« 「ココアのひと匙」 | トップページ | 「黄金のファラオと大ピラミッド展」 (港区六本木) »

2015年11月30日 (月)

「始皇帝 大兵馬俑展・モネ展」 (台東区上野)

かみさんと一泊二日で東京に行き、共通の趣味である博物館・美術館巡りをしたきました。 東京国立博物館の「始皇帝と大兵馬俑展」、東京都美術館の「モネ展」、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)の「黄金のファラオとピラミット展」などを観てきました。どれも素晴らしかったです。大満足でした。

Img_6873今から約2200年前に 「最初の皇帝」 を名乗り中国大陸に初の統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝。これまでは、冷酷非情で情け容赦ない独裁者というイメージが強かったようですが、発掘が進むにつれて、これまで前例のない「法」による中央集権国家を樹立した合理的でカリスマ性のある偉大な皇帝と評価されるようになってきたそうです。 エジプトのラムセスⅡ世と双璧の「大王」だと思います。

Img_687920世紀最大の考古学的発見と言われる兵馬俑は、始皇帝 直属の精鋭部隊・親衛隊を模したものだと言われいます。総数8000体もの歩兵部隊、騎馬部隊、戦車部隊などの「地下軍団」は、空前絶後、圧倒的な迫力を示していました。圧倒的なスケール、圧倒的な素晴らしさです。

Img_69472「銅馬車」のレプリカも展示されていました。  「銅馬車」とは、秦の始皇帝が支配地を巡行するさいに使用された馬車を銅で製作したものです。----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 Img_6890印象派の巨人として絶大な人気を誇るモネの作品は、実に見応えがありました。  モネの絵は、美しさはもちろんですが、神聖さがあるというか、見るものにある種の安らぎを与えてくれると思います。---------------------------------------------------


Img_68849ご覧の通り、平日なのにチケット売り場は、長蛇の列でした。 館内のレストランも長蛇の列で、昼飯を食べるのにも散々待たされました。やれやれ、クロード・モネの人気は絶大です。----------------------------------------------------------------------------------------------

M01「印象 日の出」   「印象派」という呼称の由来となった歴史的名画です。残念ながらこの絵は、9月19日から10月18日までの期間限定出品 なのでした。残念!(涙)----------------------------------------------------------------------------
Img_69452「印象 日の出」に代わって出品されたのが 「ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅」 です。 これも名画です。  この絵は、「機関車の絵」で有名なイギリスの風景画家ターナーにも多大な影響を与えたそうです。 突然話は飛びますが、ターナーといえば、山下達郎の曲に 「ターナーの機関車」というのがあります。 ターナーの絵が飾ってあるパブで虚飾の夜を過ごす都会の男女の倦怠がテーマの曲です。なかなかいい曲ですよ。こちらをどうぞ。(笑)

|

« 「ココアのひと匙」 | トップページ | 「黄金のファラオと大ピラミッド展」 (港区六本木) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「始皇帝 大兵馬俑展・モネ展」 (台東区上野):

« 「ココアのひと匙」 | トップページ | 「黄金のファラオと大ピラミッド展」 (港区六本木) »