« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

岩手は、まさにイーハトーブ理想郷 Ⅲ

先日の河北新聞の記事には、下記のように少々批判的に書いてありました。

『県医療局によると、2病院には、首都圏から県内に来た人は2週間経過しなければ診察しない内部の取り決めがあった。感染者を受け入れる指定病院ではないが「救急であり、引き受けるべきだった」と釈明した。「県外の方お断り」が増えだしたのは今月上旬。「不安がある県民は知らない人にむやみに近づかないで」と達増拓也知事がメッセージを発した時期に重なる。県立美術館(盛岡市)も17~23日にホームページ上で「県外から来られた方のご入館の自粛をお願いいたします」と掲げた。達増知事は23日の定例記者会見で「注意喚起はいいが、制限は行き過ぎ」と指摘。過剰に反応する世情への戸惑いが見え隠れした。「ウイルスの次にやってくるもの」。日本赤十字社が21日に公開したアニメーションは、むやみな恐怖感は人と人の分断を招くと警告する。担当者は「不安や差別が自らの感染を隠すことにつながり、感染拡大を引き起こすと考えられる」と強調する。』

でもまあ、①妊婦さんは検査の結果、新型コロナ陰性と判明した。②無事に出産し母子ともに健康である。③岩手県は、引き続き感染者ゼロを維持できた。 全てが丸く収まりました。近江商人ではないですが 「三方すべてよし」 です。良かったと思います。

やはり、岩手は、賢治が憧れ続け、思い描いた理想郷 「イーハトーブ」 なのかもしれません!

Cimg54497

賢治のふるさと花巻市の北上川と「イギリス海岸」 国指定の名勝地 「イーハトーブ風景地」 のひとつに指定されている。

そこでまた、全員岩手出身のロックバンド、SWANKY DOGS(スワンキードッグス)の 「Annie(アニー)」 です。(笑)
盛岡市の岩山パークランドで撮影したミュージックビデオだそうです。みなさんも聴いてください。

|

2020年4月28日 (火)

岩手は、まさにイーハトーブ理想郷 Ⅱ

先日、全国で唯一新型コロナウイルスの感染者が確認されていない岩手県でトラブルが発生しました。 危険を避けて実家のある岩手県一関市に避難、里帰りしていた妊婦さんが破水したのです。緊急を要するのに一関市の県立磐井病院や北上市の県立中部病院は受け入れを拒否。たらい回しにされ、最終的に盛岡の病院でPCR検査を実施し、陰性を確認してから帝王切開で出産したとのこと。 この件について、受け入れを拒否した2つの病院はいずれも、 「院内感染の対策が整っていなかったたから苦渋の決断だった。今後早急に対策を講じる。」 と謝罪しました。これを受けて達増岩手県知事も 「おわび申し上げる。今後はこのような事案を起こさないようにしたい。」 と謝罪しまた。
この件に関して、「病院の対応はあり得ない! 無事に出産できから良かったものの子供になにかあったらどうするのか」、「母子の命のほうが最優先。感染者ゼロの県だから、そのような対応をしたのか」、「破水した妊婦をたらいまわしするなんててありえない」、「許し難い行為。感染者ゼロがそんなに大事なのか」、「感染者ゼロのてめーの県だけ良ければそれでいいのか、ほかのところはどうなってもいいのか」など多くの批判がありました。
また一方で、「全国に非常事態宣言がでている状況下で里帰り出産をする方が間違っている」、「里帰りは自粛しろ、里帰り出産は控えろと言われているのに! 妊婦とその家族は自分勝手過ぎる。身勝手」、「帰省、里帰り出産する前に、岩手で設けられたルールを確認するのが当然のこと」、「里帰り出産の場合、帰省する前に病院に連絡して予約をとるのが大前提。基本的なルールを無視して帰ってこられても迷惑なだけ」 など少数ですが妊婦さんとその家族側を責める意見もあったようです。
どちらが正しいか、どちらに非があるか、については意見が分かれるところですが、あえて言えば、 「東京という危険地帯で生活していた妊婦さんが新型コロナに感染していたら、一関や北上の病院でクラスターが発生し、医師や看護師、入院患者が感染し医療崩壊を起こしていたでしょう。これは恐ろしいことです。死者がでたかもしれません。」  このようなことを想定すると、わたくし的には、病院の対応は間違っていなかったと思います。まあ、確かに道義的、人道的に見れば残念なことではありますが・・・・。
Cimg68377

花巻農業高校に移築された羅須地人協会の「賢治の家」

そこで、地元盛岡を拠点に活動している SWANKY DOGS(スワンキードッグス)の「アイデンティティ」です。(笑)   岩手では絶大な人気を誇るスリーピースロックバンドで、彼らの楽曲は、IBC岩手放送や岩手めんこいテレビなどの番組のテーマ曲として採用されいる。皆さんも聴いてください。

|

2020年4月26日 (日)

マスクが足りない!

2回、3回と洗って使いまわしをしていましたが、我が家ではいよいよマスクがなくなってきました。ヤバいです!!  そこで、かみさんの登場です。なんと、暇に任せて手作りマスクを10枚ほど作ったのでした。いやーー、すごいと思います。(笑)

Img_63857

かみさんの手作りマスク。 そこで 「ビハインド・ザ・マスク」 です。(笑)

#YMO 「ビハインド・ザ・マスク」 なかなかソリッドな曲です。みなさんも聴いて下さい。

#マイケル・ジャクソン 「ビハインド・ザ・マスク」 

#マイケルのカバーのほうがいいかもです。(笑)

|

2020年4月25日 (土)

岩手は、まさにイーハトーブ理想郷

新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大し緊急事態宣言が出されるなか、いまだに感染者ゼロを維持している岩手県! 黄金の国、平泉の極楽浄土!岩手は仏国土のご加護があるからか!?(笑) 岩手にはとことん頑張ってもらって、ずっと感染者ゼロを維持していただきたいと思います。

Img_58727

全国から年間20万人以上が訪れる宮沢賢治記念館。

今は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月30日まで休館中です。5月にはオープンするようですが、当然のことながら県外の人は入館できないようです。

#宮沢賢治の童話「双子の星」に登場する「星めぐりの歌」

#もちろん作詞作曲は宮沢賢治。みなさんも聴いてください。

|

2020年4月24日 (金)

東北と新潟7県が外出自粛の共同宣言発表

#奥羽越列藩同盟の復活かーー!という感じで、なんか嬉しくなります。(笑) 

宮城県では、村井知事と郡仙台市長が強い口調でハッキリと 「他県には移動するな! 首都圏から宮城や東北には来ないでくれ!」 と言っていました。奥羽越の新型コロナウイルス感染拡大を阻止するためには、全く理にかなった当然のことだと思います。まさに 「心をひとつににふるさと、故郷を守ろう!」 ということです。大いに指示します。

さて、わたくし事ですが、県境を越えてのスノーボードやトレッキングができなくなりました。30数年間、毎年通っていた月山スキー場にも行くことができませんでした。これにはかなりがっかりしました。これからは、栗駒や蔵王など県内の山に粛粛と、人との接触を避けながら登るしかないです。やれやれ(涙)
932hgt

0017007m

奥羽越列藩同盟の復活かーー!

 

|

2020年4月21日 (火)

夏油高原スキー場の営業方針

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国に緊急事態宣言が出されました。それを受けて、秋田八幡平スキー場、月山スキー場、グランデコスノーリゾートなども休業になりました。天元台高原スキー場は休業日を入れながら24日頃まで営業するようです。
そこで、22日か23日にコロナ感染者ゼロの岩手県で営業していて、ほぼ前面滑走可能な夏油高原スキー場行こうと思い4/19(日)に確認の電話をしました。

そのときのやりとりです。

・「今週の水、木あたりに行く予定ですが営業してますか?」
・「粛粛と営業してますが、岩手県民だけなんです。」
・「え!岩手県民だけなんですか・・・? 仙台から行くのですがダメですか?」
・「仙台からですとかなり・・・知事からの要請ですのでダメですね。すみません。」

とこんな感じでした。

リフト券を買うときには身分証明書が必要で、他県在住と判明した場合には販売しないシステムのようでした。4/19(日)には、仙台からも多くのスキーヤー、スノーボーダーが滑りに行ったようですが、押し問答となりトラブルも発生したとのこと。やれやれ。岩手県では、県内の博物館、美術館なども「他県在住者の入館はご遠慮ください。県民でも他県在住者と一緒の入館はご遠慮ください。」の張り紙が貼ってあります。さすが、コロナ感染者ゼロの県です。岩手は徹底していますね!!

Img_58297_20200421204001

----------------------------------------------------------------------

今後の営業に関するご案内 (4/19更新)

4月16日に発出されました全国を対象とした緊急事態宣言の発出に伴い下記の様に営業内容を変更、制限させていただきます。

①岩手県以外にお住いのお客様のご来場はお断りさせていただきます。

入場時にナンバーチェックをさせていただきます。
岩手、盛岡、平泉以外のお車でお越しのお客さまは現住所の確認をさせていただきます。
運転手の方の運転免許証と居住地のわかるもの(住所とお名前が記載された郵便物、または公共料金の支払い証明書)のご提示をお願いいたします。レンタカーでお越しのお客様にも同様の確認をさせていただきます。(4月19日追記)   駐車場開場は7:00AMからとなります。

<中略>

④岩手県に在住のお客様でも下記の項目に1つでも当てはまる方のご入場はお断りさせていただきます。

⑴37.5度以上の発熱がある方
⑵喘息、花粉症などの持病以外に咳が続いている方
⑶過去2週間以内に国外から帰国、または県外から岩手県に帰県された方

岩手県の要請に従っての営業方針を策定しております。

#夏油高原スキー場のホームページより

|

2020年4月 5日 (日)

グランデコ スノーリゾート (福島県北塩原村)

4月2日(木)、不要不急の外出は自粛するようにとの要請がでているなか、グランデコ スノーリゾート に行ってきました。すみません(笑)
どんよりした曇り空で暖かく、時折吹雪く中マスター1日券を券を購入して、9時30分過ぎから13時30分過ぎまで滑ってきました。暖冬にもかかわらず積雪は豊富で、ほぼ全面滑走可能でした。天候はいまいちでしたが最高のスノーボードランができました。 

Img_62807_20200405081801

ゴンドラは強風のため運行停止でしたので、クワットリフト3本を乗り継いで標高1590メートルのトップへ向かう。

春特有の柔らかい雪が展開している広い中間部の緩斜面では、まったくボードが滑らず止まってしまい、トップからベースまでノンストップで滑ることはできませんでした。そのため、上部のミントBコースとラベンダーAコースを繰り返し滑っていました。グランデコスノーリゾートは、広大なデコ平と呼ばれる台地上にあるため、緩斜面が多くどちらかというと初心者向けのスキー場になっています。

Img_62817_20200405075501

トップの標高1590メートル、メリッサコース滑り出し付近。  

こんな状態でした。圧雪された固めのバーンに新雪が降り積もっていて最高の状態でした。 ここからベースまでは、急斜面→中斜面→緩斜面と続くバランスの良いコースですが、緩斜面が長すぎてもの足りなさを感じます。

Img_62727

ワイドな緩斜面が展開するレインボーコース。11時頃ですが誰も滑っていませんでした。

平日とはいえ、こんなスキー場を見たのは初めてです。人がいない!どこにもいない!まったくいない!状態でした。広大なスキー場の中にスノーボーダーが12~13人くらい、スキーヤーは僅か3人でした。新型コロナ恐るべしです!

Img_62627

第一クワットリフト降り口付近。 

なんと、スキーヤーはこの親子を含めてたったの3人でした。やれやれ。

Img_62747

林間コース。この辺りも無人状態でした。しんしんと寂寥感が漂います。やれやれ。

ミントコースの後半は、なだらかで広い緩斜面が続いて、規制のまったくない大自然の中のコースです。パウダーが降り積もったトップシーズンのツリーランは爽快でしょう。

Img_62847

12時過ぎのフードコート、レストランにて。

閑散として、こんな状態でした。他人との接触は全くありませんでしたね。今は、新型コロナで自粛ムード一色ですから、他人との接触がないことは良いことなのでしょう。(笑)

 

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »