« 江戸東京博物館 (東京都墨田区) | トップページ | みやぎ蔵王えぼしリゾート(宮城県蔵王町) »

2014年12月 3日 (水)

「自由自治元年!」 菅原文太さん ありがとう!

心よりご冥福をお祈り申し上げます。 合掌!

#なんか続きますねー・・・・・・。 菅原文太さんは、地元仙台、宮城県の英雄ですね。 広島の出身でないの?と思っている方も多いと思いますが、仙台の出身なのです。 仙台の進学校仙台一高時代は、新聞部の部長をやっていて、なんと、一年後輩には、井上ひさしさんがいました。当時、井上ひさしさんが書いてくる記事を 「なんだこれは!! こんな記事では全然だめだべ!! 書き直して来い!!」 とことごとく破り捨てたそうです。仙台一高の新聞部には、こんな伝説が残っているとか。やれやれ、高校時代から物騒だったのですね。(笑)   菅原文太さんの夢は、ジャーナリストになることだったそうです。夢を叶えるために妥協を許さず、常に真剣だったのでしょう。

 

9658kmj菅原文太さんというと、もうかれこれ30年くらい前のNHK大河ドラマ「獅子の時代」が思いだされます。数年前に総集編をレンタルDVDで観ました。 わたくしにとっては、非常に面白くて興味深いドラマでした。 会津藩士の平沼銑次 (ひらぬま せんじ) を演じた菅原文太さんはかっこよかったです。明治政府 (伊藤博文) の暴虐な権力に立ち向かう眼光鋭い抵抗者でありヒーローでした。
パリ万国博覧会、会津戦争、函館戦争、会津藩の下北半島斗南への流刑、西南戦争、自由民権運動、樺戸監獄 (かばとかんごく)、秩父事件などなど、すべてに銑次はかかわって行くのです。見ごたえがありますよ!
ちなみに、樺戸監獄とは、北海道の石狩川上流にあった監獄で、反政府の政治犯(自由民権運動活動家など)が収容された監獄です。当時財政難で苦しんでいた明治政府は、政治犯などを片っ端から北海道に送り、「だだの労働力」 として道路や鉄道の建設、鉱山の開発、森林、荒地の開拓などにあたらせたのです。囚人は赤い服を着せられ二人づつ鎖に繋がれていたとか。過酷な強制労働だったようです。 銑次も捉えられて樺戸監獄に入れられました。しかし銑次は、ここから脱獄するのです。 脱獄シーンは、ハラハラドキドキで、手に汗握る展開でしたね。

 

M_e78d85e5ad90e381aee69982e4bba3efbドラマの後半は、銑次が下北半島の斗南藩を出て、不平士族の反乱や自由民権運動に協力し支援していく様を描いています。 
そして最終回。明治17年、借金と重税に苦しむ秩父の農民(秩父困民党)が政府に対して武装蜂起するのです。(秩父事件) 「会津の先生」と呼ばれ慕われていた銑次は、農民軍を指揮し、政府 (伊藤博文) が鎮圧するために出動させた軍隊と激しい戦闘を繰り広げるのでした。。。。多勢に無勢!農民軍は、あっという間に鎮圧されていまうのです。 ドラマのラスト、「自由自治元年」 と掲げたのぼりを携え、一人斬りこんで行く銑次!まるで 「仁義なき戦い」 を観ているようでした。常に弱い側に立って戦い続ける銑次こと菅原文太さんは、かっこよかったです。ヒーローでした。
この大河ドラマでは、大久保利通が好意的に描かれ、伊藤博文が悪役に描かれています。面白いと思いました。NHKとしては珍しく、何から何まで異色な大河ドラマでしたね。当然視聴率は悪かったようですが・・・。
その後です。銑次の生死は不明のままでした・・・・。   
『日本が日露戦争へと進んで行く歳月のなかで、何度か 「銑次の姿を見た!」 という人がいたのです。例えば、栃木県足尾銅山鉱毒事件の弾圧のなかで、例えば北海道幌内炭鉱の暴動弾圧の最中などで、激しく抵抗する銑次を見たという人がいたのです。そして噂の銑次は、いつも戦う抗(あがら)う銑次であった!と』 ナレーションより
#「獅子の時代」第51話 最終回はこちらをどうぞ。

 

|

« 江戸東京博物館 (東京都墨田区) | トップページ | みやぎ蔵王えぼしリゾート(宮城県蔵王町) »

コメント

大河ドラマ史上の最高傑作でした。

投稿: 自由自治元年 | 2021年6月 7日 (月) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自由自治元年!」 菅原文太さん ありがとう!:

« 江戸東京博物館 (東京都墨田区) | トップページ | みやぎ蔵王えぼしリゾート(宮城県蔵王町) »