« 太宰治記念館「斜陽館」(青森県五所川原市金木町) | トップページ | 竜飛崎 (青森県外ヶ浜町) »

2019年7月 4日 (木)

亀ヶ岡遺跡・十三湖 (青森県つがる市)

新青森駅からレンタカーで、斜陽館→木造駅→亀ヶ岡遺跡→十三湖→竜飛岬→義経寺→蟹田→新青森駅と津軽半島をほぼ一周してきました。太宰治の小説「津軽」のコースの逆コースです。約200キロ! けっこう強行軍でした。(笑)

Img_45398_20190706072101

JR木造駅の巨大な遮光器土偶、通称「しゃこちゃん」(笑) いやー、まじかで見るとすごいです。圧倒的な存在感。巨大です。この土偶は、東京国立博物館に所蔵されていて重要文化財になっています。左足がついていたら間違いなく国宝になっていたでしょう。

Kuhh8

亀ヶ岡遺跡の説明板。 

亀ヶ岡遺跡は、およそ12,000年続いた縄文時代の晩期(3,000年~2,300年前)にあたる遺跡です。ここからは、工芸品ともいえる大量の漆器が出土して注目を集めました。この辺りは、当時の日本で最も栄えた文化・亀ヶ岡文化の中心地だったようです。 ちなみに、ここは中学生のころから行ってみたいと思ってたところでした。やっと、行くことができました。良かったです。

Img_45468

亀ヶ岡遺跡。

当時の北東北は、亀ヶ岡文化に象徴されるように日本で最も栄えたところでした。このあたりが、世紀の偽書と言われる「東日流外三郡誌」(つがるそとさんぐんし)が書かれた遠因になっているのでしょう? 「東日流外三郡誌」(つがるそとさんぐんし)では、アラハバキ民族・アラハバキ神=遮光器土偶「しゃこちゃん」になっていましたね。(笑)

Img_45567_20190706072101

十三湖湖畔、元祖「しじみラーメン」の和歌山。 後方にみえるのが、太宰が小説「津軽」のなかで「人に捨てられた孤独の水たまりである」と書いた十三湖である。

-----------------------------------------------------

「やがて、十三湖が冷え冷えと白く目前に展開する。浅い真珠貝に水を盛つたやうな、気品はあるがはかない感じの湖である。波一つない。船も浮んでゐない。ひつそりしてゐて、さうして、なかなかひろい。人に捨てられた孤独の水たまりである。流れる雲も飛ぶ鳥の影も、この湖の面には写らぬといふやうな感じだ。」  (太宰治 「津軽」より)

Img_45547_20190706072101

和歌山の元祖「しじみラーメン」。 大粒のしじみがたっぷり入っていて絶品でした。美味かったです。いわゆるシーフードラーメンよりは、遥かに美味いです。

|

« 太宰治記念館「斜陽館」(青森県五所川原市金木町) | トップページ | 竜飛崎 (青森県外ヶ浜町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太宰治記念館「斜陽館」(青森県五所川原市金木町) | トップページ | 竜飛崎 (青森県外ヶ浜町) »