« びょんぴょん舎の冷麺 (岩手県盛岡市) | トップページ | 焼走り溶岩流 (岩手県八幡平市) »

2020年8月21日 (金)

岩手山 (岩手県八幡平市)

八幡平市34度、盛岡市34度という酷暑の一昨日 (8/19)に、岩手県八幡平市の焼走り登山口から登ってきました。このコースは、標高差約1500メートルを登るタフなコースです。朝から樹林帯の中は異様な耐えがたい蒸し暑さ、森林限界線を超えると強烈な直射日光が降り注ぐ最悪の状態で、4時間強くらい登った頃には、大量の汗が吹き出し、体がぐったりして力が入らなくなり、吐き気を催してくる状態になってしまいました。(熱中症か?) そんなこんなで、山頂 (2038メートル) まであと40分弱というところで撤退することにしました。ジジイになったせいか暑さ、蒸し暑さに対する耐性が全く無くなったと実感させられました。全くやれやれです。

焼走り登山口 (6:30発)→第二噴出口跡地→ツルハシ分かれ→平笠不動避難小屋 (11:10分着)   平笠不動避難小屋 (12:10発)→第二噴出口跡地→ツルハシ分かれ→第二噴出口跡地→焼走り登山口 (15:30分着) 約9時間のトレッキングでした。(休憩含む)  

Img_68207

標高570メートルの焼走り溶岩流の登山口。 朝から強烈な日差しが照り付けます。

Img_68827

標高1200メートルの焼走り熔岩流 第2噴出口からの展望。 

Img_68617

標高1260メートルの焼走り熔岩流 第1噴出口付近から俯瞰。噴出口から溶岩が扇形に広がって流れた様子がよく分かります。

Img_68217

噴出口跡からは、浸食された火山性礫のザレ場の急登が1間30分ほど続く。強烈な日差しが降り注ぐ「永遠の坂道」! 余りの暑さに座り込んでぐったりしている人もいました。このあたりで引き返す高齢の登山者も多かったです。

Img_68607

この「永遠の坂道」からの展望はすこぶるい良いし、ピークは過ぎていましたが、火山性高山植物のコマクサやイワブクロが咲いてますので癒されました。

Img_68497

標高1780メートルの平笠不動避難小屋から見る岩手山山頂。だましだまし何とかここまで登ってきました。山頂に向かって登って行く登山者の姿が見えます。

ここまで、登って来るのに4時間40分もかかってしまいました。山頂まであと40分弱というところですが、体調と長い下山のことも考えて撤退することにしました。水とミネラルドリンクをたっぷり飲み、おにぎりとパンを食べて長めの休憩をとると、徐々に体調が回復してきました。良かったです。

Img_68987

焼け走り溶岩流大地から望む岩手山。下山してから散策してきました。国指定の特別天然記念物だけあって素晴らしい景観でした。

Img_68847

最後は、国際交流村の日帰り温泉「焼け走りの湯」に入って疲れを癒してきました。いい温泉でした。

|

« びょんぴょん舎の冷麺 (岩手県盛岡市) | トップページ | 焼走り溶岩流 (岩手県八幡平市) »