« ポール・マッカートニー in 東京ドーム | トップページ | 旧岩崎邸 (台東区池之端) »

2013年11月23日 (土)

エイトデイズ・カフェ in 東京 (千代田区霞が関 {虎ノ門} )

ポールのコンサート記念によってきました。 ポール・マッカートニーの11年ぶりの来日公演を記念し、12月31日までの期間限定でオープンしたレストラン&カフェであります。店名は、もちろんビートルズのヒット曲 「 エイト・デイズ・ア・ウィーク」 にちなんでつけられたものですね。 「 エイト・デイズ・ア・ウィーク」 は、今回のコンサートのオープニング曲でもあります。    11時頃に電話をしてみたら、「今は30分待ちです。14時頃になると空きますが・・・」 とのことでした。やれやれ。(笑) 時間をずらして14時頃に行ってみたら空いていて、すんなりと入ることができました。良かったです。
#エイトデイズ・カフェはこちらです。
Img_1487「エイトデイズ・カフェ」。 財務省や文部科学省などが集まる中央官庁街の一角にありました。  ここカフェのコンセプトは、「ポールの来日公演を100倍楽しむこと」 だそうです。------------------------------------------- 
Img_1495996「エイトデイズ・カフェ」。 店内壁には、ビートルズのシングル盤ジャケットが所狭しと飾られ、ビートルズの写真やドラムセット、ギターなどがディスプレーされていました。ビートルズ、ポールファンには、たまらないカフェになっています。もちろん店内で流れる曲は、ビートルズの曲のみです。   さらっと見た感じ60歳代のお客さんも多くいました。ビートルズをリアルタイムで聴いた人たちですね。羨ましい!(笑)   うちのかみさんも含めて、私等の世代は、俗に言うところの「後追い世代」です。ビートルズが世界中で活躍し、騒がれていたころは、ハナタレ小学生でした。(笑) 中学の三年生頃だったか?、最初に聴いたビートルズのアルバムが、なんと、「レット・イット・ビー」でした。悲しいかな、アルバム「レット・イット・ビー」は、ビートルズが解散した後に発売されたものでした。ここから、ビートルズの足跡を追うように、過去に発売されたアルバムを聴いていきましたね。

Img_1514エイトデイズ・カフェで、3000円以上飲み食いするともらえる記念日です。  クリアファイルとパンフレット。 クリアファイルの裏には、湯川れい子さんの、ポール 来日公演に関するエッセイが書かれています。 パンフレット 裏には、ジャパンツアーの日程とサポート企業名、団体名などが書かれています。


|

« ポール・マッカートニー in 東京ドーム | トップページ | 旧岩崎邸 (台東区池之端) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイトデイズ・カフェ in 東京 (千代田区霞が関 {虎ノ門} ):

« ポール・マッカートニー in 東京ドーム | トップページ | 旧岩崎邸 (台東区池之端) »