« 映画 『 ゴールデンカムイ 』 | トップページ | 雫石プリンスホテル ( 岩手県雫石町 ) »

2024年2月12日 (月)

雫石スキー場 ( 岩手県雫石町 )

2月9日 (金) に雫石プリンスホテルに一泊して、 25年ぶりに雫石スキー場に行ってきました。 雫石スキー場は、1993年アルペンスキー世界選手権の会場となった日本屈指のスキー場です。バリエーション豊かなコースが設定されており、メインは急斜面~中斜~緩斜面と変化に富む全長4500mのダウンヒルコース。実際に世界のトップレーサーが競い合った名コースです。中腹には、初級者向けのコースも多くあり、初級者から上級者まで思う存分に楽しめるスキー場です。

この日のスキー場の最低気温はマイナス15度、最高気温はマイナス4度。しかし、青空が広がり、日差しもかなりあったので、あまり寒さは感じませんんでした。山麓の積雪・雪質はイマイチでしたが、爽快なロングクルージングを満喫。シニア1日券を購入して 9時30分~14時30分頃まで滑ってきました。

Img_65247_20240211111401

雫石プリンスホテルと雄大な岩手山 ( 2038メートル ) 

定番の写真です。岩手山の左側に見えるのが、岩手高原スノーパーク。 ホテル前のコースは、積雪がなんと、たったの30センチ。例年の半分以下とのこと。そのためコースは、ガリガリ、バリバリのハードバーン、アイスバーン状態。滑っている人はほとんどいませんでした。

Img_64917

中腹の初心者エリア、パークエリアにて

ロープウェイとリフト二本を乗り継いで、標高1200メートルのトップに向かう。多くの自衛隊員が雪上訓練のため来ていました。

Img_64937

やっと、山頂が見えてきました。

ご覧の通り山頂付近でもこんな感じ。雪が少なすぎて痛々しい!

Img_64987

標高1200メートルのリフト降り口付近にて、見事な眺望です。

この先から、全長4500メートルのダイナミックなダウンヒルコース (旧メンズダウンヒルコース) が展開する。いやー、わくわくしますね! (笑)

Img_64997

同じく標高1200メートルのリフト降り口付近にて

このポイントに立ったら、すぐに滑り始めないで見事な展望をじっくり鑑賞したい。岩手山を筆頭に岩手高原スノーパークや網張温泉スキー場、右手には広大な小岩井農場が展開する。絶好の撮影ポイント!

Img_65027

旧メンズダウンヒルコース中間付近にて、本日はスノーボード!

あと、2000メートルくらい残ってます。素晴らしいロングコース。この辺りからは、中斜面~緩斜面が続くので、ロングターンで爽快なクルージンを楽しんできました。

「 ロングターンでの爽快なクルージン 」 とは、こんな感じです。もちろん、こんなにカッコよくはないですが! (笑)

 

Img_65087_20240211111601

旧メンズダウンヒルコース終盤付近にて

岩手山も大きく見えます。この辺りになると、雪がかなり少なくなっていて、ガリガリのハードバーン状態。地肌の露出や小石も多くなり、膝や腰に負担がかかり滑るのが大変でした。

Img_65107

昼食は、ロープウェイ山麓駅舎内の  「 ラーメン あねっこ 」 で、雫石スキー場の名物  「あねっこ味噌ラーメン」 (1200円)  をいただいてきました。 野菜もたっぷり入っていて最高に美味かったです。ちなみに 「あねっこ」 とは、 「お姉さん」 という意味です。

|

« 映画 『 ゴールデンカムイ 』 | トップページ | 雫石プリンスホテル ( 岩手県雫石町 ) »