« 映画 『ミッション・インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 | トップページ | 仙台 定禅寺ストリート ジャズ・フェスティバル 2023 »

2023年9月 5日 (火)

西吾妻山 (山形県米沢市)

9月1日 、天元台高原スキー場からリフト3本を利用して百名山の西吾妻山 (2035メートル) に登ってきました。天気は、ほぼ快晴。標高2000メートルの稜線は涼しく爽快で最高のトレッキングができました。良かったです。   白布温泉からは天元台ロープウェイとリフトを使って、標高差1200メートルを一気にの登るので簡単に吾妻連峰主脈の稜線に立つことができます。

リフト終点北展望台登山口 (9:10発) → かもしか展望台→いろは沼→梵天岩→西吾妻山山頂 (11:00着)→西吾妻小屋 → 吾妻神社→天狗岩→人形石→リフト終点北展望台登山口 (14:20着)   約5時間10分のレッキングでした。(休憩含む)

Img_49247

夏の天元台高原スキー場

ここからリフト3本を乗り継いで北展望台登山口へと向かう。登山口の北展望台は、標高1820メートルなので、ここから僅か30分の登りで吾妻連峰の主脈稜線に立つことができます。

Img_49337

かもしか展望台付近から西吾妻山方面を望む

いろは沼と呼ばれる高層湿原の中を木道が延びている。

登山口からオオシラビソの樹林帯の中をしばらく登って行くと、突然視界が開け岩がゴロゴロしたかもしか展望台に着く。ここは、展望がよく米沢市や蔵王、朝日連峰、月山などが見渡せて非常に気持のよい所でした。

Img_49397

標高1900メートルに展開するいろは沼上部の池塘  

後方の山は 蔵王連峰

Img_49447

梵天岩付近より西吾妻山方面を望む

山頂は、もう直ぐだ!

Img_49527

西吾妻山 (2035メートル) 山頂

ご覧の通り、オオシラビソの林に覆われているので、残念ながら展望はありません。写真だけ撮って、さっさと退散しました。(笑)

Img_49807

西吾妻山小屋と左側が飯豊連峰

山頂から少し下るとオオシラビソの林に囲まれた草原地帯に出ます。まるで桃源郷。山小屋のベンチでしばし休憩。

Img_49827

天狗岩近くにある吾妻神社

賽銭箱に100円を入れてお参りしてきました。(笑)

この辺りの岩稜地帯は、標高が2000メートル以上あるので雄大な素晴らしい展望が広がります。蔵王連峰、月山、朝日連峰、飯豊連峰、磐梯山などの大パノラマ。そのためか、10数人くらいの登山者が昼食を摂りながら休んでいました。

Img_49887

草原に咲いていたエゾオヤマリンドウ

山は涼しくて秋の気配が漂っていました。

Img_49907

今登って来た梵天岩、西吾妻山方面を振り返り見る。

明らかに秋の気配が感じられます。

Img_49987

人形石と呼ばれる標高1926メートルの岩稜地帯に到着

ここからの展望は良かったです。東吾妻連峰の山々が一望できました。 行動食のバナナを食べ 水分補給をして、しばし休憩。

|

« 映画 『ミッション・インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』 | トップページ | 仙台 定禅寺ストリート ジャズ・フェスティバル 2023 »