« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

小野川温泉 やな川屋旅館 (山形県米沢市)

スキーもスノーボードもしないかみさんと、JR米沢駅で待ち合わせて小野川温泉の 「やな川屋旅館」 に一泊してきました。 

小野川温泉は、吾妻連峰に源をもつ大樽川沿いにあり、小高い山々に囲まれた静かで落ち着いた温泉です。 
小野川温泉には、「小野小町が秋田の父を尋ねる道中で、この温泉を発見した」 という伝説が残っているそうです。だから小野川温泉なのでしょう。
小野川温泉 「やな川屋旅館」 は こちらをどうぞ。

Img_40307「やな川屋旅館」
小野川温泉は、「美肌の湯」 として有名です。温泉1㎏中に100mg以上 「メタケイ酸」 が含まれていれば、美肌効果が高いと言われているそうですが、なんとここは、1㎏中に230mgの 「メタケイ酸」 が含まれているそうです。NHKの 「ためしてガッテン」 でも取り上げられたとのこと。すごいです。もちろん源泉掛け流しです。

Img_40267今回は奮発して米沢牛のすき焼きコースにしました。日本三大和牛のひとつにもなっているという米沢牛のすき焼きは美味かったです。素晴らしい!! ビールが進みます。(笑)-------------------------------------------------------------------------

Img_40287米沢名物 鯉の甘露煮と鯉の刺身。
いやーこちらも絶品でした。 鯉の刺身は、何となく泥臭いような感じがしていましたが、まったくそんなことはなかったです。岩魚の刺身のような感じで、淡泊で美味かったです。-----------------------

Img_40327小野川温泉の 「かまくら村」、 旅館のすぐ近くにあります。 米沢は豪雪地帯です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

天元台高原スキー場 (山形県米沢市)

昨日、米沢市の小野川温泉に一泊して、天元台高原スキー場に行ってきました。
パウダースノーを期待して行きましたが、まさに期待通りでした。天元台は期待を裏切らないスキー場です。(笑)
標高1820メートルのつがもりゲレンデから下のしらかばゲレンデまで、ディープに降り積もった極上のパウダースノーが展開していた。 気温マイナス8度、風 やや強め。 一瞬晴れ間もありましたが、終日曇りでパウダースノーが降り続く展開の中、シニア5時間券を購入して9時30分過ぎから13時30分頃まで滑ってきました。 
気分爽快、最高のパウダーライディングができました。大満足です。

Img_39907_2朝一のしらかばゲレンデスラロームバーンは、完璧に圧雪されていました。--------------------------------------------------------------------------------

Img_40017つがもりロマンスリフトにて。
粉雪が降り続く氷点下8度の寒さの中、縮こまって寒さに耐えながら淡々と雪山に浸透して行く・・・・・・・------------------------------------------------------------------------------------

Img_40157つがもりゲレンデトップにて。 午前中は晴れ間もあり気分爽快でした。
天元台高原スキー場の原生林を生かしたゲレンデレイアウトは素晴らしい! 本来の冬山を滑る楽しさを思う存分楽しむことができると思う。-----------------------------

Img_40047同じくつがもりゲレンデトップにて。
まさに 「粉雪が舞う天元台高原スキー場」 でした。-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

Img_40177標高1820メートル、つがもりゲレンデ新雪バーントップにて。遥か下までディープに降り積もったパウダースノーが展開していた。
つがもりゲレンデは、サラサラのパウダースノーが降り積もった無圧雪のオープンバーンが展開していました。
ボードが浮き上がるような感覚!パウダーでの浮遊感・操作感は最高です。一度味わったら病みつきになります。(笑) このバーンを集中的に滑ったので、太ももがパンパンになってしまいました。やれやれ(笑)

Img_40197しゃもじのようなパウダースキーを履いたおじさんスキーヤー数人が、ゲレンデを横切り原生林の中に入っていきました。いわゆる「コース外滑走」ですね。遭難しないように気をつけてください。(笑)----------------------------------------

Img_40077この日は、地元米沢の中学校のスキースクールがあり、生徒さんたちで大いに賑わっていました。指導引率する先生方も大変です!











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

オニコウベ スキー場 (宮城県大崎市鳴子)

友人からオニコウベ スキー場 のリピーターズチケットをもらったので、早速宮城県北西部にあるオニコウベスキー場に行ってきました。  このリピーターズチケットは超お得です。シニアですと リフト1日券+1000円の食事付きで、なんと2,900円なのです。スキー場が赤字になるのでないか?と思ってしまいます。(笑)
天候、晴れのち薄曇り、時々雪で無風、気温はマイナス2、3度と思ったほど寒くはなく、山頂コースでは快適なスノーボード ライディングができました。 休憩を多くとりながら9時30分頃から13時30分頃まで滑ってきました。

Img_39817禿岳とホテルオニコウベ。
ホテル前のオールディフィールドでは、小学校高学年から中学生という感じの少年少女たちがジャイアントスラロームの練習をやっていました。雪が少なくアイスバーンのあるタフな斜面を物ともせずビュンビュン飛ばしていましたね。素晴らしい!!

Img_39737全長1000メートル、最大斜度20度、山頂のフォレストロード。
このコースは、オニコウベでは一番人気のコースです。やや硬めでしたが、きれいに圧雪されたバーンは良かったです。足腰に負担のかからない、気持ちよく快適なスノーボードランができました。しかし、サイドカントリーはパウダーとはほど遠い状態でした。やれやれ。

Img_39757山頂コースから禿岳を望む。
雪が降らないため、山麓コースのすべてが、バリバリのハードバーンでした。急な斜面では、雪がすっかり削り取られてガリガリのアイスバーンになっていました。年寄には足腰に負担がかかり大変です。転倒なんかしたらもっと大変です。大ケガをしてしまいます。やれやれ(笑)

Img_39827ホテルオニコウベの玄関にて。
20数年前、「リゾートパークオニコウベ」 のマスコットとして大きなセントバーナード犬が二匹いました。特に子供と女性には大人気で、一緒に写真を撮ったり、触られたり、なでなでされたりと、しっかり仕事をしていましたが、今ではこのぬいぐるみだけになってしまいました。(笑)
帰りには、ホテルオニコウベの3階にある展望温泉に入って疲れを癒してきました。雄大な禿岳を見ながら湯船にゆっくりとつかることができるので、最高に気分がいいです。お気に入りの温泉です。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2019年1月 3日 (木)

Happy New Year

本年も よろしくお願いいたします。

「Happy Xmas (War Is Over)」

メリークリスマス そしてハッピー・ニュー・イヤー

何の迷いもなく 今年もよい年であることを祈ろう! 誰もが幸せであるように

2019年が、皆さんにとってよい年になりますように。

「A HAPPY NEW YEAR」

今年も沢山いいことが、

あなたにあるように いつも いつも


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »