« 「ジャンプ」 | トップページ | 女川原発2号機再稼動Ⅱ (宮城県女川町) »

2020年10月14日 (水)

一切経山~東吾妻山~吾妻小富士(福島県福島市)

昨日 (10/13)、吾妻連峰東部、磐梯吾妻スカイラインの浄土平を起点にして、一切経山 (1950メートル) ~東吾妻山 (1975メートル) ~吾妻小富士 (1707メートル) を周回・トレッキングしてきました。風が強くて寒くガスの多い天候でしてが、時々晴れ間も現れて、まずまずのトレッキングができました。良かったです。  

この日も、多くの登山者が訪れていました。登山口が標高1622メートルと高いので、飯豊連峰や朝日連峰などのような延々と続くタフな急斜面の登りがほとんどなく、高齢登山者に人気の山域になってます。

浄土平 (7:30発) →一切経山→鎌沼→東吾妻山→浄土平→吾妻小富士→浄土平 (14:00着) 休憩含む。約6時間30分のトレッキングでした。

Img_74817

吾妻小富士から俯瞰する磐梯吾妻スカイライン最高点の「浄土平」、標高は1622メートルもあります。正面の山は、今登ってきたばかりの一切経山 (1950メートル)、今なお火山性ガスを上げ続ける活火山です。

スカイライン周辺の紅葉は、ちょうど見ごろでした。浄土平は、平日だというのに多くの観光客であふれていました。帰りに高湯温泉の共同浴場 「あったかの湯」 によって紅葉を見ながらのんびりとしたかったのですが、なんと広い駐車場は満車状態でした。楽しみにしていた温泉でしたがあきらめました。残念でした。やれやれ! 

Img_73407

一切経山 (1950メートル) 山頂。 見ての通り濃いガスに覆われて眺望は全くダメでした。タイミングが最悪でした。
広い山頂一帯は、荒涼とした大地が広がっている。緑がない。どこにもない。山岳信仰的な奇妙な山名ですが、前九年の役のヒーロー安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたとか、弘法大師空海が山頂に一切経を埋めたなどの言い伝えがあるようです。

Img_73507

一切経山と酸ヶ平湿原を望む。なんと、下山してきたらガスがとれてきました。タイミングが悪すぎです。やれやれ!

秋色に染まる湿原と池塘、黄金色の草モミジ。秋から冬へのストーリー、樹林帯の緑とのコントラストがいい。

Img_73537

ガスに覆われている鎌沼。 鎌沼は広い火口原湖。沼の東側に沿って続いている木道を進み東吾妻山へと向かう。

Img_73577

東吾妻山 (1975メートル) 山頂。到着時はこんな感じでしたが、急速にガスがとれてきて晴れ間が広がってきました。ラッキーでした。 

山頂へは、鎌沼から樹林帯の中を約40分ほど登る。山頂は、展望がすこぶる良い。会津の秀峰磐梯山は、雲がかかっていて見ることができませんでしたが、南西側の裏磐梯や北東側の展望は最高でした。

Img_73767

東吾妻山 (1975メートル) 山頂から裏磐梯方面を望む。 左から桧原湖、小野川湖、秋元湖。

Img_73867

東吾妻山山頂より北東方面を望む。ガスがとれてきて、今登って来たばかりの一切経山と鎌沼が見えてきた。素晴らしい景観です。

Img_73907_20201015180801

下山後、紅葉の進む姥ヶ原の木道をひたすら進み浄土平、吾妻小富士へと向かう。

Img_74157

これから登る吾妻小富士がまじかに迫ってきました。山肌の紅葉が美しい!!

|

« 「ジャンプ」 | トップページ | 女川原発2号機再稼動Ⅱ (宮城県女川町) »