« スプリングバレースキー場 (仙台市泉区) | トップページ | グランデコ スノーリゾート (福島県北塩原村) »

2020年3月18日 (水)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

昨日(3月17日)、天元台高原スキー場に行ってきました。午前中は、気温、低め、天候、ヤバイくらいの晴天。午後からは、曇ってきて時折ガスがかかり雪が降ってきました。平均150センチ!暖冬どこふく風の驚異的な積雪。30センチ~40センチくらいの新雪がたっぷり積もっていて最高のパウダーランができました。今シーズンはパウダーランなんて無理だろうとあきらめていたのですがラッキーでした。
シニア5時間券を購入して、9時過ぎから14時まで滑ってきました。すべてにおいて絶好調!(笑) 最高のスノーボードランができました。Lbpg29857

標高1820メートルのつがもり西コーストップ付近から蔵王連峰方面を望む。 ここの滑り出しは、いきなり30度を超える斜面が展開してるが、コース幅が広いので初心者でも安心して滑り降りることができる。

Img_62067

同じくつがもり西ゲレンデトップ付近。 

大きく深呼吸をして滑り出す。ターンするたびに集中力が増していく。標高1850メートルのトップから標高1350メートルのベースまで、つがもり、しゃくなげ、しらかばゲレンデと続く標高差500メートル、全長3000メートルのコースをノンストップで一気に滑った。テンションが上がる、気分爽快!足腰膝がガタガタになり息も上がる!やれやれ、年には勝てません!(笑)   

Img_62157

大自然の中へ・・・ネイチャートリップ、ゆっくりと雪山に浸透していく。 

天元台高原スキー場は、自然そのままの手つかずの原生林を生かしたゲレンデづくりが行われている。そのため、ここでは、本来の冬山を滑る楽しさを満喫できる。

Img_62107

標高1550メートル、中間のしゃくなげゲレンデのある「レストハウスホワイト」。営業しているようでした。

どこのスキー場も同じですが、高齢のおじいさんスキーヤーのグループが多く来ていました。スノーボーダーも若い人は少なく、中高年のおじさん、おばさんスノーボーダーが多かったです。間違いなく今のスキー場を支えているのは団塊の世代のスキーヤーです。

Img_61617

親(母)子のスノーボーダー。 小学校低学年のスノーボーダーでしたが、オーリーはするし、トップのつがもりゲレンデのパウダーをおかあさんといっしょにガンガン滑っていました。間違いなくおかあさんよりも上手かったです。恐れ入りました。(笑)

#「オーリー」はこちらを見てください。

|

« スプリングバレースキー場 (仙台市泉区) | トップページ | グランデコ スノーリゾート (福島県北塩原村) »