« ムキタケ(朝日連峰) | トップページ | 北蔵王 雁戸山 (宮城県川崎町) »

2014年10月17日 (金)

映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」

かみさんが、読売新聞の試写会に応募したら、なんと当たってしまい、昨日 東京エレクトロンホール宮城(旧県民会館)で開催された映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」の試写会に行ってきました。席は、ほぼ満席状態でした。まあ、当然ですね。劇場で普通に観れば1000円以上とられますからね。(笑)  
#映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」公式サイトはこちらです。
Img_3604もらったチラシです。  ベースは、「あまちゃん」的なコメディーですが、涙を誘う場面もあり、それなりに楽しめます。一般的に言うところのハートフルな映画です。 ---------------- 
Img_3598開演が18:40分からということで、なんか中途半端な時間でした。映画が終わってから、遅い夕飯がてら近くの居酒屋「だんまや水産」に行きました。夕飯ついでに、ちょっと一杯のつもりが、生ビールに始まり、恵比寿ビール、ウイスキーソーダ(かみさんはグラスワイン)とかなり飲んでしまいました。(笑) なんと、自宅に着いたら12時30分を回っていました。やれやれです。(笑)     突然話は変わりますが(笑)、ビールをこよなく愛した文人・歌人として知られているのが石川啄木です。 啄木の日記には、ビールがよく登場しますね。 

「夜、社にあり、妻迎へに来て帰れば、思ひがけざりき、宮崎君来てあり、再逢の喜び言葉に尽く、ビールを飲みて共に眠る。我が兄弟よ、と予は呼びぬ。誠に幸福なる一夜なりき。」

「4時頃より快男子大塚信吾君来たり、並木君来たり、・・・・・・・予は2、3日中に札幌に向かわんとす。此の夜大いに飲めり。麦酒十本。酒なるかな。酔うては世に何の遺憾かあらん。」   

(啄木日記より)

「しつとりと 酒のかをりにひたりたる 脳の重みを感じて帰る」  

(石川啄木 「悲しき玩具」 より)

#昨日は少々飲み過ぎました。(笑)


|

« ムキタケ(朝日連峰) | トップページ | 北蔵王 雁戸山 (宮城県川崎町) »

コメント

先日、地元でハイリさんを目撃。

角ばった顔にドギモを抜かれた。。。(笑)

http://anthony3b.blog108.fc2.com/

投稿: | 2014年11月 1日 (土) 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76149/60492004

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」:

« ムキタケ(朝日連峰) | トップページ | 北蔵王 雁戸山 (宮城県川崎町) »