« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

吉田類じゃないですが・・・・(笑)  「スキー場という聖地へ、雪を求め、パウダーを求めさまよう・・・」 てな訳で、またまた新雪・パウダーの予感がしたので、天元台スキー場に行ってきました。またしても予感はズバリ的中! 標高1820メートルのつがもりゲレンデから下のしらかばゲレンデまで、ディープに降り積もった極上のパウダースノーが展開していた。 気温マイナス13度、風はほとんどなし、一瞬晴れ間もありましたが、終日パウダースノーが降り続く状況の中、5時間券を購入して 9時30分過ぎから13時30分頃まで滑ってきました。 気分爽快なパウダーライディングができました。

Img_22587標高1820メートルの つがもりゲレンデトップにて。
ディープに降り積もったパウダースノーが展開していた。
つがもりゲレンデは、サラサラのパウダースノーが降り積もった無圧雪のオープンバーンが展開していました。
ボートが浮き上がるような感覚!パウダーでの浮遊感・操作感はたまらなくいいです。 一度味わったら病みつきになります。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Img_22777つがもりゲレンデ滑り出し付近。
テクニカル的なことを書きますが、
圧雪バーンの上に降り積もった新雪・パウダーを滑るには、ストレッチングカビングターンができれば十分ですが、ディープなパウダーを滑るには、ちょっとしたテクニックが必要です。 基本は後ろ足荷重です。後ろ足の上に重心を置きます。ディープなパウダーを滑るときには、後ろ足に荷重し、ノーズ(板の前側)を上げるようにして滑ります。 あとは、意識的に膝を曲げ、腰を下げて低い姿勢での抱え込みターンで滑ります。これによって、パウダーによるボードの操作しづらさを緩和できます。スキーで言うところの「ベンディング」です。  
抱え込みターンができないと、ボードの操作が上手くできなくなり、後ろ足に過重しても、ノーズが雪に沈んで失速してしまいますし、最悪ノーズが雪に刺さって転倒してしまい、バックカントリーの場合、脱出できなくなります。 春まで冬眠ということになりかねません。(笑)
パウダーを滑ったあとは、右足(後ろ足)太腿がパンパンになり、想像以上に疲れます。4時間券、5時間券で十分です。(笑)

Img_22707つがもりゲレンデに向かうリフトにて。
気温マイナス13度! しんしんとパウダースノーが降り続く・・・・・・モノクロームの世界!-----------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22637中間のしらかばゲレンデ。
コースサイドには、極上のパウダースノーが降り積もっていた。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22837標高1300メートルのベースにある「アルブ天元台」
この日は、地元の小学校のスキースクールがあり、生徒さんたちで大いに賑わっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

泉高原スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

ここ数日は強い冬型の気圧配置となり、東日本の上空には猛烈な寒気が流れ込んでいます。仙台の予想最高気温は、なんと、マイナス1度!真冬日です。 う~む、これは・・・・・・と、新雪・パウダーの予感がしたので、遠出はやめて、スプリングバレースキー場に行ってきました。予感はズバリ的中! 地元スプリングバレースキー場 のゲレンデは、ヤバイくらいの新雪・パウダースノーが展開していた。!!気温かなり低めで、終日パウダースノーが降り続く展開。しびれるくらい素晴らしい新雪・パウダーライディングができました。大々満足です。(笑)
4時間券を購入して、9時過ぎから12時30分過ぎまで滑ってきました。

Img_22377高速クワットリフトにて。
グルーミングバーンの上にも分厚くパウダースノーが降り積もっていて、大胆にスラッシュしてスノースプレー 飛ばし放題でした。ほんとに気分爽快です。(笑)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_22437クリッパーコーストップにて。
高速クワットリフトでトップに上がり、クリッパーBコースの無圧雪ノートラックバーンやサイドのふかふかのパウダーをたっぷり味わってきました。
また、クリッパーAコース上部のサイドに展開するクォーターバンクっぽいところのパウダーも楽しんできました。
いや~大々満足です。(笑)

Img_22287リフトにて。
20代後半から本格的にスキーを始めて、30代の頃は、毎週のようにスプリングバレー スキー場に通っていました。週に2回行くこともありました。 しかし、今はスノーボードで、年に1回しか行かないスキー場になってしまいました・・・・やれやれ(笑)

Img_22417ベースにて。
パウダースノーが延々と降り続いている。 
うかうかしているとあっという間に雪が積もってしまうので、係のおじさんも大変です。 頻繁に除雪機で除雪をしていました。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

黒伏高原スノーパーク ジャングル2 (山形県東根市)

昨日、スノーパーク ジャングルジャングルに行ってきました。天候は曇りベースで、風もなく、暖かく、まるで春のような陽気でした。雪は、適度に緩んでいて滑りやすく、快適なランができました。おじさんにとっては最高の天候でした。(笑) 大満足です! 4時間券を購入して、9時過ぎから13時頃まで滑ってきました。

Img_22257E-2コース中間部にて。滑るほどに黒伏山が圧倒的な迫力で迫ってくる。
E-2コースは、全長1,800メートルのロングバーンです。滑り出しは緩やかな林間コースで幅が狭いが、200メートルほど滑ると広々とした中斜面が展開する。 無圧雪のサイドカントリーをメインに滑ってきました。雪が適度に緩んでいたので、ブレーキもかからず快適なランができました。気分爽快です。

Img_22137女性も含む若手自衛隊員のスキー訓練が行われていました。見た感じ超初心者の練習らしく、まるで小中学生のスキースクールのようでした。(笑)------------------------------------------------------------------------------------

Img_22227E-2コース トップにて。
午前中は、薄曇りで暖かく気分爽快な滑りができましたが、午後になると雪がもさもさと降ってきました。まあ、雨よりはいいですが・・・・(笑)--------------------------------------------------------------

Img_22177_2ベースのスキーセンター前にて。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

A Happy New Year

ブログをはじめてから、今年で14年目に突入です。 長いようで、短いようで・・・・
わたくしも歳をとりました。(笑)
当時書いていた記事は、人目に触れることもなく ひっそりとブログの隅に埋もれてしまって、今となってはすっかり古ぼけてしまい、わたくしのなかではセピア色の思い出となっています。

気持ちにゆとりと彩を持ち、まだまだ伸びしろがあると思いつつも、身体にほころびを感じる年齢になってきました。(笑)  いつまでも感動のある人生を送りたいと思っています。

#新年にぴったりの名曲、U2の 「 New Year's Day 」を聴いて下さい!
-------------------------------------------------------------------------
何もかも静かな新年の日

世界は真っ白になりつつある

僕は君と一緒にいたいんだ

昼も夜も一緒にいたいんだ

何も変わらない新年の日

今日は新年の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »