« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月18日 (日)

鳴子峡、10月下旬 (宮城県大崎市鳴子)

10月下旬にかみさんと行ってきました。平日で雨模様でしたが、大型観光バスや車が次々入ってきて、駐車場は満車状態、レストハウスの食堂は長蛇の列でした。 紅葉の鳴子峡はすさまじい!(笑)

Img_e38197鳴子峡、レストハウス側。
レストハウスから下まで降りて行くことができます。------------------------------------------------------------

Img_e38237鳴子峡、新緑と紅葉のころは絶景です。------------------------------------------------------------------------------------

Img_e38497荒雄川の支流大谷川の清流に沿って、約2.5キロ続く鳴子峡。両側は断崖絶壁の連続である。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_e38357ここで終了、行き止まりです。落石などがあったためこの先には進むことができません。残念です。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_37987帰りに鳴子スキー場の近くにある潟沼に寄ってきました。火山の噴火でできた火口湖で強酸性の湖です。 冷たい雨の中、傘をさしてかみさんと潟沼を一周してきました。やれやれ。-----------------------------------------------------

Img_37877潟沼にて。
訪れる人も少なくひっそりとしていました。-----------------------------------------------------------------------

Img_38077斉藤茂吉の歌碑 

「みずうみの岸にせまりて 硫黄ふく煙のたつは一ところならず」

まさにこの歌の通りです。いたるところが湯気が立ち上り、硫黄臭漂う潟沼でした。場所によっては硫黄臭のキツイところもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »