« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月26日 (水)

啄木弁当

先日、所用で盛岡に行ってきました。その帰り盛岡駅で、「啄木弁当、最近けっこう売れてる弁当だよー!!」 との評判を聞き、お土産に数個買ってきました。 家に帰ってから食べましたが、これがまた 評判通りで、最高に美味かったです。特に、岩手県産12種類入りの雑穀入りの 「とりめし」 は 絶品でした。さらに、なんと、盛岡冷麺まで付いているのです!これにはびっくりしました。 みなさんも、盛岡に行ったら是非食べてみて下さい。(笑) #詳しくはこちらをどうぞ。

Img_21321「ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」
短い生涯の中で、800首もの短歌を作った啄木ですが、これは、わたくしの最も好きな短歌です。すごく共感できます。  
あと好きな短歌は、このあたりでしょうか、 「かにかくに渋民村は恋しかり  おもひでの山  おもひでの川」、これも、すごく共感できる短歌です。
「不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」、不来方とは、盛岡城址です。10代の瑞々しい感性があふれていますね。
 
Img_21332お品書きです。(笑)    
次に好きな短歌は、この辺りでしょうか、「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ」、「いつも来る この酒肆(さかみせ)の かなしさよ  ゆふ日赤赤と 酒に射(さ)し入る」。 啄木は酒に関する短歌も多く作っています。 「酒肆(さかみせ)」とは酒屋のことです。  
    
賢治の宗教観や宇宙観よりも、啄木の愚かで、弱くて、見栄っ張りで、嫉妬深い人間的な部分が好きだという人は、実際多いです。このような人間の普遍的な部分を短歌で表現したからこそ啄木は天才なのでしょう。 人がみんな自分より偉く見えて、落ち込んだ時、花を買って妻と眺めたい という気持ちも理解できるし、「はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり 」。。。夕方になると酒屋に通って酒を飲みたくなる気持ちも理解できるのです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

高原

   海だべがど、おら、おもたれば

   やつぱり光る山だたぢやい

   ホウ

   髪毛(かみけ) 風吹けば

   鹿(しし)踊りだぢやい

宮沢賢治 「春と修羅 第一集」より   わずか5行の短い詩ですが、人気の高い詩です。

Img_2124花巻市の観光ポスター。  賢治が学生時によく通った、北上高地 (準平原) の種山ヶ原の情景を詩にしたものです。 種山ヶ原は、年中風が吹いているところで、「風の又三郎」の舞台にもなったところです。風で髪の毛がボサボサになったら、まさに、鹿踊り (ししおどり) の髪の毛みたいですね。(笑)

Cimg1271種山ヶ原 山頂付近。この日も山頂付近は、風が強かった。   
賢治、啄木をこよなく愛した岩手県出身の小説家 須知徳平 (第一回吉川英治賞受賞作「春来る鬼」で知られる) は、「海だべがど、おら、おもたれば   やつぱり光る山だたぢやい 」という賢治の詩は、本当だったんだ!と幼心に思ったそうです。 小学生のころ盛岡に住んでいた須知は、父の転勤で三陸の宮古に行くことになりました。北上高地を横断する汽車の中で須知少年は、初めて見る海に感動して、「海だー!海が見えるべ!」と叫んだそうです。生まれて初めて見る海。しかし、母は笑ってこう言ったそうです。「ここはまだ山の中よ、海が見えるまで1時間以上もあるのよ 」と。。。。。「西日が差してきて、海に見えたそれは準平原の稜線に変わった」。。。。。。#岩手の三陸を舞台にした「春来る鬼」は、小林旭の初監督作品として映画化されています。こちらをどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

蔵王温泉スキー場 (山形県山形市)

山形蔵王全山は、豊富すぎるほどの積雪で、この時期としては最高のライディングができました。 午前中は、曇りベースで暖かく、まずまずのコンディションでしたが、午後からは、風が強くなり小雨模様となりました。 1日券を購入し、9:00時~15:00時まで滑ってきました。 

Img_2065トップの蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近から地蔵山(1736メートル)方面を望む。山頂付近は、まだ樹氷が見られました。------------------------------------------------------------------------------------------
Img_2072トップからザンゲ坂、ザイラーコース(パラダイスゲレンデ)を滑り、中央ゲレンデへ向かう。   蔵王名物 樹氷原コース、滑り出し付近。景観を楽しんだ後、ボードを装着して、ライディング開始。いきなりザンゲ坂であります。(笑) たいした斜面ではないですが狭く、バリバリのハードバーンになっていました。ドリフトターンでスピードをコントロールしながら慎重に下る。 
Img_2088_2標高1306メートルの中央ゲレンデ リフト乗り場。 中央ゲレンデは、距離は短いですが、バランスの良いコースがそろっていて、思う存分カービングターンを楽しむことができます。また、短いですが、スノーボードクロスのコースもあり、多くのスノーボーダーが集まっていました。
Img_2091中央ゲレンデ滑り出し付近から地蔵岳方面を望む。 正面に見えるのが、 蔵王温泉スキー場、3難所の一つ「涸沢のカベ」(ザイラーコース)です。------------------------------------------------------------------------
Img_2110パラダイスゲレンデにある、アルペンスキー三冠王 トニー・ザイラーの碑であります。    午後からは、クワットリフトとペアリストを乗りついで行く、ハーネンカムコース~上の台ゲレンデあたりを滑ってきました。上部は急斜面もあり、距離も1700メートルくらいと長く、滑り応えがあります。ノンストップで滑ると息が上がります。(笑) 上の台ゲレンデは、蔵王のメインゲレンデですね。後半の広い緩斜面のエリアには、中国や東南アジア系の団体スキーヤーやスノーボーダーがたくさん滑っていました。インストラクターが指導している団体さんも多かったです。蔵王のインストラクターは、大忙しですね。(笑)  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

赤倉温泉スキー場 (山形県最上町)

赤倉温泉スキー場に行ってきました。天候は、暖かく、曇りベースで水分の多い小雪の舞う状況。雪の量は凄いです。湿った重い雪でしたが、まずまずのバーンコンディションでした。 1日券を購入して、9時過ぎから14時30分まで滑ってきました。
Img_1975スキー場トップにある 「スーキー神社」。 スキーヤーの安全と上達を祈願した神社だそうです。ちゃんと賽銭箱もありました。お参りする人も多いのでしょうね。(笑)  #今年はすごいです。とんでもない積雪量でした。----------
  Img_1973国体コース滑り出し付近。 スタートハウスの三角屋根が見えます。国体コースの隣が、最大斜度32度の「海和バレー」であります。 全長1120メートル、幅も広く、急斜面と緩斜面が交互に連続して現れる典型的なジャイアントスラロームのコースですね。急斜面では、コース幅を目いっぱい使った大曲りカービングターンを思う存分楽しめました。
Img_1985中央ゲレンデ。 なんと、コース幅が100メートル!平均斜度18度の快適な中斜面が続きます。まるで、広大な雪原ですね。(笑) いつも狭いゲレンデで滑っているせいか、どこを滑っていいのか戸惑ってしまいます。(笑) -------
Img_1997スキー場レイアウトは、こんな感じです。小規模なスキー場ですが、コース幅が広くて、ウェーブもあり急斜面から中斜面への斜面変化も抜群!かなり滑り応えのあるスキー場です。-------------------------------------
Img_1999最上町出身の元ワールドカップレーサー海和俊宏さんの名前もあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

キャットツアー (宮城県蔵王町)

この日は、雲ひとつない晴天。風もなく穏やかで、少し汗ばむほどでした。  冬になると存在感が増してくる アオモリトドマツを見ながらのツリーランは、気分爽快なひと時でした。 風の通り道にできたシュカブラ (吹雪によってできた不規則な波の様にうねった雪原、風雪紋) は、適度なギャップになって変化にとんだ滑りを演出してくれました。       #「キャットツアー」とは、雪上車と呼ばれるスノーキャットに乗って、バットカントリーに連れて行ってくれるガイドツアーのことです。 ハイクがない分、体力に自信のない人や純粋に滑りを楽しみたい人、初心者にはトライしやすいです。

Img_1913#写真手前に見えるのがシュカブラです。   白い髭を蓄えた65才前後の登山者です。スキーシューを履いて休み、休み登っていました。樹氷観賞ツアーの観光客からは、「がんばってー!!」との声援が沸き上がりました。登山者は、その声援に手を振って応えていました。 登ってしまえば、後は滑り下りるだけ。至福の時が待っています。 この日は、奇跡的な晴天のためか、単独登山者が多かったですね。

Img_1941チケットです。(笑)   最近、注目を浴びている言葉に「サイドカントリー」というのがあります。バックカントリーとスキーリゾートの中間にあるエリアを指しているようです。ゲレンデのリフト使って、オフピステのディープパウダーや非圧雪エリアを滑るというスタイルです。ただ、許可されたエリアは、まだまだ少ないですね。ほとんどがグレーゾーンエリアという感じです。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »