« 「烏(カラス)の北斗七星」 | トップページ | 「山岳雪崩大全」 (山と渓谷社) »

2015年3月12日 (木)

箕輪スキー場 (福島県猪苗代町)

3月にしては珍しく北日本に真冬並みの寒気が流れ込み低気圧も発生し、ここ数日は大雪・大荒れの状況でした。これは、パウダーの予感!これは行くしかないと思い、箕輪スキー場に行ってきました。予感は的中!圧雪バーンの上にぶ厚くパウダースノーが降り積りパウダー天国状態でした。 なんと、本日は、メンズディだったので1日券(3000円)を購入して、9時30分から14時30分まで滑ってきました。最高のパウダーランができて大満足でした。  
Img_4467メイプルストリートトップ付近。この辺りは、ほとんど視界不良でした。 時折吹雪く中、パウダースノーが降り続く・・・・・・・数日で大量の雪が降ったため、除雪が追い付かず高速クワットリフト ファルコンスパーライナーは、9時30分になっても止まったままでした。運行開始は、早くて10時過ぎとのこと。やれやれ、最高のコンディションなのに残念です。しかたなく、ホテル前の初心者コースを10時過ぎまで滑っていました。
Img_4471フード付き高速クワットリフトは、パウダーエクスプレス!降りれば、そこは、楽園の入口、異次元へのトリップ!   ベースに近い急斜面には、少し重い雪が降り積もっていました。この辺りはちょっと大変です。ボードを横にしすぎると、深くて重い雪のためボードが埋まり、止まってしまいます。そこで、ノーズを引き上げるのではなく、テールに荷重していく感じで滑るとテールが雪面に食い込み、減速しながらスムーズに滑ることができます。
966poj1画面の「Cリフト」がフード付き高速クワットリフト ファルコンスパーライナーです。    箕輪スキー場は「コース外一切滑走禁止!」の立て看板が多く、規制の厳しいスキー場ですが、降り続く雪と、吹雪と、上部の視界不良のため、この日ばかりは、サイドカントリーのツリーランやリフトの下なども滑り放題でした。上から下まで無圧雪のバーンが広がり、ほとんどオープンバーン状態でした。 パウダーフリークのスノーボーダーも多く来ていて、コース外(赤ライン辺りの斜面)のディープなパウダーが降り積もったバックカントリーを奇声をあげて滑っていました。気持ち良さそうでしたね。(笑) 当然、おじさんは、遭難したら大変なので滑りませんでしたが・・・・・(笑)
Img_4460_2ホテルプルミエール箕輪。すごいツララです。(笑)-------------------------------------------------------------------------
Img_4475若いって素晴らしいです。 寒さと吹雪の中、ウェア全開で、グラトリをしていました。(笑)--------------------------------------------------------
Img_4478ベースのスキーセンター。2階まで雪で覆われていました。雪かきが大変ですね。(笑)


|

« 「烏(カラス)の北斗七星」 | トップページ | 「山岳雪崩大全」 (山と渓谷社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箕輪スキー場 (福島県猪苗代町):

« 「烏(カラス)の北斗七星」 | トップページ | 「山岳雪崩大全」 (山と渓谷社) »