« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月20日 (金)

昨日は桜桃忌でした。

#「子供より親が大事、と思いたい」太宰治 「桜桃」より。う~む、けだし名言であります。(笑)
太宰は、小説「津軽」の中で、生まれ故郷の金木町(現 五所川原市)から見た岩木山を次のように表現しています。      『「や!富士、いいなぁ」と私は叫んだ。富士ではなかった。 津軽富士と呼ばれる一千六百二十五メートルの岩木山が満目の水田の尽きるところに、ふわりと浮かんでいる。実際軽く浮かんでいる感じなのである。 したたるほど真蒼で富士山よりもっと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏の葉をさかさ立てたようにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮かんでいる。 決して高い山ではないが、けれども、なかなか透きとおるくらいに嬋娟(せんけん)たる美女ではある。』   小説「津軽」は、太宰の作品の中でも一番好きな作品です。
Cimg0173弘前市内から望む岩木山。 重くどっしりとして、重鎮の貫禄、ボリームたっぷりで、立派であります。(笑)       なんと、太宰は、太平洋戦争の真っただ中、昭和19年の春に故郷の津軽を旅しているのです。日本人のほとんどが「戦争に絶対勝ぞーー!」と一心不乱になっていたときに、太宰はのんきに旅行をしているのです。 戦争中も、お伽噺を題材にした小説を書いたりと、戦争とは距離を置き、戦争には非協力的でした。その意味では立派でしたね。
Cimg0199標高1625メートル、岩木山山頂。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Cimg01919岩木山山頂より、七里長浜、十三湖、小泊方面を望む。 小説「津軽」のクライマックスシーンは、ラスト第五節「西海岸」、小泊で 育ての親ともいうべき「たけ」との30年ぶりの再会シーンであります。 いやー、本当に感動的なシーンです。  #小説「津軽」こちらをどうぞ。

「人に捨てられた孤独の水たまり」、太宰は十三湖のことをこう表現しています。やっぱり、太宰の本質は詩人ですね。(笑)   『浅い真珠貝に水を盛つたやうな、気品はあるがはかない感じの湖である。波一つない。船も浮んでゐない。ひつそりしてゐて、さうして、なかなかひろい。人に捨てられた孤独の水たまりである。流れる雲も飛ぶ鳥の影も、この湖の面には写らぬといふやうな感じだ。 <中略>   私は小泊港に着いた。ここは、本州の西海岸の最北端の港である。この北は、山を越えてすぐ東海岸の竜飛である。西海岸の部落は、ここでおしまひになつてゐるのだ。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

赤倉温泉 湯守の宿三之亟 (山形県最上町)

五月下旬に、日本秘湯を守る会 会員の宿、湯守の宿三之亟 旅館に一泊してきました。源泉掛け流しの岩風呂、露天風呂は最高!山形県最上地方の郷土料理も堪能してきました。 なによりも、リーズナブルな料金がいいです。(笑)  改装などは、あまりしていないようでした。その為、決して豪華な旅館ではありませんでしたが、なぜか、非常に素朴で懐かしい気分の味わえる宿でした。   #湯守の宿三之亟はこちらをどうぞ。

Img_2504江戸時代初期創業の古民家風造りの旅館でした。 くすんだ色合いの太い柱、囲炉裏、古い置物、古時計などの雰囲気に魅力を感じました。 ただひたすら古風な旅館の雰囲気に浸る。。。。非日常を楽しむには良い宿でした。

Img_2493自慢の天然岩風呂。 手掘りで造られたワイルドな岩風呂です。底からは熱い温泉が湧きだしてました。深いところでは、1.3メートルくらいあり立ったままで入ることができます。いや~ワイルドでしたね。(笑)-----------------------

Img_2496階段を登ったところにも岩風呂と打たせ湯があります。 ここには、手で掘った深い洞窟もあり、昔はここから温泉が湧き出していたそうです。やれやれ。ここの岩風呂は、かなりお奨めです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

「和風ひと口もちセット」(岩手県一関市)

仙台藩主 伊達政宗が、「我が領地に二大景勝地あり、東の松島、北の厳美渓」と称賛した絶景 厳美渓。   栗駒山登山の帰りに、厳美渓の近くにある「道の駅 厳美渓」よって「和風ひと口もちセット」をいただいてきました。いやー美味かったです。絶品でした。  #「道の駅 厳美渓」はこちらをどうぞ。

