« 映画 『 オッペンハイマー 』 | トップページ | 宗像大社辺津宮 (福岡県宗像市) »

2024年4月30日 (火)

太宰府天満宮・九州国立博物館 (福岡県太宰府市)

ゴールデンウイーク前の先週、3泊4日で九州を旅行してきました。著名な世界遺産や国宝、国立公園など、人気の観光地を巡るという、風の向くまま気の向くままの一人旅。九州には、必見の世界遺産や国宝、歴史ある神社、史跡、グルメなどが盛りだくさん。会員になっているルートインホテルズに泊まりながら、レンタカーで観光の王道コース巡ってきました。九州初上陸は、爽快な達成感と満足感のオンパレード。奇跡的に天候にも恵まれ、春の旅を満喫してきました。でも、いつものように、かみさんは 家でネコとお留守番です。 (笑)

1日目、仙台空港→福岡空港、福岡空港からレンタカーで、太宰府天満宮・九州国立博物館 →宗像大社→ホテルルートイン博多駅前に泊。 

2日目、ホテルからレンタカーで、阿蘇国立公園・草千里ヶ浜・火山博物館→熊本城→ホテルルートイン柳川駅前に泊。 

3日目、ホテルからレンタカーで、長崎平和公園・原爆資料館→大浦天主堂・グラバー園→ホテルルートイン諫早インターに泊。 

4日目、ホテルからレンタカーで、吉野ケ里歴史公園→福岡空港→仙台空港。

Img_69107

太宰府天満宮参道

参道には、約90ものお土産店が、賑やかにひしめいていた。

仙台空港発7時30分、福岡空港着9時45分の飛行機だったので、初日から余裕で観光地を巡ることができました。

Img_69127

太鼓橋

心の字に造られた「心の字池」に架かる神の橋。

三つの橋からなり、渡ることで心が清められるとのこと。二つ目、三つ目の橋は、とんでもなく急勾配。「人生山あり谷あり」、そのまんまでした。(笑)

Img_e69177

有名な御神牛

なんでも、牛の頭をなでると頭が良くなり知恵が授かるそうです。そのためか、御神牛の前には長蛇の列。御神牛の頭はピカピカに光っていました。 親御さんは、一生懸命 子供の写真を撮ろうとしていました。しかし、子供は牛が気に入ったのか、なかなか前を向いてくれません。待ってる人はイライラ状態。やれやれ。 (笑)

菅原道真公が丑年生まれであることなどから、境内には牛の像が多数置いてありました。

Img_69157

大正時代に再建された楼門

ここは、人気の撮影スポット。

Img_69167

なんと、一番の見どころ 「御本殿」 は、こんな感じでした。(涙)

改修工事中とのこと。非常に残念でしたが、しょうがないですね。

豪華絢爛な 「御本殿」 は、安土桃山時代の様式を今に伝えているそうです。ちなみに、太宰府天満宮 御本殿は、この地で亡くなった菅原道真公を祀る墓所の上に創建されたのです。

Img_69207

九州国立博物館、太宰府天満宮側入り口

Img_69217

九州国立博物館 外観

凄くモダンでアーティスティックな建物でした。

Img_69247

内部は、こんな感じです。

常設展だけ観てきましたが、日本とアジアやヨーロッパとの文化交流の歴史を五つのゾーンに分けて展示しているので、関心のある時代やテーマだけ選んで観ることができました。非常に親切な展示レイアウト。順路に沿ってダラダラと観る必要がないので、良かったです。見応えがありました。

あと、国宝である 「漢委奴国王 (かんのなのわのこくおう) の金印」 が展示されていないので 「なんでだろう??」 と思って聞いてみたら、なんと、金印は、福岡市博物館で保管・展示されてるとのこと。ちょっとガッカリしましたね。でも、東京国立博物館で一度観たことがあるので、まあいいかと思いました。(笑)

Img_69267

西の都 大宰府政庁跡の南大門の模型

ちなみに、東の都は宮城県の多賀城です。多賀城政庁跡の南大門は今復元中で、今年の秋に完成する予定。

Img_69297

いい乃じうどん+明太子ごはん (1950円) 

昼食は、九州国立博物館の敷地内にあるレストラン 「いい乃じ」 で、とことん九州の食材にこだわった特製うどんのセットをいただいてきました。最高に美味かったですね。

|

« 映画 『 オッペンハイマー 』 | トップページ | 宗像大社辺津宮 (福岡県宗像市) »