« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

啄木と賢治と谷村新司

啄木と賢治の作品は、広い領域に影響をあたえている。その一つが日本のミュージックシーンだと思う。はっきり言って、啄木・賢治の影響を受けていないシンガーソングライターや作詞家は、いないといってもいいでしょう?(笑)
シンガーソングライター谷村新司の代表作 「昴」 は、啄木の短歌をサンプリングして組み立て作られました。そのことは、けっこう知られています。 学生時代、啄木に心酔していた谷村は、こう言っています。  「大学時代に石川啄木を読みました。読んだと言うより食べました。そしてその時食べた糧が、曲や詩となって出てくるのです。」と。

呼吸(いき)すれば 胸の中(うち)にて鳴る音あり 凩(こがらし)よりもさびしきその音!

眼閉づれど 心にうかぶ何も無し さびしくも また眼をあける

(石川啄木 「悲しき玩具」 より)


目を閉じて なにも見えず 哀しくて目を開ければ 荒野に向かう道より
他に見えるものはなし
       (中略)
呼吸(いき)をすれば 胸の中  凩(こがらし)は哭(な)きつづける
されどわが胸熱く 夢を追い続けるなり

(谷村新司 「昴」 より)


1106235002_main_l

20051211m457昴 (スバル、プレアデス星団)
肉眼では、5~7個の星が見える。日本では古来「昴 (すばる) 、六連星 (むつらぼし) と呼んだ。 約1000年前、清少納言は、枕草子で 「星はすばる。ひこぼし。ゆふづつ。よばい星・・・・・・」と絶賛している。 #スバルは素晴らしい!(笑)
なんと、賢治も 「昴」 という詩を作っているのです。谷村新司は、この詩を知ってたのかもしれませんね?(笑)

       昴

沈んだ月夜の楊 (やなぎ) の木の梢 (こずえ) に
二つの星が逆さまにかかる
  (昴〈すばる〉がそらでさう云つてゐる)
オリオンの幻怪と青い電燈
また農婦のよろこびの
たくましくも赤い頬
風は吹く吹く 松は一本立ち
山を下る電車の奔 (はし) り
もし車の外に立つたらはねとばされる
山へ行つて木をきつたものは
どうしても帰るときは肩身がせまい

(中略・後略)            (宮沢賢治 「春と修羅 第一集」 より)

Img_11_2また、賢治の傑作童話 「銀河鉄道の夜」 の初期形 最終場面に登場するブルカニロ博士は、次のように言っています。
「さあいいか。 だからおまえの実験は、このきれぎれの考えのはじめから終わりすべてにわたるようでなければいけない。 それがむずかしいことなのだ。けれども、もちろんそのときだけのでもいいのだ。 ああごらん、あすこにプレシオスが見える。 おまえはあのプレシオスの鎖を解かなければならない」 と。 プレシオスとは。プレアデス、昴のことです。  「プレシオス鎖」 とはなんでしょうか?
現在出版されている 「銀河鉄道の夜」 最終形には、ブルカニロ博士は登場しません。登場しないまま物語は終わってしまうのです。 賢治は、死の直前まで 「銀河鉄道の夜」 を加筆訂正していました。 なぜ賢治は、死の直前で、この部分を削除してしまったのでしょうか??永遠の謎です。(笑)


法華経だけでなく、聖書にも精通していた賢治は、旧約聖書の「ヨブ記38章31節」をサンプリングして組み立ててブルカニロ博士の言葉を作ったようです。

君はプレアデスの鎖を結ぶことができるか。
オリオンの綱を解くことができるか。
君は12宮をその時にしたがって引き出すことができるか。
北斗とその子星を導くことができるか。
君は天の法則を知っているか。
そのおきてを地に施すことができるか。    (旧約聖書 ヨブ記38章31節)

谷村新司 「昴」 はこちらをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

カーボン製 スノーボード

わたくし的には、かなり高かったのですが、ヨネックスのカーボン製 スノーボードをついに買ってしまいました。値段はご想像にお任せします。(笑)
最近では、ロッカー、ダブルキャンバー、ツインチップ、ゼロキャンバーなど、様々な形状のスノーボードが発売されいいますが、結局、一番オーソドックスなキャンバーボードにしました。 新雪・パウダー斜面から荒れた腐れ雪のバーンまで、オールラウンドに滑りこなすには、キャンバーボードが最適だからです。

Img_01897ヨネックスは、世界で唯一カーボン製のスノーボードを作っているメーカーです。まあ、安定性にやや欠けるなどいろいろ言われていますが、一番の売りは「軽量」 ということです。ボードを背負ってハイクしたり、パウダー、新雪の斜面を滑るには、最適なボードです。
実は、まだ使っていません。(笑) シーズン初めのスキー場は、ブッシュや小石が多いので、傷が付いたらいやだなーと思ったからです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

黒伏高原スノーパーク ジャングル2 (山形県東根市)

新雪がもさもさと降り続く中、ジャングルジャングルスキー場に行ってきました。 時折吹雪くと猛烈に寒くなってきます。 パウダー・新雪フリークにとっては、最高のコンディションてでした。 今シーズンは、なんか、最高の滑り出し、出だしです。(笑)  4時間券を購入して9時から12時過ぎまで滑ってきました。   

Img_01707ベースにて。 時折猛烈な突風が吹き付け、数メートル前が見えなくなる。やれやれ。
パウダーとはいきませんでしたが、新雪が分厚く降り積もり、非圧雪のサイドカントリーだけでなく、通常のバーンも新雪の滑りが楽しめました。 朝一から11時頃までは、まさにパウダー、新雪を食いつくすという感じでした。 いやー、最高でしたね。(笑)

Img_01687ベースのジャングルプラザ(スキーセンター) 
昼頃になるとスノーボーダーが続々とやってきて、バーンは荒れ放題になってきた。 荒れたバーンを滑ると、足腰にかなり負担がかかってくるので、おじさんスノーボーダーは昼頃ですでに終焉ムードでした!!(笑)

Img_01807全長1800メートルのE-2コース。   
近年のパウダー・新雪ブームで、許可されていないコース外を滑走して雪崩に巻き込まれたり、遭難したりするスノーボーダーやスキーヤーが多くなっています。まあ、気持ちは解りますが、許可されていないコース外を滑走するのは止めましょう!スキー場のスタッフは大変です。 夏油高原スキー場のように、バックカントリー的なバーンを解放しているところもあるし、リフトを最大限に利用して、非圧雪のオープンバーン (サイドカントリー) を自由に滑れることができるスキー場も けっこう増えてきました。みなさん、こんなスキー場に行きましょう!(笑)

Img_01857_2W-2コースから望む。 黒伏山の迫力ある景観が観られなかっのは残念でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

秋田八幡平スキー場 (秋田県鹿角市)

ほぼ全面滑走可になった 秋田八幡平スキー場に行ってきました。 仙台の自宅を5時過ぎに出発し、スキー場に着いたのが、なんと8時50分頃でした。いやー、さすがに遠かったです。(笑)
気温かなり低め、積雪40センチで、パウダーの圧雪バーン。サイドカントリーは、無圧雪のパウダースノーが降り積もりっていてパウダーラン天国でした。シーズン初めから大満足です!  5時間券を購入し、9:00~13:00分まで滑ってきました。 

Img_01327_2ゲレンデ上部を望む。無圧雪のパウダースノーが展開するサイドカントリー。
天元台スキー場も夏油高原スキー場も微妙な状況のなか、ほぼ全面滑走可になったのが、秋田八幡平スキー場はでした。東北で一番早滑ることができるスキー場です。

Img_01447秋田八幡平スキー場 唯一のレフトにて。 
高速ではなく、クラシックスタイルのリフトで、のんびり、ゆっくり!おじさんには心地良いリフトです。(笑)-----------------------------------------------------------------------

Img_01587_2ぶな森ゲレンデトップ付近。
緩斜面の林間コースを抜けると、広大なバーンの「ブナの森ゲレンデ」にでます。 正面の焼山(1366メートル)方面の山からは、噴煙が上がっています。ちょうどこちら方面に風が吹き付けていたので、硫黄臭が漂い喉が少しヒリヒリしてきました。もちろん、たいしたことはないですが!

