« 一本松温泉 (秋田県仙北市乳頭温泉郷) | トップページ | 映画 「ロング・トレイル!」 »

2016年8月26日 (金)

燧裏林道~三条ノ滝 (尾瀬国立公園、福島県桧枝岐村)

桧枝岐村の御池から燧 (ひうち) 裏林道を通り、新潟県との境を流れる只見川上流にある三条ノ滝を見てきました。  燧裏林道は、尾瀬の混雑するメインルートを卒業した人たちが、尾瀬の静かなトレッキングを求めて訪れることの多いコースだそうです。この日は歩いている人はかなり少なく、天候にも恵まれ、爽快で静かなトレッキングがてきました。 
あと、三条ノ滝の北側にある渋沢温泉小屋は、廃業したようです。燧裏林道の天神田代分岐と、三条ノ滝分岐から渋沢温泉小屋に向かうコースが「通行止め、通行禁止」になっていました。これから廃道化が進むでしょう。

仙台の自宅を深夜2時50分に出発、御池ロッジの駐車場(7:20分着)、御池ロッジ(7:30分発)→上田代→天神田代→裏燧橋→兔田代→三条の滝(10:10着)  三条の滝(11:10発)→御池ロッジ(2:15着) 約6時間45分のトレッキングでした。(休憩含む)  

Img_81931三条ノ滝。
落差約100メートル、尾瀬ヶ原の水を集めて、轟々とすさまじい音をたてて落下する三条ノ滝。 実に素晴らしい重厚で豪壮な滝でした。  
「直瀑(ちょくばく)、落ち口から滝壷まで一気に落下する滝」としては、水量・規模ともに国内最大級の滝だそうです。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_8202三条ノ滝 展望台。
ここに降り立つには、三条ノ滝分岐から、樹林帯の中の崖のような急斜面を降りて行かなければなりません。足場を確保しながら慎重に下ります。よくもまあ、こんな崖の上に展望台を作ったものです。唖然としてしまいました。帰りの登り返しのことを考えるとぞっとしました。(笑)

Piybn3燧裏林道で最大の湿原である上田代湿原。
緩やかな傾斜地に展開する大きな湿原です。 渡る風も涼しくて心地良く、気分爽快な場所です。ベンチに横になり昼寝をしたい衝動にかられました。(笑)---------------------------------------------------------


Img_81665上田代湿原から望む、百名山 燧ヶ岳(2356メートル)。  
山頂部分が見えます。-----------------------------------------------------------------------------------

Img_81702上田代湿原から望む、百名山 平ケ岳(2140メートル)。 
この辺りからの展望は、素晴らしかったです。------------------------------------------------------------------------

Img_81774吊り橋の裏燧橋。  
この橋を渡り、ブナの樹林帯中を小さなアップダウンを繰り返しながら1時間10分くらい進むと、三条ノ滝へ出ます。


|

« 一本松温泉 (秋田県仙北市乳頭温泉郷) | トップページ | 映画 「ロング・トレイル!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76149/64114386

この記事へのトラックバック一覧です: 燧裏林道~三条ノ滝 (尾瀬国立公園、福島県桧枝岐村):

« 一本松温泉 (秋田県仙北市乳頭温泉郷) | トップページ | 映画 「ロング・トレイル!」 »