« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月26日 (木)

栗駒山 (宮城県栗原市)

昨日、「いこいの村栗駒」跡地にある裏掛コース登山口から栗駒山(1627メートル)に登り周回してきました。多少風がありましたが、天候もまずまずで涼しく最高のトレッキングができました。紅葉には少し早い感じでしたが、大満足です。 

裏掛コースは、表掛コースとともに修験道の時代からの古道です。変化に富んでいて、大変魅力的なコースですが、登っていたのはわたくしだけで、誰とも出会いませんでした。でも、東栗駒山コースと合流したとたんに多くの登山者に出会うことになります。やれやれ。

旧いこいの村登山口発 (7: 30)~ドゾウ沢源頭の崩壊地点~笊森(ざるもり)避難小屋分岐~東栗駒山分岐~栗駒山山頂着 (11: 10)  栗駒山山頂発 (11: 40)~いわかがみ平~旧いこいの村登山口着 (14: 30) 休憩含む。約7時間のトレッキングでした。

Img_50277

西側の駐車場にある登山口を案内板に沿って進む。

Img_50337

硫黄臭が漂う新湯沢を難なく渡る。

Img_50347

ブナの原生林の中の急斜面をひたすら登る。涼しくてもけっこう汗を絞られる。

いたるところに苔むした岩がゴロゴロと出現し、まさに「古道」という感じでした。登る人が少ないので、藪っぽいのかなー? と思っていましたが、予想に反して登山道は、笹などの下草が完璧に刈り払われていてストレスなく快適に登ることができました。

Img_50447

いよいよドゾウ沢の源頭部にさしかかる。期待でワクワクしてきました。(笑)

Img_50637

ドゾウ沢源頭部の大規模な崩落地点。手つかずで残っています。「栗駒山ジオパーク」の最大の見どころと言ってもいいでしょう。今回、この現場を見るために登ってきました。ここぞとばかりに写真を撮りまくりました。(笑)

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震によりここドゾウ沢の源頭部が大崩落しました。その時土石流が発生し、沢を10キロも流れ下り大きな被害をもたらしたそうです。

Img_50537

崩落現場は垂直に切れ落ち、自動車大の巨石がいたるところにゴロゴロと転がっていた。大雨になったらまた土石流が発生しそうな雰囲気です。すさまじい地震の爪痕を、こんなまじかで見ることができるなんてすごいことです。よくぞ、立ち入り禁止にしないでくれました。感謝です。 この辺りは道がないので、ロープが張られています。ロープに沿って進めば問題なく通過することができます。

Img_50417

土石流が流れ下ったドゾウ沢を見下ろす。今は緑が多くなりました。

Img_e50687

「天狗の碁盤石」か? 地図には「天狗の碁盤石」と載っていますが、それらしき巨石がいっぱいあったので、とれがどれがどれなのかさっぱり分かりませんでした。

Img_50817

稜線を超えて岩手県側に入る。笊森(ざるもり)避難小屋が見える。

後方の山は烏帽子山か?

登山道は逆U字型になっていて、一度岩手県側に入りまた宮城県側に戻って来るようになっている。この辺りの紅葉もまだ早いようでした。

Img_51077_20190926153501

栗駒山山頂から宮城県方面を望む。山頂は多くの登山者で賑わっていました。
展望は最高!気分は爽快!でした。

Img_e51067

栗駒山山頂から鳥海山方面を望む。右後方の山が鳥海山、少し雲がかかっていました。 山頂付近の紅葉は見ごろでした。

Img_51317

下山時山頂方面を望む。 

山頂からは、少し早い紅葉を見ながらゆっくりと中央コースを下り、いわかがみ平からは、ひたすら車道を下ってきました。やれやれ、けっこう疲れました。(笑)

|

2019年9月12日 (木)

南蔵王縦走・刈田峠~不忘山 (宮城県蔵王町、白石市)

蔵王エコーライン刈田峠~杉ヶ峰(1745m)~屏風岳(1817m)~南屏風岳(1810m)~不忘山(1705m)を往復してきました。 曇り時々晴れのまずまずの天候で、風が強く 涼しいを通り越して寒いくらいでした。この涼しさ、寒さが幸いし快調に登ることができました。いや~ラッキーでした。(笑)

今回もまた、登り始めて4時間を過ぎたあたりで、前回と同じ左の太腿内側が少し痙攣してきて痛くなってきました。このままだったら、またつるなーと思い用意してきたツムラ漢方の 「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」 を一袋飲んだら、なんと10分もしないうちに痙攣も痛みも治ってしましました。いやー、驚きました。その後は、まったく痛みもなく、つることもなく快調でした。 なんでも、「芍薬甘草湯」 はその名のとおり、芍薬と甘草の2つの生薬で作られていて芍薬と甘草は、筋肉の引きつりを緩める作用があるとのこと。 いやー、素晴らしい薬です。中高年の登山者に大人気の理由がわかりました。

刈田峠発 (7: 00)~不忘山着 (10: 00) 不忘山発 (10: 30)~刈田峠着 (13: 30) 休憩含む。約6 時間30 分のトレッキングでした。

Img_49957

標高1652mに展開する芝草平。もうすでに秋の装いでした。

Img_49407_20190914215201

屏風岳(1817m)山頂。 芝草平からは、緩いダラダラとした登りが屏風岳まで続く。

この辺りはガスに覆われて展望はまったくダメでした。

Img_49497

南屏風岳(1810m)山頂。 屏風岳から南屏風岳までは、坦々とした道が続き雲上の散歩が楽しめる。気分爽快です。

Img_49537

南屏風岳から不忘山 (左側) への稜線。 不忘山側から6~7人のグループが登ってきました。水引入道経由で周回するとのこと。

南屏風岳 (1810メートル) から不忘山 (1705メートル) までは、今までの雲上の散歩道とはうって変わって、両斜面が急斜面となって落ち込んだ崩壊の激しいヤセ尾根コースとなっている。慎重に進みましょう!

Img_49667

不忘山山頂を望む。山頂はもうすぐだ!あとひと登り!

Img_49707

不忘山 (1705メートル) 山頂。 山頂は、白石スキー場側から登ってきた登山者でけっこう混んでいました。さすが人気の山です。

Img_49767

山頂から長老湖方面を望む。 多少雲がかかってはいましたが、蔵王連峰最南端の山からの展望は、まずまずで良かったです。

|

2019年9月 5日 (木)

国宝 縄文の女神 (山形県舟形町)

先月、鳥海山に登った帰りに山形県舟形町の西ノ前遺跡によってきました。ここは、縄文時代中期の遺跡で国宝に指定された土偶が発掘された遺跡として有名です。

Img_48437

国宝「縄文の女神」 高さ45センチ、国内最大の土偶である。

平成24年に国宝に指定されました。『文化審議会では「縄文時代の土偶造形のひとつの到達点を示す優品として代表的な資料であり、学術的価値が極めて高い」と高く評されました。』とのことです。  「縄文の女神」は、フランス、中国、ドイツ、イギリスの縄文展にも出品され  「大胆にデフォルメされたデザインが素晴らしい」 「現代彫刻を思わせる斬新さがある」 「まさにシュールなモダンアートだ!」 等々多くの称賛が寄せられたそうです。 まあ、このことがあって国宝に指定されたのでしょう。 本当に洗練された美しさがあります。5,000年前に造られたなんてとても思えないです。後ろ姿も素晴らしいですよ!(笑)

Img_48427

山形中央道沿いにある「西ノ前遺跡」  今は遺跡公園として整備されている。

Img_48417

舟形町の美肌湯「舟形若あゆ温泉」に展示されていた「縄文の女神」
「縄文の女神」の本物は、山形県立博物館に展示されています。

山形県立博物館はこちらをどうぞ。

http://www.yamagata-museum.jp/archives/jomon_no_megami/

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »