« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

北蔵王 雁戸山 (宮城県川崎町)

宮城県川崎町のブドウ沢入口から登ってきましたが、とんでもない強風と寒さのため途中撤収となりました。やれやれです。(笑) 登山口には、5~6台の駐車スペースがありますが、1台の車もとまっていませんでした。 もちろん登山者は、わたくし一人のみ!誰とも出会いませんでした。究極の単独。(笑)  #ブドウ沢入口(7:50出発)~八方平避難小屋(10:00着)~ブドウ沢入口(12:00着) 約4時間10分のトレッキングでした。(休憩含む)  

Img_3614ブドウ沢入口、登山口付近。  この辺りは、クマの生息密度がかなり高いようです。やれやれ(笑)----------------------------------------------------------------


Img_3653登山道は、ブドウ沢を飛び石伝いに渡りながら続いています。    森は、晩秋の時を迎えました。葉が落ちいて少し寂しくもありますが、落ち着いた静けさが心地よく感じます。落ち葉に敷き詰められた秋色の道のトレッキングは、気分爽快でした。気持ち良かったです。

Img_3647急坂付近から望む雁戸山。 ブドウ沢の第二渡渉地点を過ぎると、急斜面の登りになり汗を絞られます。---------------------------------------------------------------


Img_3626標高1000メートルを超えたあたりからは、登山道に積もった落ち葉の上に、雪がうっすらと降り積もっていて滑りやすく、かなり歩き辛かったです。----------------------


Img_3642八方平避難小屋から望む南北の雁戸山。 この辺りは、日差しはありましたが、猛烈な風が吹きつけていました。いやー、とんでもなく寒かったですね。-----------------


Img_3655ブナ林にて、下山時撮影。   色づきはじめためたブナの葉が、太陽の光に透けて輝き、まるでステンドグラスのドームの中にいるようでした。清々しく気持ちの良い秋の森です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」

かみさんが、読売新聞の試写会に応募したら、なんと当たってしまい、昨日 東京エレクトロンホール宮城(旧県民会館)で開催された映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」の試写会に行ってきました。席は、ほぼ満席状態でした。まあ、当然ですね。劇場で普通に観れば1000円以上とられますからね。(笑)  
#映画 「小野寺の弟・小野寺の姉」公式サイトはこちらです。
Img_3604もらったチラシです。  ベースは、「あまちゃん」的なコメディーですが、涙を誘う場面もあり、それなりに楽しめます。一般的に言うところのハートフルな映画です。 ---------------- 
Img_3598開演が18:40分からということで、なんか中途半端な時間でした。映画が終わってから、遅い夕飯がてら近くの居酒屋「だんまや水産」に行きました。夕飯ついでに、ちょっと一杯のつもりが、生ビールに始まり、恵比寿ビール、ウイスキーソーダ(かみさんはグラスワイン)とかなり飲んでしまいました。(笑) なんと、自宅に着いたら12時30分を回っていました。やれやれです。(笑)     突然話は変わりますが(笑)、ビールをこよなく愛した文人・歌人として知られているのが石川啄木です。 啄木の日記には、ビールがよく登場しますね。 

「夜、社にあり、妻迎へに来て帰れば、思ひがけざりき、宮崎君来てあり、再逢の喜び言葉に尽く、ビールを飲みて共に眠る。我が兄弟よ、と予は呼びぬ。誠に幸福なる一夜なりき。」

「4時頃より快男子大塚信吾君来たり、並木君来たり、・・・・・・・予は2、3日中に札幌に向かわんとす。此の夜大いに飲めり。麦酒十本。酒なるかな。酔うては世に何の遺憾かあらん。」   

(啄木日記より)

「しつとりと 酒のかをりにひたりたる 脳の重みを感じて帰る」  

(石川啄木 「悲しき玩具」 より)

#昨日は少々飲み過ぎました。(笑)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

ムキタケ(朝日連峰)

鳥原山からの下山途中、田代清水の手前付近でムキタケを見つけました。登山道脇のブナの倒木に生えていました。びっくりしましたね。(笑) 登山道の脇にムキタケが生えているなんて、朝日連峰の自然は ほんとに豊です。     自分で言うのもなんですが、ブナ・ミズナラ林のキノコには、かなり詳しいです。20年くらい前、10月になると栗駒山や船形山のブナ林へキノコ採りに通っていました。ムキタケ、ナメコ、ブナハリタケ、ブナシメジ、ナラタケ、などを採ってきました。いい思い出ですね・・・・・。 

Img_3585登山道わきのムキタケ。ここのさらに奥の方にもムキタケが生えていました。白いキノコは、食用のブナハリタケです。せっかく見つけたので、ブナ林の中に入り、少しうろうろしてキノコ採りを楽しんできました。(笑)   ムキタケは、若い時期のツキヨタケ(猛毒)と似ているので、間違えられて採られての中毒例も多いようです。しかし、今の時期のツキヨタケは、大きくなり腐って流れていますので、間違えることはほとんどありません。

Img_3593ムキタケを採ったあと、かみさんに、「ムキタケを採ったから、今日の夕飯は、すき焼にしてくれー!」とメールをしました。(笑)   ムキタケは、シイタケなどと一緒にすき焼に入れて食べるのが一番旨いと思います。自然の恵みを美味しくいただきました。ビール、酒がすすんだことは、言うまでもありません。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

小朝日岳~鳥原山 (山形県大江町)

古寺鉱泉登山口から小朝日岳~鳥原山経由で周回してきました。最高の秋晴れとなり、気分爽快、ストレス全部解消のトレッキングができました。(笑)    古手寺鉱泉の駐車場は、平日にもかかわらずほぼ満車状態でした。5~6人のグループの登山者も多かったです。登山者があまりにも多かったので、少し憂鬱になりました。(笑) いろいろ話を聞いてみますと、ほとんどの登山者は、小朝日岳までのピストンでした。紅葉終盤の朝日連峰の大パノラマを見に行くのでしょう。 帰りには、いつも寄る、登山者で混むであろう大沢温泉の 「湯ったり館」は避けて、道の駅にしかわの「水沢温泉館」に寄って汗を流してきました。ついでに、かみさんへのお土産に「月山ビール」を買ってきました。    古寺鉱泉登山口(7:00発)→古寺山→小朝日岳(10:15着)→鳥原山→畑場峰分岐→古寺鉱泉登山口(14:15着) 休憩含む。約7時間15分のトレッキングでした。 
Img_3524小朝日岳(1647メートル)山頂直下から望む大朝日岳(1870メートル)。 大朝日岳が圧倒的な威容で迫ってきます。 なんと、ガンガラ沢には、まだ雪が残っていました。西朝日岳の沢にも多くの雪が残っていましたね。万年雪にはならないとは思いますが驚きです。
Img_3531_2小朝日岳山頂。  登山者で混雑していました。この後も 10数人くらいの登山者が登ってきて、ますます混んできました。 休む場所がなくなってきたので、大朝日岳方面に少し下ったところのピークで休んでいました。やれやれです。(笑)
Img_3550小朝日岳から下った付近から望む月山(1984メートル)。 紅葉もそろそろ終盤にさしかかってきました。谷を渡ってくる風も爽やかで気持ち良かったです。
-------------------------------
Img_3571鳥原山(1430メートル)山頂直下から望む。圧倒的存在感の大朝日岳(左側)と今登ってきたばかりの精悍な小朝日岳(右側)の素晴らしい景観でした。まるでツインタワーですね。(笑)--------------------------
Img_3575鳥原山(1430メートル)山頂から望む、大小の朝日岳。 鳥原山は、最高の展望台になっています。-----------------------------------------
Img_3579鳥原山の湿原。   秋色に染まる樹林帯と池塘、黄金色の草モミジ・・・・静かだ。静寂に包まれている。登山者で混雑していた小朝日岳とは、まるで別世界でした。本来山が持つ静けさが守られている下山路でした。 小朝日岳からの下山時は、誰とも出会いませんでした。大自然の中にポツンと一人、秋色のブナ林と、風と、鳥の鳴き声・・・・大自然の中に同化したような感じでしたね。このコースは、土日でも静かなトレッキングができるのではないでしょうか。
Img_3591登山口にある古寺鉱泉の朝陽旅館。 ぐるっと回って、やっと戻ってきました。
いやー、長い下山路でした。(笑)  後半のブナの原生林の中を通るロングトレイルは良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »