« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

宮城蔵王 樹氷観賞&キャットツアー (宮城県蔵王町)

「雪上車ワイルドモンスター号で行く樹氷観賞ツアー!(宮城蔵王すみかわスノーパーク)」ということで、昨日、遠刈田温泉に一泊して、かみさんと樹氷観賞ツアー&キャットツアー(BCツアー)に行ってきました。天候にも恵まれ最高のツアーとなりました。 樹氷観賞ツアーは、午前便が11時出発で、往復約2時間くらいです。      キャットツアーに参加するには、スキー、スノーボード中級以上のスキルが必要です。 『雪上車に乗って簡単アクセス!刈田岳エリアの自然地形を体験できます!1日に雪上車が3便の運行をするキャットツアーです。装備品をお持ちの方は、ぜひご持参さい。(ビーコン、シール、スノーシュー、シャベル等)天候、条件が合えば、その日のベストなルートへご案内することも可能です。ゲレンデとは違うフィールドを思う存分感じていただきたいと思います。 (雪上車で簡単に行けますが、降りた場所は非常に厳しい冬山で、皆様が想像されているよりかなり過酷な環境の場所に向かいます。ゲレンデ気分でおられると大変な目に合いますし面白くもないと思います。冬の山岳地帯に踏み入ることは厳しいものとお考え頂ければ幸いです。』 パンフレットより。
Img_1908雪上車から撮影。刈田岳を目指す登山者。 この日は、ほぼ晴天のため、刈田岳を目指す多くの登山者がおりました。          このツアーは、雪上車ガイドが同行しますが、このガイドさんの話が面白くて、道中を盛り上げてくれました。片道50分の距離でしたが、まったく飽きなかったですね。まるで、最上川船下りのガイドさんのようでした。さすがに、歌はなかったですが。。。(笑)
Img_1924杉ヶ岳、屏風岳方面を望む。見渡す限り、広大な樹氷原が広がっています。まさに絶景でした。---------------------------------------------------------
Img_1926遠方には雲海に浮かぶ吾妻連峰が見えました。   キャットツアー (BCツアー) の若者スノーボーダー3人とおじさんスノーボーダー1人 (わたくし)、おじいさんスキーヤー1人、ガイドさんの計5人は、刈田岳山頂直下で雪上車を降りました。 かみさんを含めた樹氷観賞ツアーの観光客は、雪上車6台で樹氷観賞散策ポイントへと向かいます。 手を振って見送りました。(笑)
Img_1929このあたりがドロップポイントになります。ここから、刈田岳の大斜面を1人づつ滑りました。気温が上がっていてパウダースノーとはいきませんでしたが、それでもターンするたびに雪の結晶が舞い上がり、気分爽快でした。透明な感覚の瞬間です。雑念が消えました。 もう1度登り返して、滑りたい衝動に駆られましたが、それはできませんでした。(笑)   この辺りは、たまに雪崩が発生するそうですが、案内のガイドさんが付きますし、ビーコンもレンタルできますので安心です。   刈田岳の大斜面を後にし、雪上車が通った跡を、少し歩いたり、滑ったりしながら異動し、アオモリトドマツの樹林帯に入ります。ここから、すみかわスノーパーク あとみゲレンデまでの間は、緩斜面のツリーランとなります。このツリーランも爽快でした。   約30分くらいのBCツアーは、あっと言う間に終わってしまいました。非常に名残惜しいかったですねー。(笑)  かみさんよもかなり早く着いてしまっので、3回券を買って、あとみゲレンデで滑っていました。
Img_1904_2出発前、雪上車の中にて。 かみさんは、スキーもスノーボードもしないので、往復雪上車を利用した樹氷観賞ツアーに参加しました。 かみさんが言うには、ツアー客のなかにアマチュアのカメラマンもいて、その方は、「冬の蔵王はいつも吹雪いていて、何回も来ているが、こんな晴れたのは初めてです」 と話してたそうです。1回目でこんなに晴れてしまって本当にラッキーだと思いました。神様に感謝です。(笑)
Img_1937遠刈田温泉の「バーデン家壮鳳」に一泊してきました。ここのお奨めは、蔵王チーズを使ったチーズフォンデュと仙台牛のすきやきです。チーズフォンデュは美味かったです。最高でした。 露天風呂、サウナ付の温泉は、広くてのんびりできて良かったです。 #ホームページはこちらです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

夏油高原スキー場 (岩手県北上市)

現在の積雪量、山頂で5メートル、山麓で4メートルという、日本でもトップクラスの積雪量を誇る、夏油高原スキー場に行ってきました。 終日パウダースノーが降り続き、時折吹雪くというコンディションでしたが、圧倒的なスケールのパウダーマウンテンを思う存分楽しんできました。 #5時間券を買い、9:00時過ぎから14:00時まで滑ってきました。
Img_1880ゲレンデへの出入り口。 一晩ですっぽり埋まってしまいそうです。----------------------------------------------------------------
Img_1879第一ゴンドラ乗り場。 夏油で一番人気のA-1コースやA-4コースを滑るには、このゴンドラを利用します。  平日でイマイチのコンディションでしたが、多くのスキーヤーやスノーボーダーが来ていました。びっくりです。スキー場経営が、加森観光から北日本リゾート(クロスプロジェクトグループ)に変わり施設やサービスを充実させたからでしょうね。 一般リフト券を値下げし、小中学生のリフト券を1000円にしたほか、JR北上駅から無料のシャトルバスを運行。スノーパークを整備し、充実させたので、フリースタイルのスキーヤーやスノーボーダーを多く集めることができたようです。
Img_1867第二ゴンドラ乗り場。 平日の割には、混雑しているA-1コースを避けて、吹雪の中、第二ゴンドラで行くB-1コースへと向かう。 B-1コースは、全長1400メートルで中斜面~急斜面~緩斜面と続くバランスの良いコースです。おまけにこの日は、多少吹雪いていたため、数人が滑ったあとでも、すぐにノートラックバーンになっていましたね。ラッキーでした。(笑)
Img_1872第二ゴンドラ出口。 圧倒的な積雪量でした。ちょっとでも雪かきをサボると、あつという間に出口が塞がってしまいます。---------------------------------------------------------------------------------------------
Img_1876B-1コーストップ付近。 このコースは最高でした。滑っている人も少なく、あるのは山と雪とモノクロームの世界だけ。圧雪されたバーンにパウダースノーが降り積もり、きれいにコーティングされていた。ゴーグルをセットし、三度たびゆっくりと深呼吸して滑りだす。ボードを浮かしてのカービングターン、スラッシュしてスノースプレーを舞い上げながらのライディング。。。。いゃー、最高でした。まさに、透明な快感でした。(笑) もちろん、ディープパウダーが降り積もった、サイドカントリー ランも十分楽しめました。 #「スラッシュ、スノースプレー」はこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

盛岡 じゃじゃ麺

ちょっと用事があって、盛岡に行ってきました。 今の時期ですと、盛岡はとんでもなく寒いのですが、今日は、暖かかったですね。仙台の方が寒く感じました。(笑)

Img_1862数年ぶりに、川徳デパートにある元祖白龍分店のじゃじゃ麺を食べてきました。昔よりは、なんか、薄味になっていて美味かったです。シメのチ―タンタンスープも最高でした。 テーブルに常備してある 酢とラー油、ショウガ、ニンニクで、自分好みの味にする!というのがミソなのです。 まあ、初めて食べる人は、戸惑うところも多々あると思いますが・・・・・(笑)   ちなみに、じゃじゃ麺は、盛岡三大麺 (わんこそば、盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺) の一つです。 #じゃじゃ麺の食べ方など、詳しくはこちらをどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

スプリングバレースキー場 (仙台市泉区)

午前中、時間がとれたので、速攻でスプリングバレースキーに行ってきました。(笑)  風が強くて、寒かったですが、積雪は十分で、まずまずコンディションでした。 ただ、バリバリのハードバーンが多く、足腰に負担がかかり疲れました。やっぱり、もっとバーンコンディションの良いところで、リラックスして滑りたいですね。   4時間券を購入して、9時過ぎから12時まで滑ってきました。

Img_1826ベースのクワットリフト乗り場。 スプリングバレースキー場は、50才代~60才代のおじさんスノーポーターも多く、なんか、滑ってても気分がいいですね。モチベーションも上がります。(笑)------------------------------------

Img_182411時頃になると、学生スノーボーダーやおじさんスキーヤーが続々と来て、平日なのに混雑してきました。さすが、100万都市 仙台のスキー場ですね。感服しました!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »