« 国宝 縄文の女神 (山形県舟形町) | トップページ | 栗駒山 (宮城県栗原市) »

2019年9月12日 (木)

南蔵王縦走・刈田峠~不忘山 (宮城県蔵王町、白石市)

蔵王エコーライン刈田峠~杉ヶ峰(1745m)~屏風岳(1817m)~南屏風岳(1810m)~不忘山(1705m)を往復してきました。 曇り時々晴れのまずまずの天候で、風が強く 涼しいを通り越して寒いくらいでした。この涼しさ、寒さが幸いし快調に登ることができました。いや~ラッキーでした。(笑)

今回もまた、登り始めて4時間を過ぎたあたりで、前回と同じ左の太腿内側が少し痙攣してきて痛くなってきました。このままだったら、またつるなーと思い用意してきたツムラ漢方の 「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」 を一袋飲んだら、なんと10分もしないうちに痙攣も痛みも治ってしましました。いやー、驚きました。その後は、まったく痛みもなく、つることもなく快調でした。 なんでも、「芍薬甘草湯」 はその名のとおり、芍薬と甘草の2つの生薬で作られていて芍薬と甘草は、筋肉の引きつりを緩める作用があるとのこと。 いやー、素晴らしい薬です。中高年の登山者に大人気の理由がわかりました。

刈田峠発 (7: 00)~不忘山着 (10: 00) 不忘山発 (10: 30)~刈田峠着 (13: 30) 休憩含む。約6 時間30 分のトレッキングでした。

Img_49957

標高1652mに展開する芝草平。もうすでに秋の装いでした。

Img_49407_20190914215201

屏風岳(1817m)山頂。 芝草平からは、緩いダラダラとした登りが屏風岳まで続く。

この辺りはガスに覆われて展望はまったくダメでした。

Img_49497

南屏風岳(1810m)山頂。 屏風岳から南屏風岳までは、坦々とした道が続き雲上の散歩が楽しめる。気分爽快です。

Img_49537

南屏風岳から不忘山 (左側) への稜線。 不忘山側から6~7人のグループが登ってきました。水引入道経由で周回するとのこと。

南屏風岳 (1810メートル) から不忘山 (1705メートル) までは、今までの雲上の散歩道とはうって変わって、両斜面が急斜面となって落ち込んだ崩壊の激しいヤセ尾根コースとなっている。慎重に進みましょう!

Img_49667

不忘山山頂を望む。山頂はもうすぐだ!あとひと登り!

Img_49707

不忘山 (1705メートル) 山頂。 山頂は、白石スキー場側から登ってきた登山者でけっこう混んでいました。さすが人気の山です。

Img_49767

山頂から長老湖方面を望む。 多少雲がかかってはいましたが、蔵王連峰最南端の山からの展望は、まずまずで良かったです。

|

« 国宝 縄文の女神 (山形県舟形町) | トップページ | 栗駒山 (宮城県栗原市) »