« オニコウベスキー場 (宮城県大崎市) | トップページ | 泉高原スプリングバレー スキー場 (仙台市泉区) »

2016年1月30日 (土)

湯の宿 吟の庄 (宮城県大崎市鳴子温泉)

オニコウベスキー場に行った日、かみさんと
鳴子温泉の「吟の庄」
に一泊してきました。スキーもスノーボードもしない かみさんは、当日の午後に、仙台から新幹線とJR陸羽東線 (奥の細道湯けむりライン) を乗り継いで鳴子温泉まで行き、宿でわたくしと合流しました。 うちのかみさんは、JR東日本「大人の休日クラブ」の会員になっていて、鉄道の旅もけっこう好きなので満足したようです。(笑) 

Img_7142湯の宿「 吟の庄」 、宿の内側は滝の流れる庭園になっています。 ここは、団体さんが利用できない温泉宿なので、ゆったりと静かにくつろぐことができます。  吟の庄の隣には、鳴子温泉神社があり、その下には、鳴子温泉のシンボルとも言える共同湯 「滝の湯」 があります。 「滝の湯」 は、鳴子温泉神社の御神湯として1100年の歴史をもつ温泉だそうです。 なんと、「吟の庄」 に泊まると 「滝の湯」 にただで入ることができるのです。(笑)

Img_7144「吟の庄」 には、大理石造りとヒノキ造りの男女別々の大浴場があり、それぞれ露店風呂が付いています。大浴場がアルカリ性硫化塩泉 (肌がツルツルになります) 、露店風呂が硫黄泉になっていて、一度に二種類の温泉を堪能することができます。 鳴子温泉は、「鳴子八湯」と呼ばれ泉質の豊富さで有名ですが、各宿で複数の自家源泉を持っているところも多いです。 

Img_7150今回は、「吟の庄」の割引券をもらったので一泊してきました。 リーズナブルな料金でしたが、フランスワインが一本つきましたし、料理も良かったです。かみさんは、ワインとビール、わたくしは、ワイン、ビール、日本酒とかかなり飲んでしましました。(笑)------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

Img_7146氷のドームに入ったお造りです。いやー、素晴らしい。びっくりしました。(笑)


|

« オニコウベスキー場 (宮城県大崎市) | トップページ | 泉高原スプリングバレー スキー場 (仙台市泉区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の宿 吟の庄 (宮城県大崎市鳴子温泉):

« オニコウベスキー場 (宮城県大崎市) | トップページ | 泉高原スプリングバレー スキー場 (仙台市泉区) »