« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月22日 (水)

箕輪スキー場 (福島県猪苗代町)

箕輪スキー場に行ってきました。 天候は、曇りベースで時々晴れ。気温低め。ほとんど無風。積雪、平均140センチ。雪質、圧雪バーンに新雪がほどよく降り積もっている状態 と最高のコンディションでした。午後になると雲が厚く広がってきて、雪が降ってきましたが。。。1日券を買って、9:00時過ぎから14:30分まで滑ってきました。

Img_1781エンジェルストリートのペアリフトで、標高1500メートルのゲレンデピークへ向かう。さすが、国立公園!景観が素晴らしいです。----------------------------------------------------------------------------------
Img_1773最大斜度30度のエンジェルストリートトップ。 このコースのサイドカントリーは、ネットなどによる規制がなく、パウダー 滑り放題でした。  ゲレンデでの圧雪カービングライドももちろん楽しいですが、パウダーでの雪を面でとらえ滑る感覚、浮遊感と操作感は、リラックスした乗り心地を楽しめますね。
Img_1760メープルストリートの高速クワッドファルコンスーパーライナー。早くて快適なリフトであります。 でも、おじさんには、ちょっと早すぎるかな?(笑)------------------------------------------------------------------
Img_1755箕輪山(1718メートル)が素晴らしい。  箕輪一の人気コース、メープルストリート。 最大斜度25度 平均13度 全長1600メートルのロングコースでダウンヒルが楽しめます。 前半は、起伏にとんだ広い中緩斜面が続き、後半は狭い急斜面になります。
Img_1799_2メイプルストリートトップ付近にて。  「圧雪されたバーンを離れて、サイドカントリーの自然の林の中を滑ってみたい!」 これは、スノーボードを続けていれば、誰もが抱く好奇心なのです。箕輪スキー場も、もっと自由にサイドカントリーを滑らせてもいいと思うのですが・・・・もちろん「ここは自己責任エリアです。何が何が起きてもスキー場は一切責任を負いません!」というような標識は必要だと思いまが・・・・。
Img_1801_2ホテル前のE・Tコースてにて。 中学生のスノーボード体験学習のようでした。なんとか、ヨタヨタと滑れる人もいましたが、恐る恐る、やっと立つことができたー!という生徒も多かったですね。昔の自分を思い出して、思わず苦笑してました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

オニコウベ スキー場 (宮城県大崎市鳴子温泉)

第一級の寒気が日本列島をすっぽっり覆っているという・・・・・そんな中、オニコウベスキー場に行ってきました。いやー、とんでもなく寒かったです。パウダースノーが絶え間なく降り続き、リフト乗り場の温度計は、マイナス10度を指していました。 1000円の食事券付き割引一日券を購入して、9:00時過ぎから14:00時まで滑ってきました。

Img_1739ホテルオニコウベ。 あまりにも寒く、骨の髄まで冷え切ってしまったので、ホテルオニコウベの温泉に入ってきました。  「毎日、吹雪、吹雪、氷の世界ーー」でしたね!(笑) -----------------------------------------
Img_1733山頂コースのレストハウス コルブランを望む。 山頂コースは、最高でした。パウダースノーが分厚く降り積もり、極上のパウダーランができました。-------------------------------------------------------------------
Img_1718山麓コースにて。 自衛隊の若手初心者チームがスキーの練習をしていました。仕事とはいえ、こんなとんでもない寒さの中での訓練は大変ですね。ご苦労様です。(笑)   スキーの大会があるのでしようか? 山麓コースは、中高生のレーサーで賑わっていました。近くのペンションに泊まって合宿をしているようでした。
Img_1725_2
粉雪が絶え間なく降り続く。氷点下10度の寒さのなか声もでない。リフトの上、一個のオブジェと化す。やっぱりネイチャー・スポーツは忍耐を要求するんだ!(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »