« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月21日 (日)

地ビールとホヤ酢

#地ビールとホヤ酢は最高のコラボです!!

ホヤは、かみさんの大好物です。今では わたくしもホヤは大好きでが、かみさんと結婚する前は、ホヤは大嫌いでした。かみさんの勧めで新鮮なホヤを食べるようになり大好きになりました。
手前味噌で大変恐縮ですが、うちのかみさんは、スーパーに鮮度の悪いホヤがあると一切買ってこないのです。子供のころから食べていたので、ホヤの鮮度の良し悪しが良く分かるのでしょう。たいしたものです。(笑)
かみさんは、手慣れたもので手際よくホヤ殻をさばいて 「ホヤ酢」 にしてくれました。 新鮮な磯の香りが心地良く、ホヤを食べると初夏を感じます。ビールが進みます。
ホヤは、鮮度が命です。新鮮なホヤを食べるとヤミツキになりますよ。(笑)

Img_09957作家の司馬遼太郎先生は、「街道をゆく-陸奥のみち-」でこう書いています。
『海鞘(ホヤ)が、皿に盛り上げて出てきた。アズキ色の肌をもち、巨大なかさぶたのような感じの海生動物については、天皇の 「相模湾産海鞘類図譜」 という書物を記憶しているほか、なんの知識もない。おもに牡鹿半島 (宮城県の石巻市、女川町) 付近で獲れ、奥州の珍味として知られているが、私は動物性食物についての冒険性が皆無で、子供の頃に食った食品の範囲からいまだに一歩も出られずにいる。ですから遠慮します。』

このホヤは、青森県八戸市の店で出されたホヤでしたから、新鮮な天然ものだったのでしょう。残念でしたね。食ったらヤミツキになったのに・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

月山スキー場 Ⅱ(山形県西川町)

リフトを使って5~6本滑った後、ラストは姥ヶ岳山頂から駐車場まで滑るぞー と思い、ボードを背負ってハイクアップ開始! 2時間くらい滑った後のハイクは、少々疲れましたが、姥ヶ岳山頂からは磐梯朝日国立公園の雄大で素晴らしい景観を眺めることができ、疲れが吹き飛びました。大大満足です。(笑)

Img_09757姥ヶ岳山頂 (1700メートル) より月山を望む。 月山山頂を目指す登山者も多くいました。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_09837姥ヶ岳山頂より鳥海山方面を望む。 雪に覆われた鳥海山も綺麗に見るとができました。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_09767姥ヶ岳山頂より朝日連峰方面を望む。
昼頃になると、スキーヤーやスノーボーダーがぞくぞくと姥ヶ岳山頂に登ってきて、賑やかになってきました。ここは、気軽に雄大な展望を楽しめることができる人気の場所です。---------------------

Img_09867姥ヶ岳上部斜面より望む。遥か下の方に駐車場が見えます。
山頂から稜線に沿っては、ほとんどトレースのない、ザラメ状の広大で爽快な中斜面が展開していた。思わす声が出てしまうほど、素晴らしい滑りができました。
良かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

月山スキー場 Ⅰ(山形県西川町)

「都会に夏を感じたら、月山スキー場!」 ということで、月山スキー場に行ってきました。 月山は、終日風もなく穏やかに晴れ上がり、気分爽快、快適なスノーボードができました。   午前券を購入して、9:00~12:30分頃まで滑ってきました。 帰りには、いつものように「道の駅 にしかわ」 の温泉 (水沢温泉) により疲れを癒し、ビール好きのかみさんのために「月山ビール」を買ってきました。(笑)

Img_09457月山リフト降り口付近。 
今年は、かなり雪が多いようです。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_09527大斜面コース上部付近にて。-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_09617見た感じ、70才前後のジィジ、バァバのスキーツアーの団体さんが多く来ていて、平日なのにけっこう混雑していました。やれやれ。でも、みなさん元気ですね。わたくしよりも遥かに元気です。(笑)--------------------------------------------

Img_09647ボードを背負って姥ヶ岳 (1700メートル) へハイクアップ開始! 朝日連峰が素晴らしい!    Tバーリフトを使って、学生さんたちがタイムを計りながらスノーボードクロスの練習をしていた。けっこうスピード感がありますね!!飽きずにしばらく見ていました。(笑)

Img_09417向かって左側の斜面から望む。 月山湖 (寒河江ダム) 、朝日連峰が見えます。  月山スキー場唯一の谷筋にある大斜面コースは、あっという間にギタギタの荒れた状態になってきました。そこで、左側の斜面をトラバースぎみに奥まで滑っていくと、距離は短いが、ほとんどノートラックの素晴らしい斜面が残っていて、気分よく爽快に滑ることができました。

Img_09887自撮りです!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »