« 坂本龍一さん死去 | トップページ | 月山スキー場 (山形県西川町) »

2023年4月 8日 (土)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

4月4日 、天元台高原スキー場に行ってきました。この日は、朝のから暖かく、米沢市の最高気温も17度くらいになるとの予報。なんと5月上旬の陽気。滑っていると汗が噴き出してきました。春スノーボードというよりも初夏スノーボードという感覚。でもまあ、年寄にとって暖かく雪が柔らかいのは何よりです。最高の春スノーボードができました。気分爽快。大満足です。

暖かくなって雪が緩んでバーンが荒れた状態でも、ロッカータイプのスノーボードですと快適に滑ることができます。荒れてもこもこ、でこぼこ状態のバーンでも少ない力でボードをコントロールすることができるからです。

この日は平日でたが春休みということもあり、家族連れのスキーヤーや高齢者のスキーヤーが多く来ていました。スノーボーダーは、完全に少数派でした。スキーヤー 8に対して、スノーボーダー 2という感じでした。天元台高原は、スキーヤーに人気のスキー場です。 シニア5時間券 (3,800円) を購入して、9時30分過ぎから14時00分頃までスノーボードで滑ってきました。汗びっしょりになったので、近くの日帰り温泉 「白布温泉 森の館」 寄って汗を流してきました。

本日は、全長1,500メートルのつがもりゲレンデを4本、全長800メートルのしゃくなげゲレンデを5本、全長600メートルのしらかばゲレンデを5本で 累計滑走距離が13キロメートルでした。太腿痛とひざ痛が少しあります。やれやれ (笑)

Img_36367

しらかばロマンリフトにて

前回がスキーヤーでしたので、本日はスノーボーダー。 去年からスキーとスノーボードの二刀流を続けていますが、スキーは腰がけっこう痛くなり、スノーボードは太腿と膝が痛くなります。使う筋肉が違うのでしょうね。不思議です!(笑)

Img_36337

しらかばロマンリフトにて

ペアリフト三本を乗り継いで、標高1820メートルのトップへと向かう。

Img_36467

中間のしゃくなげゲレンデにある無料休憩所のホワイト

Img_36457

同じく中間のしゃくなげゲレンデにて

最高の春スノーボード日和でした。

Img_36497

最後のつがもりロマンリフトにて

トップはもうすぐだ!

Img_36427

標高1820メートルのつがもりゲレンデトップにて

正面右側が蔵王連峰。雪が極端に少ないのがよく分ります。

Img_36549

標高1820メートル、つがもりゲレンデ東側の滑り出し付近

いきなり30度の急斜面が展開する。この辺りは、柔らかい雪が豊富にあるので急斜面でも思う存分滑ることができます。

Img_36597

同じく標高1820メートルのつがもりゲレンデトップにて

正面が飯豊連峰。ご覧の通り雪がかなり少ないです。例年ですと、山全体が白一色で真っ白状態なのですが・・・なんか寂しいですね。

Img_36547

本日のランチは、味噌ラーメンとミニカレーのセット (1300円) をいただいてきました。なんと、このボリュームでミニカレーとのこと。驚きました。普段だったら絶対に食べられない量です。

|

« 坂本龍一さん死去 | トップページ | 月山スキー場 (山形県西川町) »