« 焼石岳 (岩手県奥州市胆沢区) | トップページ | 亀ヶ岡遺跡・十三湖 (青森県つがる市) »

2019年7月 3日 (水)

太宰治記念館「斜陽館」(青森県五所川原市金木町)

先週、JR東日本の大人の休日俱楽部パスとレンタカーを使って、津軽半島を周ってきました。天候にも恵まれ最高の旅でした。

Img_45477

明治40年、津軽の大地主・大富豪の津島源左衛門(太宰の父)が今の金額にして約10億円をかけて建築した入母屋造りの大豪邸である。 旅館「斜陽館」として営業していたものを町が買い取り1億円以上をかけて解体修復し、建築当時のままの姿によみがえらせたという。圧倒的な存在感。素晴らしい!!  まるでミニ岩崎邸である。(笑)

Img_45517

内部の階段も豪華。米蔵にいたるまで日本三大美林のヒバを使っているという。

Img_45497

津島家の仏壇。これも豪華絢爛!! ほとんど金色堂です。(笑)

Img_45507

泉水を配した庭園。 太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父は、ひどく大きい家を建てた。風情も何もない、ただ大きいのである」と書いている。でも今は、国指定の重要文化になっている。太宰も喜んでいるでしょう?(笑)

|

« 焼石岳 (岩手県奥州市胆沢区) | トップページ | 亀ヶ岡遺跡・十三湖 (青森県つがる市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼石岳 (岩手県奥州市胆沢区) | トップページ | 亀ヶ岡遺跡・十三湖 (青森県つがる市) »