Img_2605「和風ひと口もちセット」をいただく。   定番のあんこもち、ごまもち、しょうゆもち、ずんだもちは、もちろんのこと、珍しいところでは、エビもち、ねぎもち、ショウガもち、菜の花もち、いなりもち、 などなど。。。。全国でもトップクラスのもち消費量を誇る一関に伝わるもち料理は、300種もあり、年間60日以上もちを食べる習慣があったそうです。さらに、一関市内の「蔵元レストラン世嬉の一(せきのいち)」には、「もちフォンデュ」というメニューもあるそうです。もちとチーズは意外と合うかもしれませんね。(笑)  #「蔵元レストラン世嬉の一」はこちらをどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

栗駒山 (岩手県一関市)

岩手県一関市の須川温泉から登ってきました。久しぶりのトレッキングでしたが、天候にも恵まれ、気分爽快でした。  下山後は、須川温泉の露天風呂に入ってきました。ここの露店風呂は、プールみたに広くて、しかも源泉掛け流しです。最高です。(笑)   #須川温泉(9:00発)→昭和湖→栗駒山山頂→昭和湖→須川温泉(12:00着) 約3時間のトレッキングでした。(休憩含む)   
Img_2532地獄谷から山頂を望む。 硫黄臭の鋭い硫化水素ガスが風に乗って吹き付けてきて、喉がひりひりしましたね。やれやれ。(笑)------------------------------------------------------------------------------------------
Img_2534昭和湖。 6月だというのに、半分以上雪に覆われていました。-------------------------------------------------------------------------
Img_2540昭和湖上方の雪渓。雲海の上に焼石岳が見えました。  今年は、雪がかなり多いです。天狗平手前まで、延々と雪渓が続いていました。雪渓登りは、気分爽快。本当に気持ちがいいです。----------------------------------
Img_2549山頂直下より鳥海山を望む。まさに「出羽富士」です。 ここからは、雲海に浮かぶ月山も綺麗に見えました。----------------------------------------------------------
Img_2561栗駒山山頂より宮城県側を望む。広大な雲海が広がっていた。 山頂には、5~6人の登山者がいて、けっこう賑わっていました。 下山時も、続々と多くの人が登ってきました。須川コースは人気がありますね。------------------
Img_2587下山時、学生さん風の「山ガール」に出会いました。「こんにちはー!」と元気な挨拶。すれ違い様、香水のいい香りが漂ってきました。これからの時代、山でも汗臭さは厳禁ですよね。(笑) いや~、ほんとにおしゃれでした。思わず見とれてしまいましたね。(笑) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

銀山温泉 (山形県尾花沢市)

かみさんと銀山温泉に行ってきました。でもだだ行っただけでした。日本秘湯を守る会会員の宿「能登屋旅館」は、超人気の宿でした。予約がいっぱいで泊まることはできませんでした。やれやれ。(笑)    「日本の秘湯を歩く」のスタンプ帳が、あと少しでいっぱいになるので、銀山温泉に近い赤倉温泉 (赤倉温泉スキー場のあるところ) の「湯守りの宿 山之丞」 に1泊してきました。スタンプが10個たまると、日本秘湯を守る会会員の宿に、1回無料で泊まることができるのです。 最近は、もう、なんとしても10個をためようと必死です。(笑) 
Img_2447日本秘湯を守る会会員の宿「能登屋旅館」。  明治25年創業で、国の登録有形文化財に指定されている能登屋旅館は、物見の望楼を備えています。望楼の高さがひときわ目を引きますね。。。。 銀山温泉は、大正ロマン漂う温泉街であります。
Img_2489手打ちそばが人気の、そば処、酒処、「伊豆の華」より伝統の宿「古山閣」を望む。 ここのそばは、絶品でした。美味かったです。---------------------------------------------------------------------------------
Img_2454銀山温 奥にある白銀(しろがね)の滝。  ここから遊歩道が整備されています。 銀山温泉の奥は、遊歩道が整備されていて、1周1時間くらいで散策ができます。---------------------------------------------------------
Img_2464銀鉱山の跡、銀坑洞。  江戸時代、佐渡の金山と並び称されたのが、ここ尾花沢の銀山です。ちょうど、「奥の細道」で芭蕉が尾花沢を訪れた頃に閉山となり、そのあとに銀山温泉だけが残ったそうです。   ちなみに、芭蕉は温泉嫌いだったようで、奥の細道の鳴子温泉や赤倉温泉、銀山温泉に入ったという記録はないそうです。(笑)
Img_2469銀坑洞内部は、ライトアップされていて見学ができます。まるで鍾乳洞みたいです。(笑)--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Img_2474明治初期の銀山温泉。ほとんど「おしん」の世界です。(笑)   ガス灯がともり、レトロモダンたっぷりの湯の町風情溢れる今の銀山温泉とは比べようもないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »