« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

アトリエの二人

「卓上の七月」は、昭和7年、 光太郎49歳、智恵子46歳の時に作られた詩であります。 この頃から、智恵子には、精神分裂の兆候が現れてくるのです。 翌 昭和8年、光太郎は、病状が回復しない智恵子の療養をかねて、智恵子の生まれ故郷である福島県の那須、安達太良山、磐梯山周辺の温泉を巡る旅に出たのでした。。。。。  

Img69523仙台文学館 レストラン「杜の小径、特別メニュー「アトリエの二人」。こちらのブログも見て下さい。    『今日の特別ランチメニューは、高村光太郎・千恵子展にちなんだ 「アトリエの二人」。 光太郎の詩 「卓上の七月」よりヒントを得て作った と楽しそうに語る。本を読んでその中からヒントを得て造るという姿に、感動する。』 とこのとです。     

智恵子は、「東京には本当の空がない」と云う・・・・ふるさとへの最後の旅で見た安達太良山や磐梯山には、「本当の空」があったのでしょうか? 智恵子は、「本当の空」を見ることができたのでしょうか・・・・?

Cimg5885_2「山麓の二人」、光太郎(50歳)と智恵子(47歳)。 この旅の時 作られた詩、「山麓の二人」です。なんとも、心が痛む、痛ましい詩であります。-------------------------------------------------------------------------------

山麓の二人    高村光太郎

二つに裂けて傾く磐梯山の裏山には
険しく八月の頭上の雲に目をみはり
裾野とほく靡(なび)いて波うち
芒(すすき)ぼうぼうと人をうづめる
半ば狂へる妻は草を籍(し)いて坐し
わたくしの手に重くもたれて
泣き止まぬ童女のやうに慟哭する
――わたしもうぢき駄目になる
意識を襲う宿命の鬼にさらはれて
のがれる途(みち)無き魂との別離
その不可抗の予感
――わたしもうぢき駄目になる
涙にぬれた手には山風が冷たく触れる
わたくしには黙つて妻の姿に見入る
意識の境から妻の姿に見入る
わたくしのい縋(すが)る
この妻をとりもどすすべが今は世に無い
わたくしのこころはこの時二つに裂けて脱落し
闃(げき)として二人をつつむこの天地と一つになつた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

石川啄木展

仙台文学館でやっている「石川啄木の世界~うたの原郷をたずねて~」を観てきました。 あらためて啄木は、「天才」だったと確信しました。わずか26歳という若さで夭折したことが非常に悔やまれますね。せめて、あと10年、宮沢賢治くらい生きていたら、詩人、評論家としても大成していたでしょう。
Img_2509仙台文学館内にて。    「百回通信」、「性急(せっかち)な思想」、「時代閉塞の現状」など、啄木は評論家としても近年かなり評価されていますが、詩人啄木としての評価もかなり上がってきているそうです。とりわけ、大逆事件後に書かれた詩稿ノート「呼子と口笛」は、革命期のロシアや当時の社会、政治的なことなどの重いテーマが扱われており、暗い時代の中での苦悩を批評精神を持って鋭く鮮烈に歌いあげているとのことです。 なかでも、「ココアのひと匙(さじ)」、多くの人に感動を与えているという「飛行機」は有名です。

「ココアのひと匙」        1911・6・15・TOKYO

われは知る、テロリストの
かなしき心を――
言葉とおこなひとを分ちがたき
ただひとつの心を、
奪はれたる言葉のかはりに
おこなひをもて語らむとする心を、
われとわがからだを敵に擲(なげ)つくる心を――
しかして、そは真面目して熱心なる人の常に有(も)つかなしみなり。

はてしなき議論の後の
冷さめたるココアのひと匙(さじ)を啜(すす)りて、
そのうすにがき舌触(したざは)りに、
われは知る、テロリストの
かなしき、かなしき心を。

テロリストとは、幸徳秋水を指しているというのは一般的ですが、伊藤博文を暗殺した安重根を指す との説もあるようです。やれやれ。(笑)

詩稿ノート「呼子と口笛」はこちらをどうぞ。
Img_2507仙台文学館内。学校の授業の一環なのでしょう、多くの小学生も来ていて混雑していました。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「飛行機」             1911・6・27・TOKYO

見よ、今日も、かの蒼空(あをぞら)に
飛行機の高く飛べるを。

給仕づとめの少年が
たまに非番の日曜日、
肺病やみの母親とたった二人の家にゐて、
ひとりせっせとリイダアの独学をする眼の疲れ……

見よ、今日も、かの蒼空に
飛行機の高く飛べるを。

Img_2513石川啄木展 特別メニュー「旅路の果てに」をいただく。 啄木の日記には、啄木が好きだった食べ物が多く登場するそうです。その中の食材を吟味て特別メニューを作ったとのこと。   仙台文学館のレストラン「杜の小径」では、特別展に合わせて、「特別メニュー」を提供しています。  宮沢賢治展のときは、賢治が農民に作るように勧めた、冷害に強い稲の品種 「陸羽132号」のご飯でした。かなり歯ごたえがあった記憶があります。(笑) 中原中也展のときは、地元山口県の地ビール「中也ビール」もありました。歩いて行ったので、かなりいただいてしましました。お土産にも買ってきました。(笑)  あと、高村光太郎・智恵子展のときは、光太郎の詩「卓上の7月」に出てくるという、鶏肉のホワイトソースがけがメインの「アトリエの二人」というメニューでした。 このレストランの特別メニューは、なかなか好評で、特別メニューを目当てに文学館に通う人も多いそうです。なんというアイデアでしょう!素晴らしい発想ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

アカシアの花

自宅の裏側は、住宅地や商業施設、道路などに囲まれた緩衝緑地になっていて、アカシアの他に、山桜、クリの木、トチの木 などが自生していて、ちょっとした森林公園になっています。(笑)  さらに、なんと、ここには、タラの木まで自生しているのです。  今頃の時期なにりますと、アカシアの花が咲き始め、窓を開けていると濃厚な甘い香りが家の中まで入ってきて幸せな気分になります。(笑)    正式には、「ニセアカシア」と言うそうですね。  『札幌市内初の街路樹として、明治18年(1885年)に駅前通りに植えられ、札幌のアカシア並木として有名になりました。西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」、石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」、北原白秋の「この道」や宮澤賢治の「アカシヤの木の洋燈から」、松任谷由実の「acacia(アカシア)」など、すべてこのニセアカシアを歌った曲です。初夏に咲く白い花は香りがよく、上質のハチミツがとれます。』 とのこと。   #札幌のアカシア並木は有名ですね。  #松任谷由実の「acacia(アカシア)」はこちらをどうぞ。
3200sdwxアカシアの花は、賢治もお気に入りだったようで、彼の童話や詩にも登場します。----------------------------------------------------------------
アカシヤの木の洋燈(ランプ)から
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼(田んぼ)のくろ(畦道)にあそぶ子   〔アカシヤの木の洋燈から(下書稿)〕より

けむりは凍えていくつにもちぎれ
松の林に落ちこむし
アカシヤの木の乱立と
女のそのうつくしいプロファイル
もう幾百 目もあやに
風や磁気に交叉する電線と     〔詩ノート〕より

962pokm「モリーオ市では競馬場を植物園に拵こしらえ直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから。。。」 
〔ポラーノの広場〕より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

台原森林公園 (仙台市青葉区)

人並みにスノーボードやトレッキングができるようにと、週に2回~1回、自宅から台原森林公園を通り、地下鉄の台原駅までを、少しランを入れて歩いています。往復約1時間くらいの距離です。坂道も多く、いい運動になりますね。

Img_2399仙台文学館には、森林公園のなかを通って行くことができます。自宅から徒歩20分くらいの距離です。もちろん、車で行くこともできます。(笑)  今は「石川啄木展」をやっていますね。今度 観に行きましょう。あと、仙台市科学館も森林公園内にあります。 仙台文学館はこちら。 仙台市科学館はこちら。

Img_2401台原森林公園 内にて。    だいぶ緑が濃くなってきました。 風薫る日も多くなってきた気がします。 暖かく爽やかな空気に包まれると初夏なんだなーと実感します。 仙台も少しずつ夏の装いに変わってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

月山 西俣沢を滑る (山形県西川町)

東北地方は快晴との予報!千載一遇のチャンス。これは行くしかないと思い、月山に行ってきました。 午前券を購入し、足慣らしのため月山スキー場を3本滑ったあと、牛首に向けて登攀開始です。 
Img_2324後方は朝日連峰。磐梯朝日国立公園の雄大な景観を堪能してきました。   姥ヶ岳に登るスノーボーダーも多くいました。その中で一人、スプリットボードのおじさんがおりました。いや~、これは便利ですね。スキーにして登って、スノーボードにして滑ってこれます。#詳しくはこちらをどうぞ。
Img_2314月山リフト上駅付近。 ボードを背負って姥ヶ岳(1670メートル)を目指すようです。 恋人同士か?、夫婦か?そんな感じでした。羨ましい!!(笑)--------------------------------------------------------------------
Img_2329牛首を目指し、姥ヶ岳の斜面をトラバース気味に進みます。 豆つぶほどの登山者が見えます。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Img_2347牛首から東方面にトラバース気味に登ってドロップポイントに到着。ここから落ちます。(笑)  後方に見えるのが湯殿山(1500メートル)です。-------------------------------------------------------------------------
Img_2356_2アミノ酸バイタルゼリーと水をたっぷり飲む。おにぎりと缶詰を食って腹ごしらえ。長めの休憩をとり、体力の回復を待つ。。。。。あとは滑るだけ!高度感がすごい。ザックを背負い、体にぴったりと固定する。ゴーグルをセットし、大きく深呼吸をして滑りだす。。。。。。  
Img_2369西俣沢に向かって展開する25度くらいの急斜面。ドロップポイントは赤丸印のところです。豆粒ほどの登山者が見えますね。    ここから、西俣沢に向かってドロップ。急斜面を大曲カービングターンで滑りこんで行く。さらに、西俣沢をショートターンで、ボトムまで落とし込んで行く。透明な快感。ターンを続けるたびに雑念が消えて行った。。。。
Img_2365西俣沢 ボトム付近。  調子こいて、この先まで滑り込んでしまいました。上を見上げてぞっとしました。すり鉢状の斜面が延々と続いていました。登り返しが地獄でしたね。(笑) 足腰、肩がパンパンです。首、膝まで痛くなってきました。やれやれ。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ギター 再開

去年11月に観たポール・マッカートニーコンサートに触発されたわけでもないのですが。。。。(笑)    安いアコースティックギターとエレキギターを買って、30数年ぶりにギターを再開してみました。古~いギターは、どこへ行ったやら?捨ててしまったのでしょうか?(笑)   老化した指はスムーズに動きません。(笑) バレーコードやスリーフィンガーのアルペジオなんかに苦戦してます。 でも、8ビートストロークや16ビートストロークでジャカジャカ鳴らして弾くのは気持ちがいいです。透明な爽快ですね。(笑)
Img_2308簡単なコード進行の曲なんかは、さまになってきました。でも、Fコードなどバレーコードが入ってくると、とたんにコードチェンジが遅れてしまします。やれやれ。 今は、暇を見つけては、F→G→Em→Am の循環コード進行をひたすら練習しています。(笑)   #興味のある方はこちらをどうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »