« 見祢(みね)の大石 (福島県猪苗代町) | トップページ | 温湯(ぬるゆ)温泉 (宮城県栗原市花山) »

2015年8月20日 (木)

会津朝日岳 (福島県只見町)

台風による洪水によって閉鎖されていた登山道が3年ぶりに復活した会津朝日岳 (1624メートル) に登ってきました。仙台の自宅を深夜の2時に出発するという 久々のタフなプランでした。睡眠不足と、まとわり付くアブと、登っても、登っても山頂が見えないという眺望の悪さのため、 モチベーションも上がらず憂鬱で鬱屈したトレッキングでした。『なんでこんな山が「200名山」なんだろう?』 と思いながら登っていました。しかし、その答えは、山頂に着いて解りました。山頂は、贅沢でしたよー!(笑)  
赤倉沢登山口(7:00出発)→三吉ミチギ→叶ノ高手(かのうのたかて)→避難小屋→会津朝日岳山頂(11:10着)  山頂(11:40発)→避難小屋→叶ノ高手→三吉ミチギ→登山口(15:30分着) 休憩含む。約8時間30分のトレッキングでした。  
Img_6121赤倉沢登山口。登山コースは、この1本のみで、あとは一切ありません。手付かずの山域の山であることが実感できます。奥会津のさらに奥にある「奥只見の秘峰会津朝日岳」の山頂は、ひたすら遠かったです。  登山口には、福島ナンバーの車が2台ありました。少しほっとしました。 こんな山奥でたった1人の登山では寂し過ぎます。(笑) 結局 山中で出会ったのは、郡山市から来たという単独登山者と4名のグループ登山の人たちでした。 
仙台の自宅を深夜の2時に出発し、東北道、磐越道をひたすら進み、会津坂下ICで降りて国道252号線を南下、旧「イワナの里」奥にある登山口に着いたのが6時45分頃でした。

Img_6122三吉ミチギと呼ばれる水場です。冷たくて美味い水でした。他に2ヶ所ほど水場はありますが、水量も少なく濁っていたりして、ちょっと飲めないです。ここが唯一の水場と言ってもいいでしょう。
ここからブナの原生林の中の急斜面をジグザグに、1時間程登って行きます。

Img_6255_2約2時間30分くらい登ったところの「叶ノ高手」で、やっと会津朝日岳が見えました。やれやれ(笑) 山頂 (赤丸のところ) は、まだまだだ!
山頂直下の登りは、スラブ状の岩場が点在する見上げるような急斜面を直登 (赤のライン) します。スパイダーマンのように登りました。(笑) でも、実際登ってみると見た目ほど傾斜はきつく無い感じでした。

Img_6160「叶ノ高手」から少し下った尾根上にそびえる巨大なクロベ (ヒノキ)。幹回りが5メートル以上あるそうです。すごい! 神々しくもあり圧巻でした。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Img_6260少し離れて、ここには、二本の「巨大クロベ」がそびえています。   左側が会津朝日岳です。山は雪に磨かれたスラブに覆われています。--------------------------------------------------------------------------------------------
Img_6229_2会津朝日岳山頂。やっとの思いで着きました。360度、山また山の大展望でした。山奥の秘峰であることが実感できます。実に素晴らしい!(笑)  山頂の標識はありませんでしたが、立派な「山名表示盤」があり、周りの山々を確認できます。--------------------------------------------------

Img_6223山頂から東側を望む。 人を寄せ付けない急峻な尾根が延々と続いていました。-----------------------------------------------------------------------------------------

Img_6215山頂から北側を望む。田子倉湖が見えます。 山頂からは、北から左回りに、浅草岳、守門岳、越後駒ケ岳、平ケ岳、至仏山、会津駒ヶ岳、那須山などなど、多くの山を見ることができます。------------------------------------------------

Img_6219_2山頂の北側は、楢戸沢源頭の北壁でスラブ状の断崖になっています。          山頂直下の急斜面を直登し、山頂に続く尾根に出ると、裏側は、スパッと切れ落ちた断崖絶壁になっていました。高度感が凄すぎ!のぞいて見ると、ぞっとしましたね。(笑)


|

« 見祢(みね)の大石 (福島県猪苗代町) | トップページ | 温湯(ぬるゆ)温泉 (宮城県栗原市花山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津朝日岳 (福島県只見町):

« 見祢(みね)の大石 (福島県猪苗代町) | トップページ | 温湯(ぬるゆ)温泉 (宮城県栗原市花山) »