« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月26日 (火)

オニコウベスキー場 (宮城県大崎市)

昨日、暴風雪警報が出ている中、オニコウベスキー場に行ってきました。 動いていたリフトは、ホテルよりの第三ペアリフト一基のみ! リフトは、突風、烈風のため時折ストップする状態。 リフト停止は時間の問題でした。予想通りリフトは、11時30分過ぎには停止してしまいました。やれやれ。 そんな中、特別料金のリフト一日券2,000円を購入して、9時から11時30分まで滑ってきました。 

Img_21737三世代スノーフリーク。
おばあちゃんはスキー、息子はスノーボード、孫もスノーボード でした。 お嫁さんは、レストハウスで小さい子供をあやしていました。(笑)----------------------------

Img_21657メローフィールド トップにて。
吹雪のなか、学生さんスノーボーダーが多く来ていました。-------------------------------------------------------------

Img_21757同じくメローフィールド トップにて。
猛烈な吹雪のため、メローフィールド とパスチャーフィールドのみしか滑れませんでした。(涙)-----------------------------------------------------------------------------------------------

Img_21787マイクロバスでやってきた、小学生のレーシングチームが練習していました。 吹雪のなかご苦労様です。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

ホテル プルミエール箕輪 (福島県猪苗代町)

箕輪スキー場でスノーボードをしながら、ホテル プルミエール箕輪に かみさんと一泊してきました。サービスも良く、料金もリーズナブルになっていて良かったです。 
スキーもスノーボーもやらないかみさんは、仙台から新幹線で福島駅まで行き、福島駅からホテルの送迎バスでプルミエール箕輪にやってきました。途中バスの中から眺める雄大な磐梯朝日国立公園の景観に満足したようで良かったです。(笑)

Img_21077ホテル正面。 巨大なつららがぶら下がっていました。 なんとなくホテルオニコウベに似ています。---------------------------------------------------------------

Img_21407泊った部屋のある三階から撮影。吹き抜けの広いロビーを囲むように部屋があります。すごい解放感です。
バブル期に、正統派スキーリゾートホテルとして建てられたので、内部は超豪華! もちろん、部屋も豪華です。
当時は、一泊 30,000円~でしたが、今は、フレンチコースか和風懐石コースの一泊13,000円で泊ることができます。しかも、一日リフト券も付いているので、実質 10,000円くらい! なんとリーズナブルな料金でしょう!(笑)

Img_21477メインディッシュは、サーロインステーキのポワブルソースです。スパイシーなソースで絶品でした。かみさんは、ビールとホットワイン、わたくしは、ビールとハイボールがすすみます。(笑)----------------------------------------------

Img_21507雪見風呂で大満足!(笑)
プルミエール箕輪は、温泉ではありませんが、サウナ付きの大浴場と広い露天風呂があり、ゆっくりとリフレッシュできます。  
箕輪山を流れる天然水「超軟水」のお風呂で、体にも非常に良いとのこと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

箕輪スキー場 (福島県猪苗代町)

昨日、かみさんとホテル プルミエール箕輪に一泊し、数年ぶりに箕輪スキー場で滑ってきました。  天候は、曇りベースで時々晴れ。気温低め。圧雪バーンの上にパウダースノーが、ほどよく降り積もっている状態 で最高のスノーボードができました。 しかし、残念ながら、午後になると雲が厚く広がってきて、もさもさと雪が降ってきて、全くやれやれれでした。

Img_211410ホテル前のE・Tコーストップにて。 正面に小さくホテルが見えます。
ここでは、初心者のスノーボーダーが多く滑っていました。--------------------------------------------------- 

Img_21327箕輪一の人気コース、メープルストリート中間付近。
最大斜度25度 平均13度 全長1600メートルのロングコースで、爽快なダウンヒルが楽しめます。 前半は、起伏にとんだ広い中緩斜面が続き、後半は狭い急斜面になります。
「圧雪されたバーンを離れて、サイドカントリーの自然の林の中を滑ってみたい!」 これは、スノーボードを続けていれば、誰もが抱く好奇心なのです。
箕輪スキー場も、最近は規制が緩くなり、リフト下のパウダーも、ちょっとした林のなかもすべりたい放題でした。さらに、「無圧雪のツリーランコース」 もできていました。いやー、これにはびっくりしました。箕輪スキー場も変わました。(笑)

Img_21277メイプルストリート後半付近。 ここから急斜面のある狭いストレートバーンになります。 混雑している時は、恐怖を感じる!(笑)----------------------------------------------------

Img_21097初心者のE・Tコース側にある、ホテルプルミエール箕輪。 ヨーロッパスタイルの正統派リゾートホテルです。-----------------------------------------------------------

Img_21447_2内部は、こんな感じ。
バブル期に、正統派スキーリゾートホテルとして建てられたので、内部は超豪華! もちろん、部屋も豪華です。
当時は、一泊 30,000円~でした!(汗)  でも、今は、・・・・・・・?(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »