« グランデコスノーリゾート (福島県北塩原村) | トップページ | 銀河農場の夜 (岩手県雫石町 小岩井農場) »

2013年12月12日 (木)

大湯ストーンサークル (秋田県鹿角市)

秋田八幡平スキー場に行った帰りに、青森県境の十和田湖に近い大湯ストーンサークルに寄ってきました。念願叶って、やっと寄ることができました。(笑)   ここは、日本有数のミステリースポットであり、日本有数のパワースポットでもあります。   
#詳しくはこちらをどうぞ。
Img_1566大湯ストーンサークルは、二つのストーンサークルからなる大規模な縄文時代後期 (約4000年前) の遺跡であります。---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Img_1581石の多くは石英閃緑(せんりょく)ひん岩と呼ばれる緑色の石であります。ここから4~7キロも離れた安久谷(あくや)川から運んできたものだそうです。その数、なんと7000個以上! 石の重さは、平均20~30キロで、最大で200キロの石もあったのです。どうやって運んだのでしょう??縄文人の並々ならぬ情熱・意思を感じます。ただただ敬服するのみです。

Img_1573縄文時代は、文化的で、活気に満ちている。 この二つのストーンサークルの中心を結ぶ線が、当時の夏至・冬至の日の出、日の入りと一致するのであります。 これは、日時計か? 祭祀遺跡か? はたまた死者の埋葬施設か? などいろいろな説があるようです。

Img_1574ただ一つ言えることは、この場所は間違いなく、この辺り一帯で暮していた縄文人にとって聖なる場所、聖地、パワースポットだったのです。聖なる緑の石は、パワーストーンだったのでしょう。


|

« グランデコスノーリゾート (福島県北塩原村) | トップページ | 銀河農場の夜 (岩手県雫石町 小岩井農場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大湯ストーンサークル (秋田県鹿角市):

« グランデコスノーリゾート (福島県北塩原村) | トップページ | 銀河農場の夜 (岩手県雫石町 小岩井農場) »