« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月25日 (火)

蔵王 (山形県上山市) 

山形県上山市の蔵王坊平ライザワールドスキー場から中丸山→蔵王(熊野岳)→レストハウス→蔵王坊平ライザワールドスキー場と周回してきました。強風でしたが、午前中は、雲一つない秋晴れとなり最高のトレッキングがてきました。 南アルプスの天然水を飲みながら登ってきました (笑) 大満足です。
蔵王坊平ライザワールドスキー場 (8:00発) →中丸山 (9:30着) →蔵王 (熊野岳 10:40着) →お釜→レストハウ(11:40着) →御田神 → 蔵王坊平ライザワールドスキー場 (13:00着) 約5時間のトレッキングでした。(休憩含む)

Img_83785紅葉の仙人橋。
スキー場の中間にあるペンションTOOコットンの脇を通り、急斜面を仙人沢の深い谷へと降りて行く。橋を渡って対岸へ移ると、ここからブナの樹林帯の中をジグザグに進む急登が続く。---------------------------------------------------------------

Img_83812仙人橋から望む、仙人沢の紅葉。仙人が住んでいそうな深くて暗い谷だ。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_83912ブナ林の急斜面を登りきると、緩斜面の登りがしばらく続く。
落葉した葉っぱを踏みしめての登りは、気分爽快です。まさに「秋色の道」でした。太陽の光に照らされた葉がキラキラと輝き、ブナの樹林帯が明るく見えます。-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_84034中丸山 (1562メートル) 山頂から熊野岳を望む。
ブナの樹林帯を抜けアオモリトドマツが多くなってくると、ほどなくして中丸山山頂に到着する。----------------------------------------------------

Img_84115山頂手前付近からワシ岩を望む。  
ワシ岩が迫ってくると山頂は近い。山頂は、もうすぐだ!----------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_84259蔵王 (熊野岳 1841メートル)山頂に建つ、地元上山市出身の歌人 斎藤茂吉の歌碑。 『陸奥をふたわけざまに聳えたまふ 蔵王の山の雲の中にたつ』 とあります。後方に見えるのは、熊野神社。
山頂は、ご覧の通り。まさに真冬の寒さ!風も強いしで、とんでもなく寒かったです。しかし、山頂からの展望は、吾妻連峰、飯豊連峰、朝日連峰、月山、鳥海山など360度の大パノラマを堪能できました。素晴らしい大パノラマを満喫できて、大満足です。

Img_84326熊野岳付近から望む蔵王のシンボル「お釜」と南蔵王の山並み。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

この 宇多田ヒカルのCMいいね!!感動した!(笑)

CM曲は、宇多田ヒカルのニューアルバム 「Fantome」 (ファントーム) に収録されている 「道」 が起用されました。
転調を繰り返し、凝った構成になっています。良い曲ですね。 
   
#南アルプスの天然水は最高だー!!(笑)

#謹んで 福島県出身の登山家 田部井淳子さんのご冥福をお祈り致します。

今話題のサントリー南アルプス天然水のCMはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

栗駒山 (岩手県一関市)

久しぶりの山登りでもあり、足慣らし、身体慣らしも兼ねて、岩手県一関市の須川温泉から登ってきました。 天候は、曇りベースで 時々晴れと、まずまずでしたが、北海道や東北北部に寒気が入っているためか、稜線にでると、猛烈な突風が吹き付けてきました。フリースとダウンベストを中に着込み、姿勢を低くしてゆっくりと慎重に登りました。やれやれ。
#須川温泉(8:00発)→昭和湖→栗駒山山頂(9:45着)→昭和湖→須川温泉(11:40着) 約3時間40分のトレッキングでした。(休憩含む)  

Img_83656_2須川温泉近くの通称「ゆげ山」の紅葉。
この辺りは、天然のロックガーデンになっていて、いたたる所から水蒸気が噴き出している。山頂付近の紅葉は、すっかり終わっていましたが、須川温泉付近の紅葉は、辛うじて見頃を保っていました。--------------------


Img_83615地獄谷付近。
流れる雲の間から太陽が顔を見せ、光がさしこむと、秋色の山肌が、キラキラと輝いてきれいです。気分も爽快になります。
山肌の紅葉もそろそろ終焉ムードです。晩秋を思わせる雰囲気が漂っていて、まあ、少し寂しくもありますが、落ち着いた静けさが心地よく感じます。

Img_83464天狗平手前付近から山頂方面を望む。
天狗岩が見えます。遠くから見ると天狗にみえるそうですが、何回見ても天狗には見えないです!(笑)----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_83509天狗平に気象庁が設置した噴火を予知するための観測機器。
最近設置されたようです。---------------------------------------------------------------------------------

Img_83343天狗岩にて。 天馬尾根コースが見えます。
山頂はもうすぐだ。息もできないほどの猛烈な突風を避け、一息ついてから、吹き飛ばされないように姿勢を低くして慎重に登りました。------------------------------------------------------------------------------------------

Img_83252山頂(1627メートル)は、ご覧の通りです。(笑)   
猛烈な強風にもかかわらず、20人くらいの方が登っていました。ほとんどが高齢者のようでした。相変わらず 高齢者には、人気のコースですね。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

ボブ・ディランさん ノーベル文学賞受賞 おめでとう!

#ディランがノーベル賞をとるなら 「ノーベル平和賞」 だと思っていた!
まさに、超弩級のサプライズでした。世界中が驚きに包まれた そのあとに沸き起こった賛否両論、賞賛と批判の嵐!やれやれ。
スウェーデン アカデミーは、粋なことをしたと思う。 ディランが、グラミー賞でもなく、アカデミー賞でもなく、なんと 「ノーベル文学賞」 受賞とは・・・・この違和感がたまらなく心地良い。(笑)

20131018182905_21971年 ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたバングラデシュ難民救済コンサートにて。
右からレオン・ラッセル (ベース) 、ボブ・ディラン (ボーカル、アコースティックギター、ハーモニカ) 、ジョージ・ハリスン (ギター) 、写真には写っていませんが、リンゴ・スターがタンバリンで参加してます。なんと、即席のスパーバンドの結成です。DVDで観たのですが、素晴らしいライブでした。  このコンサートでディランは、「激しい雨が降る」、 「風に吹かれて」など4曲を歌いましたが、主役のジョージ・ハリスンを遥かに凌ぐ圧倒的な存在感は半端じゃなかったです。貫禄がありすぎました。(笑)  みなさんもレンタルして観て下さい。お奨めです。

「風に吹かれて」の映像が少しありました。こちらをどうぞ。 脇役でしたが、ジョージ・ハリスンのギターも良かったです。

Jklfdsa71img600x4501418546379pzib59「天国への扉」、サム・ペキンパー監督の映画 「ビリー・ザ・キッド21歳の生涯」 のテーマ曲になっています。このあたりの曲だとリアルタイムで聴きました。わたくし的には、けっこう好きな曲です。心に沁みる良い曲です。 まあ、ノーベル文学賞ですから、詩も絶品です。(笑) 平たく言うと 反戦的な詩です。あとリフレインがいいですねー・・・・、まさにリフレインが叫んでいる!(笑)

「天国への扉」 はこちらをどうぞ。

エリック・クラプトンもカバーしている。わたくし的には、レゲイ調でこっちのほうが好きだなー・・・(笑)

---------------------------------------------------------------------
お母さん このバッジをはずして
もう これ以上使うことはないから
暗くなってきた もう何も見えないくらい暗いんだ
僕は 天国の扉をノックしている気分だ

ノックしている 天国の扉をノックしている 
ノックしている 天国の扉をノックしている
ノックしている 天国の扉をノックしている
ノックしている 天国の扉をノックしている

お母さん 僕の銃を床に置いて
もうこれ以上 彼らを撃てないから
あの冷たい黒い雲が迫ってきている
僕は 天国の扉をノックしている気分だ

ノックしている 天国の扉をノックしている 
ノックしている 天国の扉をノックしている 
ノックしている 天国の扉をノックしている 
ノックしている 天国の扉をノックしている 


趣味・思いつくままに・・・ | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »