« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月26日 (金)

燧裏林道~三条ノ滝 (尾瀬国立公園、福島県桧枝岐村)

桧枝岐村の御池から燧 (ひうち) 裏林道を通り、新潟県との境を流れる只見川上流にある三条ノ滝を見てきました。  燧裏林道は、尾瀬の混雑するメインルートを卒業した人たちが、尾瀬の静かなトレッキングを求めて訪れることの多いコースだそうです。この日は歩いている人はかなり少なく、天候にも恵まれ、爽快で静かなトレッキングがてきました。 
あと、三条ノ滝の北側にある渋沢温泉小屋は、廃業したようです。燧裏林道の天神田代分岐と、三条ノ滝分岐から渋沢温泉小屋に向かうコースが「通行止め、通行禁止」になっていました。これから廃道化が進むでしょう。

仙台の自宅を深夜2時50分に出発、御池ロッジの駐車場(7:20分着)、御池ロッジ(7:30分発)→上田代→天神田代→裏燧橋→兔田代→三条の滝(10:10着)  三条の滝(11:10発)→御池ロッジ(2:15着) 約6時間45分のトレッキングでした。(休憩含む)  

Img_81931三条ノ滝。
落差約100メートル、尾瀬ヶ原の水を集めて、轟々とすさまじい音をたてて落下する三条ノ滝。 実に素晴らしい重厚で豪壮な滝でした。  
「直瀑(ちょくばく)、落ち口から滝壷まで一気に落下する滝」としては、水量・規模ともに国内最大級の滝だそうです。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_8202三条ノ滝 展望台。
ここに降り立つには、三条ノ滝分岐から、樹林帯の中の崖のような急斜面を降りて行かなければなりません。足場を確保しながら慎重に下ります。よくもまあ、こんな崖の上に展望台を作ったものです。唖然としてしまいました。帰りの登り返しのことを考えるとぞっとしました。(笑)

Piybn3燧裏林道で最大の湿原である上田代湿原。
緩やかな傾斜地に展開する大きな湿原です。 渡る風も涼しくて心地良く、気分爽快な場所です。ベンチに横になり昼寝をしたい衝動にかられました。(笑)---------------------------------------------------------


Img_81665上田代湿原から望む、百名山 燧ヶ岳(2356メートル)。  
山頂部分が見えます。-----------------------------------------------------------------------------------

Img_81702上田代湿原から望む、百名山 平ケ岳(2140メートル)。 
この辺りからの展望は、素晴らしかったです。------------------------------------------------------------------------

Img_81774吊り橋の裏燧橋。  
この橋を渡り、ブナの樹林帯中を小さなアップダウンを繰り返しながら1時間10分くらい進むと、三条ノ滝へ出ます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

一本松温泉 (秋田県仙北市乳頭温泉郷)

乳頭温泉郷の黒湯温泉から、登山道を歩いて30分程度で辿り着ける超ワイルドな野天風呂です。(笑)

Img_80741渓流沿いにある「一本松温泉たっこの湯」。
湯は底からプクプクと湧いているようで、かなり温度が高めでした。渓流から水を引いて入れらるようにホースが設置してありました。4~5人くらいは、ゆったり入ることができる贅沢な野天風呂です。もちろん、わたくしは入りませんでしたが・・・(笑)
温泉の周りは、地獄谷風で硫化水素臭が鼻をつきます。この辺りには、昭和初期まで湯治宿があったそうですが、その後 すっかりすたれて忘れさられてしまったとか。数年前に地元の有志の方が復元して、立派な野天風呂に生まれ変わったそうです。

Img_80762黒湯温泉全景。   
黒湯温泉は、乳頭温泉郷のうち最大で、しかも最も人気の高い温泉です。 板屋根や茅葺屋根の宿泊棟、天然木で柱を組んだ露天風呂などが点在し、随所に昔ながらの風情をとどめています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

鼻節 (はなぶし)神社 (宮城県七ヶ浜町)

かみさんの実家のある宮城県七ヶ浜町の鼻節神社に行ってきました。数年前のTVアニメ「かんなぎ」で有名になり、初詣に全国から多くのアニメファンが押し寄せた神社です。

Img_81021今から2400年ほど前に建立されたといわれる鼻節神社は、松島湾の湾口にあたる七ヶ浜町花渕浜の先端にあります。鼻節神社は、陸奥国府多賀城と関係があった由緒ある神社なのです。
明治初年の社殿修復の際に、この神社から「国府厨印 (こくふくりやのいん)」が発見されました。この印は、花渕浜の地が陸奥国府多賀城の御厨 (台所) に、コンブやアワビなどの海産物を供給しいたことを示し、その出納の際に使用されていたものです。 現在でも、多賀城市の奏社宮 (そうしゃぐう) の祭礼の時には、鼻節神社のある花渕浜沖の大根暗礁 (おおねあんしょう) から採ったコンブとアワビを供える習わしがあます。この大根暗礁は、日本におけるコンブの分布の南限になっているそうです。

Img_81002鬱蒼と繁る樹木に囲まれた参道。松林の間から青い海を見おろす高台に、静かに佇む鼻節神社社殿。----------------------------------------------------------------------------------

Img_81236発見された「国府厨印 (こくふくりやのいん)」 」 (4.1センチ四方で 高さ3.9センチの銅印)---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_81113花淵灯台(はなぶちとうだい)   
鼻節神社から鬱蒼と繁る樹木の中を400メートルくらい進んだ岬の先端に花淵灯台はあります。昔は、このあたりに鼻節神社があったそうです。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_81125菖蒲田浜海水浴場を望む。 この辺りは、東日本大震災で壊滅的な打撃をうけましたが、現在は復興も進み、約五年ぶりに海水浴場がオープンしました。 ただし、今年は10日間限定のプレオープンで、来年から本格的にオープンするようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »