« 大朝日岳 (山形県大江町) | トップページ | 男体山 (栃木県日光市) »

2014年7月21日 (月)

ヒメサユリ (大朝日岳)

絶滅危惧種のヒメサユリ 。野生種は、東北南部の山岳地帯でしか見ることができない貴重な花であります。こちらは、大朝日岳の銀玉水(ぎんぎょくすい)手前付近で撮影しました。
「日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳、朝日連峰、周辺にしか群生していない貴重な植物。野生種は環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)、及び国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」ではEndangered (EN)に指定されている絶滅危惧種でもある。」 ウィキペディアより
Img_2668ヒメサユリ。 艶やかであり、自己主張も強いながら、清楚さ、可憐さも合わせて持っていますね。 東北を代表する、素晴らしい花です。-------------------------------------
Img_2671雪解けとともに開花していく、ヒメサユリ、ヒナウスユキソウを初めとする多くの高山植物。 大朝日岳の短い夏を満喫していました。
ヒメサユリの花に鼻を近づけて香りを嗅ぐのが、毎年のお楽しみになっています。(笑) アカシアの花よりも、甘くて濃厚な香りがします。このヒメサユリの花の香りを嗅ぐと、大朝日岳に来たんだー!と実感しますね。(笑) みなさんも、ヒメサユリの花の香りを嗅いでみて下さい。感動しますよ!

|

« 大朝日岳 (山形県大江町) | トップページ | 男体山 (栃木県日光市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメサユリ (大朝日岳):

« 大朝日岳 (山形県大江町) | トップページ | 男体山 (栃木県日光市) »