« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月21日 (月)

宮城蔵王えぼしスキー場 (宮城県蔵王町)

午前中、時間が空いたので えぼしスキー場に行ってきました。なんとか、上部の石子ゲレンデだけが滑れる状態でしたが、ブッシュはあるし、地肌が出ているし、石ころが転がっているヶ所も多く 「一部滑走可!」 の状態でした。  宮城県のスキー場は、全滅状態です。地球温暖化、エルニーニョ現象、恐るべし!(笑)  4時間券を購入して、9時過ぎから12時30分まで滑ってきました。

Img_69973石子ゲレンデ。 こうやって見ると、まずまずのゲレンデ状態なんですがねー・・・・・。積雪30センチのゲレンデでスノーボードは辛いです!やれやれ(笑)------------------------------------------------------

Img_70029石子ゲレンデ滑り出し付近。 スノーボーダーは少なかったですが、相変わらず、中高年というか退職された、いわゆる団塊の世代のスキーヤーが多かったです。今のスキー場を支えているのは、団塊の世代の人たちです。あと、テレマークスキーの練習をしているスキーヤーも多かったですね。

Img_70051かもしかゲレンデ上部から望む。 石子ゲレンデ隣のかもしかゲレンデをスノーボードを抱えて登り、無圧雪のバーンを滑ってきました。最高でしたね。気分爽快でしたが、スノーボード用のザックとポールを持って行かなかったので、登るのがかなりしんどかったです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

天元台スキー場 (山形県米沢市)

ほぼ全面滑走可になったとのことで、天元台スキー場に行ってきました。天候、ヤバイくらいの晴天。気温、かなり低め。雪質、最高!無圧雪のしらかばゲレンデ (スラロームバーンは圧雪)、サイドカントリーは、さらさらのパウダースノー! シーズン初めから、最高のスノーボードランができました。今シーズンは、幸先の良いスタートです。大満足でした。(笑) 5時間券を購入して、9時30分から14時頃まで滑ってきまして。

Img_6967標高1820メートルのつがもりゲレンデトップ。後方は蔵王連峰。 つがもりゲレンデは、つがの原生林が広がり自然環境が素晴らしく、恵まれた雪質を生かしたコースでサラサラのパウダースノーがいつでも楽しめる。-------------------------

Img_6986つがもりゲレンデ滑り出し付近から蔵王連峰を望む。最大斜度32度のタフなバーンが待ち構える! 天元台スキー場の魅力は、なんといってもトップクラスの標高の高さでしょう。ベースで、なんと1320メートル、トップで1820メートルもあるのです。-----------------------

Img_6973トップ付近から望む米沢盆地と後方が朝日連峰(左)と月山(右)。 磐梯朝日国立公園の見事な景観が展開します。滑るのを忘れてしばし見事な景観にうっとりしました。(笑)-----------------------------------------------------------------------------------

Img_6980同じくゲレンデトップ付近。 完璧な晴れでしたが、標高が高いのと気温が低めだったのでサラサラのパウダースノーが降り積もっていました。無圧雪のところは、雪の結晶がそのまんま残っているからなのでしょう、太陽の光を受けてキラキラ輝いていました。圧雪するのは、ほんとにもったいないです!!
Img_6961中間に位置するしゃくなげゲレンデ(標高1500メートル)上部付近。しゃくなゲレンデを二回ほど滑って体を慣らしてから、標高1820メートルのつがもりゲレンデへトップへ昇る。 「今度は急斜面のあるロングコースだ!! 」と気合を入れ、ゴーグルをセットし、大きく深呼吸をして滑り出す。ターンするたびに集中力が増していく。雑念が消えた!つがもり、しゃくなげ、しらかばゲレンデと続く標高差500メートル、全長3000メートルのコースをノンストップで、一気にベースまで滑った。透明な達成感、爽快感!足腰がガクガクになり、息が上がる!やれやれ!(笑)

Img_6988しゃくなげゲレンデ終盤付近。 圧雪バーンを滑っていると、だんだん飽きてきます。後半は、無圧雪のしらかばゲレンデとサイドカントリーを滑っていました。初滑りから感動もののパウダーランができました。大満足です。ラッキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

「黄金のファラオと大ピラミッド展」 (港区六本木)

一泊した次の日は、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーの「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観てきました。 「ファラオは何故、巨大なピラミッドを建造したのか? その謎にせまる!! 」をテーマに第1章~第5章まで、解りやすく展示されていました。 見ごたえがありすぎました。素晴らしい!(笑)

Img_6917鉄も車輪も、何も無かった時代に、単純な道具と人力だけで平均2.5トン、最大50トンもの石を150メートルもの高さまで積み上げて、あれほどの大ピラミッドを造ったなんて未だに信じられないです。説明に無理があるような気がして、なかなか納得ができなかったですね。(笑)

Img_6930今回のメインは、エジプト三大黄金マスクの一つである「アメンエムオペト王の黄金マスク」の出品です。 「黄金マスク」と言えば、400兆円以上の価値があるとされるツタンカーメンの黄金マスクがあまりにも有名です。しかし、残念なことにドイツの展覧会で展示された時、心無い入場者によって傷つけられてしまったのです。それ以来、カイロ博物館を門外不出となってしまったのでした。もう日本に来る事はないのです。しかし、今回、古代エジプトの黄金マスクは観たいが エジプトには行けないと言う人には、最大のチャンスです。ツタンカーメンの黄金マスクは、日本ではもう観ることはできませんが、その代わりと言ってはなんですが、アメンエムオペト王の黄金マスクが観られるのです。

Img_6925展望フロアから東京タワーを望む。 「森アーツセンターギャラリー」は、六本木ヒルズの52階にあります。52階には展望フロアもありましたので、ピラミッド展を観た後に見学してきました。---------------------------------------------------------------------------------------
 Img_6927青山霊園、新宿方面を望む。 展望フロアのカフェエ&レストラン「サザン&ザ ムーン」で一休み! セレブな気分になります!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »