« 会津新撰組記念館 (福島県会津若松市) | トップページ | 落合温泉 花禅の庄(青森県黒石市) »

2014年8月27日 (水)

八甲田山 (青森県青森市)

青森方面は、晴れとの予報。それじゃー、ということで、ふらっと八甲田山に行ってきました。(笑) 同じ東北ですが、青森県は、仙台から行くには かなり遠いです。仙台からですと、関東方面へ行く方が近いですね。    仙台の自宅を深夜の3:30分に出発。ひたすら東北自動車道を北上し、青森県の黒石I・Cで降り、登山口の酸ヶ湯温泉に着いたのが7:45分頃でした。   酸ヶ湯温泉(8:00発)→地獄湯ノ沢→仙人岱→八甲田大岳山頂(10:00着)→大岳ヒュッテ→上毛無岱・下毛無岱→酸ヶ湯温泉(12:40着) と周回してきました。約4時間40分のトレッキングでした。(休憩む)  
Img_3014地獄湯ノ沢。沢の音とともに硫黄の臭いが強くなってきます。昔は、この辺り一帯で硫黄の採掘が行われていたそうです。    沢を渡り、ゴロゴロした岩の岩稜地帯を登りつめると、アオモリトドマツに囲まれた仙人岱湿原にでます。 
Img_3020仙人岱湿原にある八甲田清水。湿原の中央には、真夏でも涸れることのない清水が、コンコンと湧き出していました。 ここでタップリと水を補給しました。登山道に水場があると、随時水を補給でき、軽量化がはかれますので助かります。
Img_3023八甲田大岳山頂直下にある鏡沼。 爆裂火口に水がたまったもので、モリアオガエルやクロサンショウウオが生息しているそうです。 山頂はもうすぐだ!--------------------------------------------------------------------
Img_3029八甲田山大岳(1585メートル)山頂。 ディープなガスがかかっていて、風が強くて、おまけに寒くて、散々でした。眺望も全くダメで、 やれやれです。(涙)-----------------------------------
Img_3051毛無岱と呼ばれる上下二段の高層湿原・草原。後方の山は、田茂萢岳(たもやちだけ、1324メートル) 、左の方には八甲田ロープウェイの山頂駅が見えます。 この辺りは、晴れていて、涼しくて、気持ち良かったです。気分爽快でした。
強い日差しに夏を感じ、見上げる空に秋を感じる湿原歩きでした。湿原は、早くも秋の彩り。秋に向かい始めた湿原を歩いていると、すがずかしい気分になりました。
Img_3063上毛無岱から下毛無岱を俯瞰する。 尾瀬に匹敵するような上下二段の大湿原、ここには多くの池塘が点在し、高山植物の宝庫になっています。---------------------------------------------------------------------
Img_3075下毛無岱から岩木山を望む。山頂は雲に覆われていますね。 夕暮れ時の湿原から眺める岩木山方面に沈んでいく夕日は、本当に素晴らしく、絶景だそうです。いつか、ぜひ見てみたいですね。-------------------------------
Img_3082酸ヶ湯温泉を俯瞰する。  ぐるっと回って、酸ヶ湯温泉に戻ってきました。まあ、三分の一は晴れていましたから、良しとしましょう!(笑)    酸ヶ湯温泉に入ろうかなーと思いましたが、ここには以前、泊まったこともあるので止めにして、黒石温泉郷の落合温泉に入って汗を流してきました。


 

|

« 会津新撰組記念館 (福島県会津若松市) | トップページ | 落合温泉 花禅の庄(青森県黒石市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田山 (青森県青森市):

« 会津新撰組記念館 (福島県会津若松市) | トップページ | 落合温泉 花禅の庄(青森県黒石市) »