« 月山スキー場 (山形県西川町) | トップページ | 日本のポンペイ 旧鎌原村 (群馬県嬬恋村) »

2018年6月13日 (水)

東吾妻連峰 (福島県福島市)

吾妻連峰東部、磐梯吾妻スカイラインの浄土平を起点にして、一切経山(1950メートル)~東吾妻山(1975メートル)を周回・トレッキングしてきました。 風が強くて寒いくらいの天候でしてが、時々晴れ間も現れて、梅雨の時期としては、まずまずのトレッキングができました。
浄土平(8:45発)→一切経山(9:55着)→鎌沼→東吾妻山(11:30着)→浄土平(12:55着)休憩含む。 約4時間10分のトレッキングでした。

Img_29137一切経山山頂から望む吾妻連峰のシンボル五色沼。 
「魔女の瞳」、「吾妻の瞳」 とも呼ばれ親しまれている。 まさに、「魔女の瞳」、深い藍色の湖面は、魅惑的で吸い込まれそうでした。(笑)  山岳信仰が盛んだったころ、「五色沼」 は 「雷沼」 と呼ばれていて、水神の棲む沼として信仰を集めていたそうです。

Img_29167一切経山(1950メートル)山頂。吾妻連峰西部、浄土平の吾妻小富士等の眺望が良い。 
ご覧の通り山頂一帯は、荒涼とした悲傷の大地が広がっている。緑がない。どこにもない。
山岳信仰的な奇妙な山名ですが、前九年の役のヒーロー安倍貞任が仏教教典の一切経を山に埋めたとか、弘法大師空海が山頂に埋めたなどの言い伝えもあるそうです。

Img_29187一切経山山頂から望む吾妻小富士。
旧噴火口がすっかり見渡せます。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_29217鎌沼と酸ヶ平の湿原を望む。 
一切経山を下山し、鎌沼と酢ヶ平の木道を進み東吾妻山へと向かう。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_29257東吾妻山(1975メートル)山頂は、強風とガスで展望は全くだめでした。やれやれ。
一切経山までは、晴れ間もあり、まずまずの天候でしてが、東吾妻山に登るころになると、濃いガスがかかってきて雨がポツリポツリと降りだしてきて寒くなってきました。後半は散々でした。(笑)

Img_29337アズマシャクナゲ。  東吾妻山にて撮影。


|

« 月山スキー場 (山形県西川町) | トップページ | 日本のポンペイ 旧鎌原村 (群馬県嬬恋村) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76149/66826568

この記事へのトラックバック一覧です: 東吾妻連峰 (福島県福島市) :

« 月山スキー場 (山形県西川町) | トップページ | 日本のポンペイ 旧鎌原村 (群馬県嬬恋村) »