« 地ビールとホヤ酢 | トップページ | 熊そば (宮城県栗原市) »

2017年6月 7日 (水)

月山 (山形県西川町)

スノーボードを背負って月山 (1980メートル) に登ってきました。 かなり高いリフト1回券 (580円) を購入し、バックパックとスノーボード、トレッキングポールを抱えてリフトに乗り、月山上駅へと向かいました。 いざ月山へ・・・・・・!   
気温低めで無風、薄曇りで時折日も差し込むという最高の展開。 気分爽快!ストレス解消!(笑) 最高のトレッキング&スノーボードができました。   
月山駐車場(8:45発)→月山リフト→牛首→月山山頂(11:30着)

Img_10457駐車場から月山下駅のリフト乗り場までは、かなりの距離を歩く。みんな、スキーやスノーボードを担いで、持って、黙々と歩く、歩く、歩く、そして雪山に浸透し行く・・・・・・・
月山下駅に向かう道は、ご覧の通です。月山には4メートルを超える積雪があり、余裕で7月まで滑ることができます。

Img_10617牛首手前付近にて。若いスキーヤーに、あっという間に追い越されてしまいました。やれやれ、若いって素晴らしいなー!(笑)
牛首の斜面は、縦溝も少なくザラメ状の雪質で最高の状態でした。登り返しを考えると「ちょっとしんどいなー」と思いつつ一本滑ってしまいました。急斜面から中斜面へと続く通称牛首ゲレンデは素晴らしかったです。滑り出しの急斜面を大曲カービングターンで滑りこんで行く・・・・・・ターンのたびに集中力が高まり、音が消えた!しかし、やはり、後の登り返しが大変でした。山頂に登る前にヘトヘトになりました。体力の無さを痛感しました。(笑)

Img_10677牛首のピークと湯殿山を望む。ここにボードをデポして山頂に登ってきました。
山頂直下のここで雪渓が切れていました。爽快な雪渓登りも終了です。下からは数名の登山者が登ってきていた。この日は、スノーボーダーがわたくし1人、スキーヤーが5人、一般登山者が10数人くらいでした。

Img_10717月山山頂から湯殿山コース側に少し下ったところに立つ「芭蕉の句碑」。裏側から撮影!(笑) 後方には、朝日連峰、姥ヶ岳、牛首が見えます。
正面には、『雲の峯 幾つ崩て 月の山』 と刻まれています。芭蕉は、約320年前に月山に登っています。
芭蕉46才!神の山 月山への登山を強行!   
『息絶え、身こごえて、頂上にいたれば日没して月現る。 笹を敷き、篠を枕として、臥して明るくなるを待つ。日出でて雲消ゆれば、湯殿に下る。』  
(松尾芭蕉 『おくのほそ道』 より)  
芭蕉46才、まさに死を掛けた登拝でした。

7小高い丘が月山 (1984メートル) 山頂で月山神社のあるところです。 山頂の東側には、大雪城と呼ばれる万年雪のとんでもなく広大な雪原が広がっていました。


|

« 地ビールとホヤ酢 | トップページ | 熊そば (宮城県栗原市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月山 (山形県西川町):

« 地ビールとホヤ酢 | トップページ | 熊そば (宮城県栗原市) »