有明沿岸道路から長崎自動車道を通り、ホテルからのんびり走って約2時間くらいの距離。

今回の旅行の最大の目的は、長崎市浦上エリアに点在する平和公園や浦上天主堂、原爆資料館、南山手エリアの大浦天主堂やグラバー園 (国宝・世界遺産) などをじっくり見学することでした。特に、長崎市の浦上エリアは、原子爆弾投下の中心部分になっていて、平和を学び、祈りを捧げるスポットが点在しています。戦争と原爆投下の真実にふれ、抑止力強化も含めて、戦争をしない、させないためにはどうしたらいいのかを真剣に考えながら、原爆犠牲者の冥福を祈ってきました。

Img_70157

平和公園にある平和祈念像

高さ9.7メートル、重さ30トンの この像は、長崎市のシンボルになっています。

Img_70547

平和の泉  正面に小さく見えるのが平和祈念像

この泉は、水を求めながら亡くなった原爆犠牲者の冥福を祈って造られたものです。碑文には、 「のどが乾いてたまりませんでした。水には、あぶらのようなものが一面に浮いていました。どうしても水が飲みたくて、とうとうあぶらの浮いたままのみました。」 と、ある少女の手記が刻まれています。手を合わさずにはいられませんでした。

Img_e70517

平和公園内の 「原爆落下中心地碑」

観光客の多くも手を合わせて祈りを捧げていました。

原子爆弾は、1945年8月9日 11時2分、この地の上空500メートルで炸裂したのです。右手にある柱のようなものは、原爆で倒壊した浦上天主堂のわずかに残った聖堂の一部。原爆投下の遺構として、ここに移築・展示したもの。

Img_e70187 

浦上エリアの案内標識

平和公園の地下駐車場に車を停めて、平和祈念像→浦上天主堂→原爆資料館→原爆落下中心地碑→平和の泉と、約4時間かけて巡る。かなり暑かったので汗びっしょりになりましたね。

Img_70307

再建された浦上天主堂

大正14年に完成した浦上天主堂は、東洋一の大きさを誇る教会だったが、爆心地から僅か500メートルの距離にあったため、原爆で全壊。昭和34年に、当時のままの姿に再建されました。赤レンガの外観や内部の豪華で美しいステンドグラスは素晴らしいです。教会内には、奇跡のマリア像として有名な被爆した聖母マリアの像が安置されていました。カトリック信者ではないですが、思わず手を合わせてしましましたね。内部の撮影は一切禁止!ちょっと残念でした。

Img_70287

浦上天主堂旧鐘楼   国指定の史跡で原爆遺跡

浦上天主堂に続く坂の下の小川にありました。元々は、天主堂北側の塔にあったものが、原爆の爆風で吹き飛ばされて、ここまで滑落したそうです。鐘楼の大きさは、5.5メートル、重さは、約50トンと言われているとのこと。原爆の凄まじさが分かります。

Img_70427_20240504110601

長崎原爆資料館の被爆した浦上天主堂の再現ジオラマ

長崎原爆資料館の 「原爆による被害の実相」 コーナーに再現。被爆の状況を映した資料映像も流されているので、つい見入ってしまいます。

長崎原爆資料館には、約2時間くらい滞在しました。館内は、修学旅行の中学生や外国人、研修旅行?の団体さんなどで混雑状態。人気の高さが伺えます。写真でも分るように、新入社員研修の一環なのか?企業の研修・社員旅行なのか?スーツ姿の若者の団体さんも多く来ていて、真剣にボランティアの方の説明を聞いていました。もしかしたら、長崎県内の企業や公務員の方かもしれません?

Img_e70387

溶けたロザリオ

原爆のすさまじい熱線と炎のため溶けて固まったロザリオ。

Img_e70447

溶けて固まったサイダー瓶や溶けたガラス瓶、融けたビール瓶の数々。他にも、頭蓋骨が付着した鉄兜や手の骨と溶けたガラスが融合したものなどなどインパクトが強すぎます。恐ろしくなってきました。

Img_70497

熱線の被害  原爆ケロイド  

広島の原爆資料館にも同じようなコーナーがありましたが、本当に、このコーナーは観るのが辛かった。泣きそうな顔をして観ている、修学旅行の生徒さんもいました。ここは非常に重い場所。言葉を失った。

Img_70487

長崎型原子爆弾 (ファットマン)  実物大模型

このコーナーでは、長崎に原爆が投下されるまでの経緯を解説。映画 『オッペンハイマー』 を観ていたので、よく理解できました。  「なんであんな 『オッペンハイマー』 みたいな映画にアカデミー賞を与えてしまったのだろう?」 と改めて思いました。

|

2024年5月 6日 (月)

熊本城 (熊本県熊本市)

散策後、阿蘇国立公園の草千里ヶ浜を14時ころに出発し熊本城に向かう。 阿蘇パノラマラインから県道~国道を通り、のんびり走って約1時間30分くらいの距離。 九州は、19時30分頃になってもまだ明るいので、自然と行動時間が長くなります。仙台は、18時30分くらいになると真っ暗。やれやれ (笑)

1607年、熊本市の高台に加藤清正が築いた熊本城は、日本三大名城の一つに数えられいます。平成28年の熊本地震では、重要文化財の建物や石垣の約三割が被害を受けました。天守閣などの復旧は、2021年に完了しましたが、熊本城全体の復旧には、まだまだ時間がかかるようです。

Img_69987

蘇る熊本城

平成28年の熊本地震で受けた大きな被害から、一歩ずつ復旧の道を進んできた熊本城。ついに天守閣の復旧が完了し、内部の一般公開も始まりました。

Img_69957

同じく、蘇る熊本城

加藤清正が築城し日本三名城の一つにも数えられる熊本城は、圧倒的な存在感と圧巻の美しさを誇り、優雅さも兼ね備えた名城です。

Img_70017

1階 展示室にて  縮尺1/10の天守閣軸組模型

内部はこんな感じです。外国人も多かった。

1階から4階までは展示フロアで5階が通路、6階が展望フロアになっています。最上階からの眺めは、まさに壮観で麗観!必見です。Img_70047

3階展 示室にて  西南戦争で焼失する前の天守閣

ここでは、明治時代以降の熊本城の歴史を解説。西南戦争による天守閣焼失から、昭和35年の天守閣再建までを写真や映像を用いて詳しく解説していました。かなり見応えがありましたね。 

ちなみに、1階は、加藤家の統治時代の展示。 「隈本城」 の歴史や清正による築城の様子などを模型や映像で紹介。2階は、加藤家に代わって熊本藩を統治した細川家の時代を紹介。ジオラマ模型や映像で解説していました。4階は、平成28年の熊本地震による被害と復旧工事について、映像や模型を用いて解説していました。 あまり期待はしていなかったのですが、来て良かったと思いました。

Img_69917

数寄屋丸二階御広間

石垣の一部が崩落し建物が歪んでいました。これから復旧工事に着手するようです。

Img_69937

南側から見る熊本城

右の建物は本丸御殿の一部。この辺りの石垣もかなり崩落したようですが、今は復旧が完了しているようです。

|

2024年5月 5日 (日)

阿蘇くじゅう国立公園 (熊本県阿蘇市)

九州旅行2日目は、ホテルルートイン博多駅前を8時30分に出発し、熊本県の阿蘇くじゅう国立公園に向かう。 しかし、この日の天候は最悪。昨日の夜から雨になり、朝も肌寒く雨が降り続いている状況。どっと落ち込んでしまって、気分はブルーを通り越してブラック状態。しかし、午後からは晴れ間が広がってくるとの予報。予報を信じて雨の中、ひたすら車を運転して阿蘇に向かいました。 福岡高速環状線から九州自動車道を通り のんびり走って約1時間30分くらいの距離。 

阿蘇くじゅう国立公園は、世界ジオパーク認定の大自然が展開する世界最大級のカルデラです。凄まじい大地の鼓動を感じる阿蘇山の火口や広大で美しい高原や草原などなど、豊かな大自然が織りなす絶景が満載。これだけダイナミックな大自然を体験できるとは思ってもいませんでした。素晴らしいところです。

Img_69697

草千里ヶ浜・烏帽子岳登山口の案内板

最初に 「火山博物館」 を見学し、少し早い昼食をとっていると雨が止み、ガスがとれてきて、みるみる晴れ間が広がってきました。予報通りです。ラッキーでした。

Img_69767_20240430083901

標高1200メートルの駒立山から望む 雲海と草原のコントラストが素晴らしい。

晴れてきたので、広大な草千里ヶ浜の大草原をい1時間くらいトレッキングというか散策してきました。気分爽快。最高に気持ち良かったです。

草千里ヶ浜は、阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の中腹に展開する火口跡・カルデラです。直径約1キロメートルの草原の中央にある大きな池と草原が織りなす自然のコントラストが非常に美しい場所。阿蘇国立公園を代表する観光スポットです。

Img_69777

標高1200メートルの駒立山から望む、杵島岳 (1326メートル)

左側に見える建物が、阿蘇火山博物館。 ここに着いた頃は、雨とガスで視界ゼロ。何にも見えませんでした。いやー、非常にラッキーでしたね。日頃の行いが良いからでしょうか??(笑)

Img_69807

草千里ヶ浜の奥には、数十頭の馬が放牧されていました。熊本と言えば馬肉。馬肉用の馬なのでしょう?

Img_69887

なんと、 「噴火警戒 レベル2」 になっていました。

このため 「火口から半径1キロメートルの範囲内の範囲内は立ち入り禁止」 とのこと。今年の1月からだそうです。ちょっとガッカリしましたが、しょうがないですね。

Img_e69867

阿蘇山 中岳第一火口の噴煙  遠くから眺めるだけです。

レベル2だけあって巨大な噴火口からは、物凄い量の噴煙がモクモクと立ち上っていました。当然噴火口に近づくことはできません。火口近くのレストハウスも閉鎖状態とのこと。

Img_e69627

阿蘇火山博物館  くまもんが出迎えてくれました。

ジオパークセンターも兼ねていて、カフェやレストラン、お土産屋もありました。

Img_69657_20240430112601

内部はこんな感じです。

世界最大級のカルデラを持つ活火山 「阿蘇山」 の生い立ちから現在の生態系や火山防災関連をトータルに学習・見学ができるアミューズメントスペースになっています。

|

2024年5月 3日 (金)

宗像大社辺津宮 (福岡県宗像市)

遅い昼食後、世界遺産に登録された宗像大社に向かう。福岡空港到着が早かったため、ゆとりを持ってじっくりと見学することができました。良かったです。   宗像大社へは、太宰府天満宮からゆっくり走って 車で1時間くらいの距離。

宗像大社は、宗像大社沖津宮 (沖ノ島) 、宗像大社中津宮 (大島) 、九州本土の宗像大社辺津宮の三宮からなる国内屈指の古社。それぞれ、田心姫神 (たごりひめのかみ) 、湍津姫神 (たぎつひめのかみ) 、市杵島姫神 (いちきしまひめのかみ) の三女神を祀っています。ちなみに、三女神とは、天皇の祖先神・天照大神の御子神 (娘) だそうです。なるほど、そうですか! 「お伊勢さん」、「お伊勢参り」で有名な伊勢神宮は、天照大神を祀っているので、伊勢神宮とのつながりも深い神社なのでしょう?

Img_69317

宗像大社辺津宮 (むなかたたいしゃへつのみや)  参道

日本各地に6200社もある、宗像三女神を祀る神社の総本宮がここです。

Img_69337

宗像大社辺津宮 本殿  国の重要文化財

現在の本殿は、約450年前の安土桃山時代に再建されたもので、桃山時代の社殿建築の特色がよく表されているそうです。

Img_69407

第二宮・第三宮

本殿の裏側にあり、第二宮には、沖ノ島の沖津宮、第三宮には、大島の中津宮の御分霊を祀っているそうです。

Img_69397

最も奥にある高宮祭場

神の島沖ノ島と同様の古代祭祀が行われていた、全国でも稀な社殿の存在しない露天祭祀場です。宗像大神降臨の地とされていて、最も神聖な場所らしく、辺り一面に神聖な霊気が漂っていました。背中がざわっとしてきましたね!(笑)

Img_69437

宗像大社辺津宮にある 神宝館  

 「海の正倉院」 こと沖ノ島から出土とた宝物8万点を収蔵・展示している必見の博物館。優美な金製指輪や古代の鏡、馬具などなど、8万点全てが国宝なのです。8万点の国宝なんてあり得ないと思いました。驚くべき博物館です。

Img_69527

神の島 沖ノ島とは、こんなところです。

965kjig

金製指輪 (国宝)

展示されていた指輪には、強いスポットライトが当たっていたため、写真が上手く撮れませんでした。そんな訳で、こちらをどうぞ。圧巻の素晴らしさ、美しさです。 神宝館のボランティアの方に聞いたところ、なんと、指輪の文様のところには、宝石が埋め込まれていたそうです。ただ、その宝石は発見されなかったとのこと。 ツタンカーメンの王墓から発見されたものと同等の宝物だと思いました。

「花文様と円文の細やかな装飾が施された純金製の指輪。韓国慶州の新羅の王墓から出土したものと類似する。」とのことです。

Img_69567

金銅製龍頭 (国宝)

中国の敦煌莫高窟 (とんこうばっこうくつ) の壁画のなかで、祭礼時にのぼりを立てる竿の先に、この竜頭がつけられていた様子が描かれているそうです。現物はこれのみ!中国にも残っていないとか。とんでもなく貴重な宝物です。

Img_69487

ずらりと並ぶ様々な文様の鏡 全て国宝

文様があるのは鏡の裏面。表面は、凸面鏡になっていて顔が大きく映ります。レプリカがあったので持ってみましたが、かなり重かったですね。驚きました。 卑弥呼で有名な 「三角縁神獣鏡」 も数点ありました。

Img_69627

本日の夕食は、初日ということもあり、ホテルの地下にある 「海鮮ダイニング 博多美蔵」 で、博多名物もつ鍋のコース料理  (4500円)  をいただいてきました。熊本の馬刺しや明太子の天ぷら、カンパチの胡麻ダレなどなど、最後は にぎり寿司とちゃんぽんまでついてきました。特に、国産牛の小腸を使ったもつ鍋は絶品。仙台あたりで食べるもつ鍋とは全くの別物。店員さんに、いろいろ聞いてみたら、脂身が付いているもつなので旨味と食感がとてもいいとのこと。あと、牛もつの脂がとけだしたスープは薄味で最高に美味かったです。

|

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »