« 酸ヶ湯ビール | トップページ | 笹川流れ(新潟県村上市) »

2014年9月16日 (火)

湯田川温泉 湯どの庵 (山形県鶴岡市)

鶴岡の奥座敷、湯田川温泉「湯どの庵」に、かみさんと一泊してきました。 ここは、「日本秘湯を守る会会員」の宿であります。 古風な外観とは違い内部は、モダンでスタイリッシュな空間に、全面改装されていました。通称「デザイナーズ旅館」!  夕食は、ジャズやエンヤの曲が流れるダイニングルームでの地元鶴岡の食材をふんだんに使ったコース料理でした。いや~贅沢でした。(笑) 目と舌をとことん満足させてくれます。充分堪能してきました。   #今回で、スタンプが10個たまりました。「日本秘湯を守る会会員」の宿に、一泊無料で泊まれます。楽しみですねー!(笑)  
#「湯どの庵」は、こちらをどうぞ。
Img_3109「湯どの庵」は、大正末期に建てられた数寄屋造りの旅館です。   部屋は、和洋折衷の造りでベットもあり、布団の上げ下げがないのでゆっくりとくつろげます。-------------------------------------------------------
Img_3134中庭を望むロビー。   源泉掛け流しの温泉は、無色透明、無臭で肌に優しく、良かったです。中庭が望める御影石造りの石風呂(露店風呂付)と木の温もりを感じる檜風呂の2種類の温泉があります。どちらも突き抜けるように天井が高く開放的です。現実を忘れ、ただただのんびりと温泉につかる・・・・雑念がすっかり消えましたね。(笑)
Img_3113湯田川温泉の梅林公園から望む鳥海山。いや~、すがすがしい眺めでした。(笑)-------------------------------------------------------------
Img_3128湯田川温泉は、藤沢周平の小説の舞台にもなっています。   山形県鶴岡市は、藤沢周平の出身地です。鶴岡市の藤沢周平記念館にも寄ってきました。 藤沢周平原作で、日本アカデミー賞を受賞した映画「たそがれ清兵衛」のロケ地が、湯田川温泉の由豆佐売神社 (ゆずさめじんじゃ)です。 「湯どの庵」の裏手の方にありました。巨大な杉の木や銀杏の木が林立し、鬱蒼としていて、なんとも趣のある、畏敬の念を覚えるような神社でした。さすが、ロケ地に選ばれるだけのことはありますね。神社の登り口には、ロケ地であることの「写真付き説明板」もありました。
#興味のある方は、こちらをどうぞ!『映画「たそがれ清兵衛」の舞台を訪ねて』

|

« 酸ヶ湯ビール | トップページ | 笹川流れ(新潟県村上市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯田川温泉 湯どの庵 (山形県鶴岡市):

« 酸ヶ湯ビール | トップページ | 笹川流れ(新潟県村上市) »