« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

聖地巡礼XVI (笑) 「鞍掛山」

鞍掛山は、小岩井農場の北、岩手山の南麓に位置し 標高は897メートル。登山道も整備されていて、子供や登山初心者にも比較的登りやすく、絶好のハイキングコースになっています。 山麓の森は、相の沢キャンプ場として整備されていて、夏になると全国から多くのキャンパーが集まり大いに賑わいます。  
Img_4312鞍掛山と岩手山。 まさに「くらかけの雪」ですね。(笑)  鞍掛山の山麓には牧場が広がり、本当に素晴らしい場所です。このあたり一帯は、賢治のお気に入りの場所だったようです。賢治は冬にやってきて鞍掛山に登ったのでしょうね?

        くらかけの雪

     たよりになるのは

     くらかけつづきの雪ばかり

     野はらもはやしも

     ぽしゃぽしゃしたり黝(くす)んだりして

     すこしもあてにならないので

     ほんたうにそんな酵母(かうぼ)のふうの

     朧(おぼ)ろなふぶきですけれども

     ほのかなのぞみを送るのは

     くらかけ山の雪ばかり

     (ひとつの古風な信仰です)

       ― (宮沢賢治『春と修羅』 より) ―
Img_4342小岩井農場と岩手山。  長編詩 「小岩井農場(パート一)」で賢治は、「(鞍掛山周辺は) 冬に来た時とは別天地になっている」 と回想しています。 #賢治の詩集「春と修羅」に収められている詩「小岩井農場」は、なんと、パート九まである超長編詩であります。(笑)

       (略)      

   これから五里もあるくのだし

   くらかけ山の下あたりで

   ゆっくり時間もほしいのだ

   あすこなら空気もひどくはっきりし

   樹でも艸(草.そう)でもみんな幻燈だ

   もちろんおきなぐさも咲いてるし

   野はらは黒ぶだう酒のコップもならべて

   わたくしを歓待するだらう

       (中略)

   冬にきたときとはまるでべつだ

   みんなすっかり変ってゐる

   変ったとは言へそれは雪が往き

   雲が展(ひら)けてつちが呼吸し

   幹や芽のなかに燐光の樹液がながれ

   あをじろい春になっただけだ
      
     (略)

             ― (宮沢賢治『春と修羅』 より) ―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

岩手高原スノーパーク (岩手県雫石町)

小岩井農場の北西、岩手山の南西斜面に展開する岩手高原スノーパークに行ってきました。風は強かったですが、積雪充分、雪質やや緩め、完璧な晴天に恵まれ、気分爽快、最高のライディングができました。 5時間券を購入し、9:00過ぎから14:00まで滑ってきました。  
Img_4346冬の一本桜と岩手山。 左のほうに滑ってきたばかりのスキー場が見えます。 岩手高原スノーパークに行くには、小岩井農場の中を通って行きますので、帰りにちょっと寄ってみました。いやー、素晴らしい景観が広がっていましたね。感動しました。寄って良かったです。
Img_4278初級者向けのサンモリッツコース。 岩手高原センタープラザの目の前なのでファミリーには最適なゲレンデです。久しぶりのスノーボードだったので、ちょっと滑ってみました。--------------------
Img_4283ベースからシャモニーコースを望む。 11時頃になると、おじさんスキーヤーの団体さんや多くの初心者スノーボーダーで賑わってきました。スキー場は、平日とはいえある程度賑わっていないと滑っていてもモチベーションは上がらないですよね。(笑)
Img_4298標高1230メートルのトップから望む雫石スキー場。 メンズダウンヒル、レディースダウンヒルのコースがはっきり見えました。-------------------------------------------------------------------------------------
Img_4269快適な中斜面が続くロングコース、シャモニーゲレンデから小岩井農場方面を望む。まるで小岩井農場に向かってダイブする感じのランでした。 幅の広いバーンなので荒れていない午前中は、リズミカルな大曲り、小曲りカービングターンがやりたい放題でした。雑念が消えて気分爽快でした!!
Img_4295トップから岩手山 鬼ヶ城方面を望む。 トップまでダイレクトに行くことができるゴンドラは、強風のため運行中止でした。でも、時間はかかりますが、リフトを3本乗り継げばトップまで行くことができます。おじさんスノーボーダーとっては、リフトに乗って適度に休めるので良かったです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

ニュー スノーボードブーツ

靴ひもを使用しないBOAシステムを搭載したK2のスノーボードブーツを購入しました。BOAシステムは、数年前に登場したもので、スノーボードブーツからひもを締めるわずらわしさを解消した画期的なシステムです。一般の靴や運動靴、トレッキングシューズなどにも採用されています。その仕組みは、いたって簡単で、靴ひもの代わりとなるワイヤーを、ブーツのタン上部に取付けられたダイヤルで巻くというものです。 ダイヤル1つで、しかも片手で、簡単かつ少ない力で、軽くブーツを締めることができます。緩めるときも簡単です。ダイヤルをちょいと引っ張るだけで、簡単にブーツが緩るみます。なんといってもBOAシステムのいいところは、ブーツを簡単に緩めることがきるので、少しの休憩でも緩めるようになり、足が解放され、血行が良くなり楽になったことです。(笑)   フィット感が悪いとか足首が痛くなるとかダイヤルが邪魔になるとかいろいろと言われているようですが、まったく問題なしですね。実際に、2回ほど履いて試しましたが、快適で素晴らしいスノーボードブーツでした。

#「K2 Kwicker」 ついでにこちらの動画も観てね。(笑)

Img_42262


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »