« 蔵王連峰 名号峰 (宮城県川崎町) | トップページ | 岩宿遺跡 (群馬県みどり市) »

2019年7月30日 (火)

世界遺産 富岡製糸場 (群馬県富岡市)

先週、所用で群馬県に行ったついでに、時間がとれたので世界遺産の富岡製糸場と岩宿遺跡を駆け足で巡ってきました。  富岡製糸場は、「世界遺産になったから行ってみるか!」という単純な理由で訪問しました。あまり期待していなかったのですが、非常に良い意味で期待を裏切られました。(笑)  良かったです。
工場関係の建物だけでなく、首長館(ブリュナ館)や寄宿舎、寮なども保存されているので、どのような環境だったのかがイメージしやすくて良かったです。 まるで明治時代にタイムスリップした気分になる。素晴らしい!お奨めです。

Img_4727

富岡製糸場正面入り口。

富岡製糸場が建設されたのは明治5年(1872年)。平成18年(2006年)に国の重要文化財に指定、平成26年(2014年)には、「富岡製糸場と絹産業遺産群」としてユネスコの世界遺産に登録されました。

Img_47167

国宝に指定されている「東繭置所」、壁に煉瓦を用いた「フランス式の木骨煉瓦造」が美しい! 

長さが105メートル、高さ15メートル、幅が12メートルもあるとのこと。圧巻です。

Img_47007

国宝「東繭置所」の二階部分。一階は、シルクギャラリー、展示コーナー、体験・実演コーナー、売店などになっている。

国宝には、三棟の建物が指定されている。なんと、群馬県初の国宝だそうです。 

Img_47087_20190729213301

国宝に指定されている「操糸所」

繭から生糸を取る作業が行われていた場所で、当時は世界最大級の工場だったとのこと。見ごたえがあります。

Img_47127

ユネスコの世界遺産登録記念銘

|

« 蔵王連峰 名号峰 (宮城県川崎町) | トップページ | 岩宿遺跡 (群馬県みどり市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵王連峰 名号峰 (宮城県川崎町) | トップページ | 岩宿遺跡 (群馬県みどり市) »