« アルツ磐梯スキー場 (福島県磐梯町) | トップページ | 赤倉温泉スキー場 (山形県最上町) »

2017年1月26日 (木)

オニコウベ スキー場 (宮城県大崎市鳴子温泉)

寒波がもたらした雪で宮城県内のスキー場は、やっとまともに滑れるようになりました。 そこで、昨日、宮城県北西部にあるオニコウベスキー場に行ってきました。天候、晴れのち曇りで時々雪、気温はマイナス2、3度と思ったほど寒くはなく、快適ななスノーボード ライディングができました。 #マイナス10度を超える寒さは、オジサンには堪えますので・・・(笑)  1,000円の食事券付き1日券を買い、9時過ぎから14時30分過ぎまで滑ってきました。  

Img_0356ホテルオニコウベと禿 (かむろ) 岳、定番の写真です。
なんと、ホテルオニコウベは、改装のため休業していました。でも、不定期で営業をするとか・・・・?スキー場の人も良く分からないようでした。やれやれ。  この日は、一迫商業高校のスキースクールで、生徒さんたちがホテルに泊まるとのことで営業はしていました。いやー、今の高校生は恵まれていますね。ホテルオニコウベに泊まってのスキースクールですからね!我々の頃には、ありえないことです!(笑)

Img_03387朝一のロマンスフィールド。
両サイド ギリギリまで圧雪されていました。(涙)  両サイドは、もっと未圧雪部分を残してほしいものです。------------------------------------------------------------------------------------

Img_0341ロマンスフィールドトップ付近。
この日は、おじさんスキーヤーより若いスノーボーダーりほうが圧倒的に多かったです。----------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_03437山頂コースのリフトにて。
晴れてて、しかもほとんど無風状態!テンションも上がります!(笑)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_03517山頂リフト降り口付近。 朝方の山頂パノラマコース (フォレストロード) は、綺麗にグルーミングされていましたが、サイドには、新雪の無圧雪ノートラックバーンが残されてしていました。パウダーとはいきませんでしたが、ほとんど規制もないので、コース脇の新雪をたっぷり味わうことができました。いやー、爽快でした。新雪の無圧雪バーンを滑ると、本当に気分がいいです。11時頃になると、多くのパウダーフリークが昇ってきて、バーンは荒れ放題になってきました。やれやれ。ここは朝一がお奨めです。


|

« アルツ磐梯スキー場 (福島県磐梯町) | トップページ | 赤倉温泉スキー場 (山形県最上町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76149/64811428

この記事へのトラックバック一覧です: オニコウベ スキー場 (宮城県大崎市鳴子温泉):

« アルツ磐梯スキー場 (福島県磐梯町) | トップページ | 赤倉温泉スキー場 (山形県最上町) »