シーズン初めの一本目は、なぜか少し緊張します。 ゴーグルをセットし、深く、ゆっくりと深呼吸し、ボードの感触を確認しながら慎重に滑りだす。 半年ものブランクがあるのに、体が自然に反応する。ターンを重ねるたびに集中力が増し音が消えた。斜度が増すごとにスピードに乗る。雑念が一枚一枚はがれ落ちてく・・・・

Img_01527ぶな森ゲレンデ。
朝方は曇っていましたが、しだいに晴れてきました。--------------------------------------------------------------------------------

Img_01567滑り出し付近。
秋田八幡平スキー場は、スキーヤーの多いスキー場ですが、今日は、珍しくスノーボーダーの方が多かったです。---------------------------------------------

Img_01507昼食は、八幡平ポークのチャーシュー入り豚骨ラーメンとライスでした。いやー、豚骨ラーメンは旨かったです。チャーシューは絶品でした。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

世界遺産 ラスコー展 (東京国立科学博物館)

「2万年の時を超え、洞窟壁画が東京に出現!!世紀の大発見を体験。クロマニョン人が残し洞窟壁画」 とのことで日帰りで行ってきました。 いやー、実に素晴らしかったです。感動しました。今年最大のイベントだと思います。
今回は、クロマニョン人とか旧石器などに、まったく興味のないかみさんとは別行動になりました。わたくしは、超楽しみにしていた 「ラスコー展」 へ真っ先に行き。 かみさんは、東京都美術館の 「ゴッホとゴーギャン展」 を観てから、上野にある寄席で落語を聞きに行くとか言っていました。やれやれ。 わたくしは、落語にはまったく興味がないのでした。(笑)

Img_00697『今から2万年ほど前、フランス南西部のヴェゼール渓谷にある洞窟に、躍動感溢れる動物たちの彩色画が描かれました。そこはラスコー洞窟、壁画を描いたのはクロマニョン人です。ラスコー洞窟の壁画は、彼らが描いた数ある壁画の中でも色彩の豊かさや、技法、そして600頭とも言われる描かれた動物の数と大きさなどが格別に素晴らしいと言われており、1979年に世界遺産にも登録されました。壁画を保存するため、洞窟は現在非公開となっていますが、その魅力を広く人々に知ってもらうべく、フランス政府公認のもと制作された展覧会が「LASCAUXINTERNATIONALEXHIBITION」です。2016年秋、世界各国で人気を博しているこの巡回展に日本独自のコンテンツを加えた特別展 「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」 を開催いたします。』 とのことです。
なんと、この「世界遺産 ラスコー展」は、来年の3月末に宮城県にも来るのです。(多賀城市の東北歴史博物館で開催) いやー、驚きました。もう一度観られるなんてダブル感激です。(笑)  ちなみに、日本での開催は、東京、宮城、福岡の3ヶ所のみです。

Img_00917写真パネルです。
ラスコー洞窟入口に近いギャラリー 「牡牛の間」。 赤、黒、黄色、茶色で描かれた牡牛、疾走する馬の群れ、鹿の群れ、ユニコーンなどが圧倒的な大迫力で描かれています。しかも、なんと「遠近法」で描かれているのです。二万年前に遠近法を駆使して描いていたなんて驚きです。素晴らしい!

Img_00747黒い牝牛。 
「身廊」 と呼ばれるギャラリーに描かれている2メートルを超える巨大な牛です。圧倒的な迫力、存在感で迫ってきます。 ラスコー洞窟の壁画は、レーザースキャンなどの最新のテクノロジーを駆使して、なんと1ミリ以下の精度で完璧に復元されています。まさに本物と言ってもいいでしょう。 

Img_00727同じく 「身廊」 に描かれている 「背中合わせのバイソン」。この絵も遠近法で描かれています。 ラスコー洞窟には、大きく分けて 「牡牛の間」、「軸状ギャラりー」、「身廊」、「後陣」、「ネコ科部屋」 の5のギャラリーがあります。---------------

Img_01097パンフレット。
夜行性ではなく、暗闇を恐れるはずのクロマニョン人 (ホモ・サピエンス) が、なぜ、真っ暗闇の洞窟にわざわざ入って絵を描いたのか? しかも、洞窟の入口付近だけではなく、洞窟のかなり奥深くまで入り込んで絵を描いたのか?・・・・・まさにミステリーです。 多くの学者や考古学者、宗教家、美術家などが、様々な説を唱えているようですが、確かなことは何も分からないのです。クロマニョン人に聞くしかないということです。(笑)

だだ、最近の遺伝子研究の進歩により、 「ヒト科で唯一生き残り、大繁栄した我々ホモ・サピエンスには、発生時から絵を描くというアート的な遺伝子(本能)が備わっていたのだ」 という説が注目されているそうです。 
#アート的な遺伝子が発見されれば、完璧なんですけどね!?(笑)

Img_0089クロマニョン人の復元模型。 
ラスコー展は、写真撮影可の場所が多くて、良かったです。さすが、国立科学博物館!良心的です。美術館とは違います。(笑) 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »